俳句 田畑益弘俳句の宇宙

田畑益弘 俳句 新作


4月

周恩来詩碑もしとどに花の雨

渡月橋わたればやみぬ花しぐれ

白鷺の翔ちて呼びたる花しぐれ

万愚節「聞こえない人手を挙げて」

四月馬鹿約は破ると約したる

四月馬鹿貼り紙すなと貼り紙し

四月馬鹿命に背けと命ずるも

曇天にして火(ほ)めく身や花のころ

一万尺その裾の青き踏む

麗日やチキンライスに三色旗

オムライスほくほく食うべ春ひとり

てふてふの窓辺に寄れば楽譜書く

春の蚊や永く使はぬ貴賓室

大いなる牛のおくびや春の雲

花散るやひとひらづつの月の影

夜桜や火気厳禁の赫き文字

朝桜まだ誰も来ぬ空気吸ふ

眼薬の頬をつたひて桜冷

人面のときに鬼面や花篝

久闊を叙する御室の桜かな

花人に死人をさがす眼(まなこ)かな

毀れたる木馬も廻る遅日かな

掻い抱けばふはりと落ちし春ショール

惜春や貝拾ふひと見てゐたる

恋猫の尻を挑(かか)げてあはれやな

花は花篝は火屑こぼしけり

蝌蚪ひとつ罪滅ぼしの如く飼ふ

春荒や亡父の打ちたる釘朽ちて

のゝ宮に男女(なんにょ)ひしめき竹の秋

春の長雨ポスターの迷ひ猫

骸骨に白布かぶせて春休み

鯉と鯉ぶつかつてゐる遅日かな

やうやうに気をとりなほす春の波

春の風たれか我が名を呼ぶ如し

飛花落花ひとは真白き骨となる

芭蕉堂に西行庵に花衣

散つてゆく花一片のものがたり

春落葉白き原稿無精髭

社運傾きゐて躑躅燃えてをり

黒髪に触るればあつし藤の花

藤垂れてまだまだ昏れぬつもりらし

ゴールデンウィーク鍵屋も鍵を掛けにけり

ピザにするか寿司にするか昭和の日

一本の春草伸びて猫の墓

生きて在るもののにほひや春の闇

野に寝ねて春の形見の羊雲

嵐電に揺られて帰る春夕日

惜春の半ばにて佇つ渡月橋

黄ばみたる一家の写真昭和の日

遺されてとりわけかなし春衣


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME