俳句 田畑益弘俳句の宇宙

田畑益弘 俳句 新作


9月

見えてゐる一樹が遠し秋の蝉

いづこへも還れさうなり虫の闇

その中に母郷のねむる虫の闇

秋刀魚焼くけむりの中の寡夫かな

古時計一つ鳴りける夜食かな

東京のネオンも消えし夜食かな

ひとつぶの露の中なる月夜かな

耳長き野の仏だち秋のこゑ

秋涼の宇宙の果を視る鏡

ふるさとに母すでに亡し星月夜

秋めくとけふも飛行機雲奔る

まぼろしの麒麟翔けゐて天高し

犀といふ静かなけもの秋の風

えんぴつの芯を鋭く虫音かな

鉦叩刻々冴ゆるいのちかな

小流れに硯洗ひて涼新た

水の上を笹流れゆく秋の雲

名月を雲の如くに遊ぶべし

たれかれの影さやかなり秋簾

児の言葉また増えてゐる青葡萄

秋夕焼朱鷺の滅びし話して

いづくまで行く気の秋の片雲か

黒き瞳の底まで澄みて馬肥ゆる

逆しまに廻る地球儀鳥渡る

人に皆ひとひらの背な秋の風

昏れてきて恐ろしくなり秋の水

雁は月の裏より聞こえけり

我よりもゴリラの秋思深きらし

堕ちよ堕ちよと蟻地獄見てゐたり

恰好つけてこんな月夜に逝く気らし

いつまでも浪速の暑き西鶴忌

秋なれやラジオに好きな曲ばかり

雑巾の気持がわかる熱帯夜

三条の次は四条の残暑かな

定型に秋果実れる恐ろしき

人体九穴鈴虫の声入るゝ

鈴虫に寝ぬればわが身せせらげり

人体は管 鈴虫の声とほる

流れ解散となる釣瓶落しかな

天の川向うでも笑む母ならむ

箱舟より一人零れし天の川

虫の音の底へ底へと寝落ちけり

たましひの通る刻やむ虫のこゑ

きぬぎぬの言葉寂けき草ひばり

老夫婦のこして秋の燕かな

一望の沖積平野稲すゞめ

鵙の声乾べば天もからびけり

いのちとふ厄介なものすがれ虫

爽やかな嘘を遺して西方に

秋雲や猫にも家出したきとき

時計とは哀しき機械夜食にす

死ぬ人の眼に刻々伸ぶる糸瓜かな

空ビンも口開いてをり天高し

きりぎりす鳴けば戻れる少年期

夜の蟻と思案を頒ちゐたるかな

色鳥に約束ふゆる日頃かな

ねんごろに腹にしまひぬ子持鮎

一とせの寂びたる鮎を食べをさむ

落鮎の落つる離宮のほとりかな

羚羊の視線に秋気澄みにけり

色変へぬ老松並めて元離宮(二條城)

焼失の天守おもほゆ秋のこゑ(〃)

鵙高音日矢のごとくに我を射る

コスモスも旅人(たびと)も風にまぎれ易し

わが生家に昼の闇あるちちろかな

ひややかに眼鏡の似合ふ処女かな

サルトルの斜視にはじまる秋思かな

真顔とは寂しきかほよ秋の水

のゝ宮に絵馬のふえたる竹の春

長き夜のすさびに己が似顔かな

デスマスクけさは微笑む小鳥かな

色町の昼しんかんと秋簾

昭和史を紐解きながら温め酒

北嵯峨に飛竜頭買ひぬ水の秋


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME