9月

朝顔の紺を愛する家系かな

紫苑咲き蜂のよく来る日頃かな

秋晴れや二階に来たる用忘れ

秋の田のはたらく人に会釈せり

厄日と思(も)ふとりあへず湯を沸かしゐて

秋高し馬の昂ぶり尾に出でて

握り飯ほゝばりをれば天高し

大屋根の猫を呼びをり秋の暮

裏道はすでに人なき秋の暮

無窮へと消ぬべく星の流れけり

星飛ぶや胸中になほ未完の詩

昼月を見つめ過ぎたる面変り

爽やかや声出して読む定型詩

秋澄みて見えざるものに未来かな

ゐのこづちつきて男(お)の子の旅はじまる

芋の露わかれころがりひとつになり

白壁といふ寂しさの蜻蛉かな

草ひばり一番星に鳴き初めぬ

虫の夜の俯きがちな影法師

蟷螂の斧をしやぶりて飢ゑにける

草の香に人懐かしき良夜かな

羊毛の筆を撰りたる良夜かな

抱きやれば猫のすぐ寝る雨月かな

犬抱けば犬の鼓動や無月なる

黙示ともとある夜しじに星流れ

ほしづくよ備長炭入り枕して

銅鐸のほとりに聴くや秋のこゑ

秋の日や写真帖ごとセピア色

秋気澄む礫の如く鳥飛びて

羚羊の視線を逸らす秋気かな

鮭打ち終へ男に人の貌もどる

鮭打棒をみなわらべは見るべからず

電柱に貼り紙多き残暑かな

厠へと八月尽の立ち暗み

颯々と葉月の風の立ちにけり

秋めくや十人十色のよそほひに

残りたる花火してをり秋の闇

木屋町にイクラ丼など食うべ秋

厄日とてカレーライスの香に暮るる

天の川たかゞ人生ではないか

ちちははに熱き茶供へ涼新た

新涼や海のもの到く二条駅

露けしやアテネ五輪も過ぎ去りて

五分前にいつも来るひと台風圏

月今宵くぢらを食はす店に居り

うそ寒の自販機に礼云はれけり

秋晴の出払つてをる我が家かな

秋日和白黒の石長考す

こゑにはならね落蝉の腹ふるふ

落蝉の今際の際に立ち合ひぬ

ちちろには棲み易きらし我が家かな

鈴虫を逃がしやれとふ遺言かな

穴惑ひ憚りながら蔓延(はびこ)りぬ

今年また娶ることなく蛇穴に

夜顔を咲かせ裏寺通りかな

落鮎の離宮のほとり過ぎゆけり

眉月や誰か胡弓を弾いてをり

秋麗や喪服の人の生あくび

もの忘れ繁きこのごろ蚯蚓鳴く

螻蛄鳴いて閉まりの悪き蛇口かな

地下街にまた地下のある雨月かな

人間はみんな悪もの狐罠

灯火親し寝台特急「あけぼの」に

「太郎さん」と寡婦の名づけし案山子かな

キャットフード嫌ひな猫の秋刀魚にて

夜食かな一人に離れまた一人

東京の土竜の如き夜業かな

漢(おとこ)にも花野顔とふ顔のあり

鶏頭のくれなゐに似る憤怒かな

満月と仏心といふまろきもの

仏心は童心月の兎かな

その昔マルクス主義者温め酒

月白やけふははしごと決めてゐる

とこしへに遠きひとなり秋の雲

秋麗の胃薬をまた飲み忘る

ファクシミリ白紙を吐きて秋暑き

星は秋アルプスの水買ひに出て

通夜の客誰も気づかず流れ星

秋の虹人のけはひに消え失せぬ

台風圏小銭使ひて遊びけり

硬貨になほ年号昭和鳥渡る

蓑虫のかなた昭和の月日かな

きりぎりす二匹にすれば鳴かずなり

サルトルの貌にはじまる秋思かな

切り子ガラス見つめてまたも秋思湧く

変な音立て扇風機名残かな

小鳥来て薬飲んだり飲まなんだり

胃薬を忘れてをれば百舌が鳴く

短命の家系とも思(も)ふ鳳仙花

泡立草すでに景色となつてをり

霧の夜の占ひの灯に手を晒し

白露なる去来の墓に触れもして

天高く電光ニュースにテロのあり

かなかなが鳴くキーボード早打ちに

秋の日や貝の化石のしらしらと

天に雲われに秋愁果つるなし

鬼の醜草風を起してゐる如し(鬼の醜草=紫苑のこと)

秋冷の体温計を脇にかな

いなびかり左半身醒めてあり

夜寒さの集金に来し老婦かな

しんしんと秋冷の耳二つあり

秋麗の鯉の口から酸素かな

宵闇の鯉の口からあぶくかな

葬家へとつづく矢印秋の風

無月にて車窓にうつる己が貌

それぞれの孤独それぞれの秋燈

酒をあたためむ孤独をあたためむ

シャンデリアの下さんまが食ひたくなり

コロッケを一つ貰ひし夜食かな

耳さとくはしこく秋の金魚かな

秋麗の孔雀毅然と糞りにけり

鳥籠にちちろ鳴きをり鳥の死後

老人の日のすぐ人の死ぬテレビ

童謡は憶えてをられ敬老日

化石竜見てゐて残り蚊に喰はる

髪切りて耳出して涼新たなり

みくじ吉二百二十日の枝に結はふ

コスモスにかどはかされし蝶々かな

とこしへに眠りたき日の大花野

いきなりといふ愛し方曼珠沙華

目瞑れば己が心火よ曼珠沙華

流星や生きてゆくとは悔しいこと

無月にて高層街衢ちふ奈落

夜霧して高層街衢ちふ幽谷

東京の無数の恋に夜霧降る

日もすがら木犀の香の読書かな

林檎盛りて充実の香の中にあり

梨喰みて淋しい人の淋しい音

月白に誘(いざな)はれゆく祇園かな

月白へふわりと出でて遊びけり

今朝もまた風あたらしく草ひばり

きりぎりす己(うぬ)も孤独を撰り来しか

右手より左手冷ゆる理由あり

もう十年若かつたらと温め酒

何もかも昭和のことと温め酒

致死量の秋思抱へて生きてをる

秋夕焼東京のひと足早し

秋虹や才媛にして薄倖で

どぶろくや大言壮語して孤独

我を見て小首傾げて蟷螂め

天高しおもちゃのやうな家ばかり

草虱の智慧に閉口してゐたり

二人用ソファに一人夜長なる

秋の夜や祖の遺影に見られゐて

扇風機名残り臨終をまはりをり

三島由紀夫はろかや秋刀魚焼いてをり

夜学生すでに大工で父親で

夜なべして何を唄つてゐるのやら

良夜かな順番通り風呂済ませ

名月の猫に欠伸をされてをり

穴惑また晩飯を考へて

眠たげなブルース鳴りて無月かな

温め酒マーロン・ブランド逝きしこと

きぬぎぬに鳴き初めにけり草ひばり

秋愁の水より玻璃の透きとほる

無為にして色なき風を聴くばかり

空はまだがらんどうなり雁渡し

千年の水千本の萩の花(9月24日梨の木神社にて吟行、句会)

このごろの涙もろさや萩白し

まひるの灯ともして淋し萩に雨

うちとけて名も知らぬひと草の花

わが機嫌うかゞふ猫やそゞろ寒

詮なきに猫にもの言ふ夜寒かな

街娼の寄りてもの云ふ夜寒かな

薄野を発ちて濁世へ還るバス

穂芒と風と夕日と折りとりて

誘なへる手の見ゆるなり花薄

黄なる蝶まぎれまぎれず芋嵐

大陸の匂ひのしたる落花生

肌寒や三面記事に目を落とし

落柿舎や添水(そうず)鳴るほどしづごころ

添水聴く去来の墓に屈みゐて

をみなごの消えては現れて大花野

ほほほほとほほほほほほと花野人

うしろより牛に啼かるゝ無月かな

燈火親しけふがきのふにかはる頃

風につく名前もかはり温め酒

水の秋背筋のばして遠く見る

秋水の鯉に背筋のありにけり

釣瓶落し貌を失ふ鬼瓦

釣瓶落しいよいよ酒の美味くなり

秋の夜や古きキネマに泣きもして

止り木に並ぶ背中や秋の夜

昼飯はお好み弁当小鳥来る

姿見の晴れがましさも秋まひる

一打々々いのち減りゆく鉦叩

夕野分猫を掴みて帰り来し

秋天や眼鏡汚して人の中

韋駄天といふ神走る秋の空

こほろぎや蔵の大きな鍵の穴

三代の漬物石や残る虫

また一つのど飴ふゝむ夜業かな

つくづくと人間嫌ひ月を見る

迷ひ消えまた迷ひ生(あ)れ天の河

鳴き砂をしみじみ鳴かせ秋日和

秋麗のちと茹で過ぎの玉子かな

身にしみて半熟の黄身うるはしき

キリコ見てダリ見て雀蛤に(すずめはまぐりに)

わが秋思ピカソの青に深みゆく


BACK  俳句新作 田畑益弘俳句の宇宙HOME