俳句 田畑益弘俳句の宇宙

田畑益弘 俳句 新作


8月

昃(ひかげ)れば遠ざかる山夏深し

花火師の闇より黒く闇に立つ

かれこれに食指うごきて晩夏かな

鵬翼に人を見送る晩夏光

孤島また孤島にもどる晩夏かな

石庭をまへに瞑(めつむ)る端居かな

おほかたは瞑りてゐし夜の端居

己(し)が脈を手首に数ふ日の盛

おのれ聴くおのが心音日の盛

一本の杭の影濃し夏の果

夏惜む棒の如くに突つ立つて

夏惜むハートブレイクホテルかな

夏惜むタクラマカンの石ひとつ

渚踏む蹠(あうら)に夏を惜しみけり

天水を受けて空蝉落ちずゐる

町家には町家のにほひ日向水

空腹の青春なりし昼花火

浮み出て雨にも濡るゝ緋鯉かな

星流れ星減らざりし絹の道

八月や花束にする花撰りて

八月のまなうら真紅なり祈る

炎天を行く正気とは狂気とも

残念なき蝉の骸のかろさかな

西方を探り当てんと蚯蚓這ふ

でで虫の一寸先の浄土かな

没日見て宙にとゞまる蜻蛉かな

存在をかそけくすれば蜻蛉来る

かなかなに明けかなかなに暮るる忌よ

秋蝉や近江にありて京遠し

よべ五つこよひ二つや秋螢

かなかなのこゑのみ透きて杉襖

秋の蝶比良山系へ急ぎけり

化石竜見てゐてあぶれ蚊に喰はる

ゆくゆくは元素に還るさやけさよ

颱風の目のたまゆらの逢瀬かな

火だるまとなりし流灯まづ消ゆる

汝が髪を畳にひろふ残暑かな

八月のある日閑たる金閣寺

東京に不二見えてゐる終戦忌

遠花火停まりし時計うごきだす

白鳥を研ぎ澄ましたる野分かな

銀漢やされども日本海暗し

肩車して枇杷の実を盗る子かな

百合の香に目を開きさうな死人かな

秋澄みて笑ひ怺ふる死人とも

秋の日の充満したる鯉の胴

新涼の鯉に背筋のありにけり

亡き数に入るといふこと天の川

死ぬ人に障子をひらく銀河かな

銀河より漁火一つ帰り来る

すれちがふをんなうつくし秋の暮

宵闇や四条小橋に相逢ひぬ

騎馬族の轟(とどろ)に寄する鰯雲

野島断層の日向を秋の蛇

この辺も京都市といふ芋嵐

月光や祖の世よりの般若面

よそものを忌む峡村(かいそん)の濁酒かな

秋晴のほつたらかしのイーゼルよ

白露やたまたま人に生まれけむ

一片の数式となる秋の雲

蛆這ひて蛆にも脳といふ器官

故郷は変り果てにし盆の月

とことはの不孝者なり盆の月

この川を京へ流るゝ盆供かな

遺されしうからやからに秋果盛る

眼底を覗かれてゐる秋真昼

大食ひは父の筋なるとろゝ飯

きりぎりす常に孤りを択び来て

花野風ここは鈍行のみとまる

毬蹴つて毬見失ふ秋の空

大文字を拝む名もなき山の上に

大文字のあとのネオンの街に消ゆ

たまゆらの逢瀬となりし大文字

はつあきの畳をありく子かまきり

狐面つけてまぎれし秋祭

踊り見る生まれしのみの故郷に

踊りの輪囲み踊らぬ輪のできる

手も脚も魂(たま)も揃ひて踊るかな

踊らねど東京音頭憎からず

新涼や遠き朝蝉聞くことも

行商の眼窩のくらき残暑かな

横丁に葬の出てゐる残暑かな

モーツァルト鳴りて金魚の身のかろし

蜩のやみても鳴ける胸裏かな

短夜の或る落城を夢みけり

海夕焼ますらを達の若死に

守宮にも馴染みて切に孤りなる

蝉の屍の日にけに目立つ尋常に

葬り路も狭(せ)に茂るだけ茂りをり

百代のわれも旅人秋の蝶

かなかなのかなかなと鳴く仮寝かな

蜩や暗き厨に沈(しず)くもの

ふり向けば既にたそかれ遠かなかな

友一人行方知れずや秋の空

夏果の放つておいて治る疵

初秋の知らぬ傷ある膝小僧

濤音より風音高く秋に入る

秋蝶に供華ある仏なき仏

秋のひる何しに来たる二階かな

ばつてらを炙りて食ふや秋の暮

地下街の燦然たるも秋の暮

大阪の月蝕赫き残暑かな

金銀の鯉のたゆたふ月夜かな

銀漢や屋根に祀らむ永久歯

通天閣美しかりし無月かな

草の中猫の鈴鳴る無月かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME