俳句 田畑益弘俳句の宇宙

俳句 田畑益弘俳句の宇宙 俳句新作


11月

おほかたは迷惑メール文化の日

文化の日のあちらこちらに着信音

祇王寺へ足を延ばせば初紅葉

竹春やをみなばかりの直指庵

根の国より掘り出だしたる自然生

秋暮るゝ花背峠は京の果

栗飯の栗ばかり食ふ子供かな

一塵に涙こぼれて冬隣

秋夕焼回転木馬いま睡る

惜秋や土手にほゝばる握り飯

一灯の一人暮らしの秋の暮

洛中に小路たがへて秋の暮

ひとひらの喪中の葉書帰り花

一本の傘買ふ二人小夜しぐれ

こほろぎを怖がりしひと今は亡し

暮るゝまで御苑に遊ぶ文化の日

明治節日本晴とぞなりにける

秋潮の真青きことよ恐いほど

鉛筆も短くなりぬすがれ虫

首を傾げて蟷螂の枯れてをり

鉛筆の芯を鋭く冬立てり

はらわたに力を溜むる冬怒濤

真向に立ちて見よとぞ冬怒濤

大枯野タバコ喫ふ間も日はかたぶく

石なべて面輪失ふ冬の川

石庭の石いくつある日向ぼこ

狐罠より古狐かしこけれ

冬蟹の足掻きながらにられけり

寝てばかりゐる錦蛇冬うらら

人ごみの中の一人の小春かな

測量士に遇ひしのみなる枯野かな

六曲一双水奔(はし)る屏風かな

棚引ける雲金色(こんじき)の屏風かな

設営のすべてとゝのふ金屏風

束の間をからくれなゐの浮寝鳥

冬の日の早や眦(まなじり)に黄ばみたり

凩の蒼き星屑掃きのこす

短日や出でて七味を買ひしのみ

にぎやかに暮急ぐなり河原町

西陣の機織る音や日短か

坐禅堂瞑ればいよゝ隙間風

子が放(ま)りしばかりに汚れ冬の川

子が堰きて喝采しをる冬の川

冬霞三十六峰かくしけり

哭いてゐる方が勝ちたるラガーにて

ラガーらのいのちぶつかり合ひ光る

滝涸れてときどき鳶をとまらしむ

枯園や孤りが好きでひとりなる

焚火せり己が心火を消すまじく

冬雨のあたゝかかりし逢瀬かな

金閣に逆さ金閣冬の水

石英は水晶となり山眠る

水晶を育める山深ねむる

冬晴れて破鏡の如き三日月湖

湯豆腐の煮ゆる間も暮る嵐山

をんな三人げによく笑ふ襖かな

団欒を覗きて失せぬ雪をんな

ひとり者一寒灯を消さで寝る

凩やおのれの貌を喪失す

魔が刻の己(し)がために買ふ冬薔薇

熱燗や会社辞すると決めし夜

寝酒とふ哀しきことを覚えけり

このごろの癖になりぬる寝酒かな

外套の背を断崖にして訣れけり

捜し物してゐるごとく冬の蝶

ひいてゆく汐うつくしき湯冷かな

冬晴れて干魚の如く眼の渇く

ピアノ音深きに聞こえ冬館

しぐるゝや南座あふぐ阿国像

ゐねむりて富士を見ざりし煖房車

音もなく怒濤砕くる煖房車

まんまるく猫は睡りて冬めきぬ

冬ざれの肋に触るゝ聴診器

ボジョレーヌーボーたまゆらをひとと酌む

教会の塔尖りきる冬茜

初しぐれ参道長き天龍寺

祖母静江享年三十しぐれけり

八ツ橋を焼きゐるかをり初時雨

三条に大橋小橋ゆふしぐれ

しぐるゝや湯葉の老舗の京言葉

見に出でて夜の遠火事に子は泣けり

鰭酒やをとことをんな狎れ易き

飛ぶことを忘じてをりぬ冬の蝿

冬の夜の団欒もすみ寝べきころ

諍ひてゐし白息もしづもりぬ

吾は聞かず猟夫(さつお)の耳の聞きし音

お昼までパジャマでをりし小春かな

毛皮ぬぎ心細くもありにけり

襟巻の狐がじつと我を見る

山捨てて来し東京の狸かな

ユル・ブリンナーに似る冬帽脱ぎし人

ジョン・レノン想ひだしたる時雨かな

ぼろくそに貶しておいて毛糸編む

抱き寄せればショールふはりと落ちにけり

比叡より三十六峰眠り初む

発破鳴るも山の眠りの醒むるなし

貴船川滾てど山の深ねむり

湯豆腐をめあてに参る南禅寺

東京にカチカチ山の狸かな

象舎へと象の入りにし冬日向

冬麗へきりん舎出づるきりんかな

海鼠から宇宙に及ぶ夜話となり

まつくらな鍵屋の辻の鎌鼬

国宝の大方丈の隙間風

虎落笛ゐつく物干し母は亡き

行きゆけど誰にも遇はず冬田道

以下四句、「11月28日真如堂吟行・句会」

昃(ひかげ)ればしんじつ淋し冬紅葉

お抹茶のほろりと甘し冬紅葉

そのままに掃かでおかるゝ散紅葉

ひとひらの紅葉散りぬる水輪(みなわ)かな

シリウスへ少年のゆび悴まず

小春日を切り裂いてゆく救急車

よそゆきを着て白鳥を見に行かむ

寒林にこゑ美しく禽の棲む

通天閣ほのぼの灯る小六月

顔見世や名代の蕎麦を食べもして


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME