12月

御破算で願ひましては十二月

枇杷色の灯のしたしさや十二月

身ほとりに空き箱増えて十二月

止り木のいちばん端に年忘れ

隙間風うしろ向きても向かずとも

みちのくの気の凛々と鎌鼬

あだし野の風なきに聞く虎落笛

短日にゆつくり息をして坐る

短日の髪刈られゐる鋏音

南座の脇に蕎麦食ふ師走かな(総本家にしんそば松葉)

清水へ七味を買ひに冬ぬくし(清水、七味家本舗)

おそろしきことも想ひて冬籠

金色(こんじき)の蝶夢に舞ふ冬籠

冬濤のおもての白くうら黒く

遠街(おんがい)の光の蝟集冬めける

一本の木炭で描く枯木かな

引けば引かれて枯蔓にいのちあり

裸木のからくれなゐの落暉かな

もう何も怖れぬ裸木となれり

裸木となりおほせたる安睡(やすい)かな

美(はし)き火の濡れつつ炎ゆるしぐれかな

忘年のやはり泣きたる泣き上戸

着膨れてはたと五十路に入りてあり

東京を啄ばんでをる寒鴉

寒鴉啼く大東京を悉りつくし

晩年の如き懐ひや冬凪いで

手を打ちて声出して売る日の短か

底冷に坐りて媼なに鬻(ひさ)ぐ

海のもの鬻ぐ媼(おうな)や街師走

北風(きた)吹けば慟哭のまた聞こえくる

襟に耳ふたぎても北風哭きにけり

亡き父のものも一枚重ね着て

着膨れてしとどに濡るるアシカ見る

熱燗やはたと更けゐる東山

さなきだに化野さびし夕しぐれ

烏にも侮られゐる寒さかな

石もてば石の重力冬ざるる

冬桜ひそと浮世にかゝはらず

滑らかにして裸木のなまめける

言葉なく涸れたる河を憐れみぬ

影迅く鳥失せにけり大枯野

枯野ゆく枯野の石を握り緊め

冬座敷剥製の鷹翔たむとし

真贋の分かぬ油絵冬館

いささかの開かぬ窓ある冬館

賑やかにをんなこどもの路地焚火

冬川を堰きてわらんべ遊びをり

着膨れて浮世にどかと坐るかな

極月の果てへ果てへと目を遣ふ

冬ざれを来て観音を拝(おろ)がみぬ

片方の徳利寝てゐる炬燵かな

海鼠より宇宙に及ぶ夜話となり

底冷の暗渠の水の響みかな

底冷の漣立てる宇治の水

缶からがあれば蹴飛ばし十二月

大いなる山脈をなし山眠る

星凍てて人差し指の静電気

星凍てて高層街衢(がいく)電子音

星凍つる荒野に拾ふ銀貨かな

街師走イエスの如きをとこ佇ち

風来ればアリア聞こゆる氷湖かな

落ちながら冬滝といふ静止かな

雪積みて半熟の黄身美しき

ひとひらの喪中の葉書冬めける

恙なく過ぎし証しか古暦

しぐるゝやからくれなゐに暮れながら

髪刈りて項の辺より冬晴るる

煖房を出て警官の貌になる

団欒をひそと覗きて雪女郎

極月の水に浄むる虚仮(こけ)の貌

極月や美(は)しき火美しき水に映え

冬麗の真中に泊つるロシア船

屏風絵の虎の瞠りて眠らざる

大阪に遊び納めやふぐと汁

鳥の眼に短日の頭(ず)の犇めける

全容を見することなく鯨失せ

目瞑れば現(あ)れて遙けき鯨かな

梟や月ありながら真の闇

羚羊の視線するどく山眠る

行き暮れぬ狸に道を訊きしかや

わが胸をいまも彷徨ふ狼よ

その手には乗らぬ狐の高鳴きよ

狐ほど賢くはなき狐罠

熊出でし山にも市制布かれあり

川と川合へる辺りの寒さかな

まのあたり漣立てる寒さかな

枯園やひとりの好きな人ばかり

凍天のどこかにジェット戦闘機

時じくの賀茂の流れに浮寝鳥

外套や生活(たつき)の疲れ言はずとも

外套が臭ふ世に狎れ人に狎れ

指さして古都の鬼門の冬の嶺

楽章と楽章の間の咳はげし

枯山河以下省略といふ如し

人生は一本の寒き鉛筆

裸木となり単純に考へよ

花枇杷の律儀に咲きて淋しけれ

口籠るほどに真青き冬天よ

垂直に嘆くかたちの鶴の嘴(はし)

たましひとはその白息のやうなもの

あの世より少し明るく一寒灯

己が身焼き燐寸拗(くね)れる寒さかな

己(し)が身焼くマッチ火寒く見了んぬ

猟銃に色気の如きもの光る

日本を脱出したき鯨かな

日常を一擲(いってき)したる鯨かな

夢の中鯨を捕りにゆくところ

人間に犬歯のありて猪食うぶ

おでん酒裸の銭をポケットに

白障子閉む胸襟を開くべく

着膨れや争ひを見て争はず

枯れてゐる化けてゐるとものたまひぬ

親子して貉(むじな)も濡るゝ天気雨

さすらへる心濡らして夕しぐれ

己が影をはたと失ふ寒暮かな

北風の歩々に遠のく家路かな

極月の美(は)しき魚焼く美しき火や

魚(いお)炙る春待月の美しき火に

風花のまにまに命うつろへる

逢へぬ夜の夢に風花してをりし

小雨そと初雪となる別れかな

晩鐘の強ふるがままに冬没日

さゝやかな悩みに冬陽傾きぬ

虎落笛家なき人と擦れ違ふ

寒鴉啼く異常乾燥注意報

結氷しもう悲しまず喜ばず

冬麗のつぶやきさうな卵かな

生みたての卵いたゞく冬麗

年の瀬の歩調合せて他人なる

茶を呑んであれよあれよと年の暮

猫の語を少しく解し冬籠る

古暦のつぺらばうの壁負へる

天狼を見つめて一つ齢をとる

はたと見て一つ年とる冷たき掌

女傘をのこがさして朝時雨

言霊の駆け抜けてゆくはやり風邪

見て来たる雪の話を大袈裟に

雪つぶて雪に抛りて虚しさよ

クリスマスかゝはりうすく飲食(おんじき)し

湯冷めして思ひも醒めし如きかな

ゆきゆけど冬ざれの外(と)に出でざりし

冬霧にしかと貴船の川音(かわと)かな

再会や冷たき指(および)あたゝめむ

鮮魚とふ屍(かばね)の並ぶ寒さかな

底冷や紫がかり比叡(ひえ)暮るる

数へ日のゆくりなく逢ふ河原町

冬ぬくし汝(なれ)とゆきゆく賀茂堤

居坐りて京都盆地の寒さなる

暖冬やびつくりもせぬびつくり箱

三寒の四温の兆す雨気かな

外套や過去のもろもろ負ふ如く

外套の背な何もかも語りゐる

すべなくて笑ひだしたる寒さかな

磔像の貌より昏れて冬ざるる

星冴えて一語は玻璃に曇りをり

抱擁に落葉ひとひら触れてゆく

逆光の冬蝶燦と見失ふ

蝶一つしまひ忘れし冬日和

東京や離ればなれの冬の星

天狼や己れ支ふる一行詩

これやこの枝垂桜の枯木かな

河涸れて石の相貌皆ちがふ

住みなすや祖(おや)の世よりの隙間風

言霊の霊も鎮めて柚子湯かな

たまさかの逢瀬こたびは河豚の宿

たまさかの逢瀬に過ごす身酒かな

鰭酒やをのこをみなの狎れ易く

兄妹の如く睦める燗酒かな

亡き母の味噌汁を恋ふ寒さかな

一汁の湯気うるはしき冬曙

一本の釘打ち足すも年の暮

寝酒してなほ一些事に執しけり

きぬぎぬの儚きものを重ね着て

きぬぎぬの歌など詠みて冬籠

ひそやかに逢ひて天皇誕生日

佳き墨を買ひて天皇誕生日

諳んずることも減りゆく木の葉髪

柚子湯より母情の如き纏ひ出づ

ちちははの形見とも思(も)ひ隙間風

年つまる己れの肩を己れ揉み

喪の人のひたぶる毛糸編まれゐし

しがらみに冬の諸々とゞこほる

夜の街へ誘(いざな)ふやうに初雪す

千年の古都の初雪いたいけに

たまさかの京の深雪を嬉しがり

風花の触れて逢瀬を切なうす

口を出し紫煙のゆくへ年惜む

石蹴れば石に当たりて冬枯るる

一つ淋し無数も淋し冬ともし

夢に出で必ず鮫の口嗤ふ

母思ほゆ白鳥の胸ふくらかに

鮟鱇鍋その雑念(ぞうねん)も食らふかな

東京に生くる罰負ふ冬の蝿

冬の蝿存ふるとは咎に似て

人の死のまぼろしめきて年暮るる

行く年の動く舗道を歩いてゐる

行く年の篩(ふるい)にかけし人の死か

おでん屋の猫かにかくに人馴れし

殺めざり遁(のが)れゆかざる冬蝿を

冬満月おもて打たるゝ心地せり

寒星と我が眼発止と炎え立ちぬ

凍蝶に盲ひし如く昏れきりぬ

風花の胸にとまりし別れかな

冬耕のときどき唄ふ声低く

冬耕の婆絶え間なく唄ひをり

ぬばたまの真闇見やりて年を越す

大年の観念したる静寂(しじま)かな


BACK  俳句新作 田畑益弘俳句の宇宙HOME