田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2018年1月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像1月

白妙の嗚呼しろたへの京雑煮

かりそめの世に遊びせむ初日記

恵方へと魔物の金を持ち歩く

相識らぬ幾万のかほ初まうで

蝉丸も小町もとられ負け歌留多

ばつたりと南座まへの御慶かな

亡き母に叱られてゐる獏枕

ワインロゼ互みに酌みて姫始

寡婦よりのあえかに香る賀状かな

獣医より猫のいたゞく賀状かな

三十六峰みな名をもちて初霞

ひそやかに一歯喪ふお正月

遠景に如意ヶ岳据ゑ筆始

哭いてゐる方が勝ちたるラガーにて

真つ先に翔ちたる鴨が撃たれけり

鶴のこゑ白日輪の中にあり

高層街衢手毬つく子の一人きり

てまりうた九つ十で雪になる

順々に逝きて一人や置炬燵

寒泳の老いの抜き手のうつくしく

深海の如き夜天や寒の月

女礼者いまだに吾を坊と呼び

老猫を褒めて去にける老礼者

成人の日のまだ踏まぬ雪の道

月に出て越のうさぎは白兎

冬の蠅罰があたつて生きてをり

湯波半の湯気かぐはしく寒に入る

止まり木に女将とふたり寒の雨

蜜柑に爪深く悪女かも知れず

寒紅や祇園は昏きところなる

独身を徹す彼女の黒セーター

初旅や柿の葉鮓の葉の香り

寒濤の玉砕といふかたちかな

北風や拳に固く無をにぎる

あづまびと京の底冷かこちけり

美しき真顔に逢ひし雪の町

四温へと亀がそろりと首を出す

三寒の紐のほどけて夜半の雨

風花や京のをんなの京言葉

しあはせと云ふは退屈炬燵猫

焚火囲みて人体におもてうら

六根に燦と沁みゆく寒の水

寒の水逆さ金閣揺るぎなく

さはつたら火傷しさうな氷柱かな

吊革にゆらりと日脚伸びてをり

大島渚逝く寒の夜這星 (2013年1月15日死去)

待春の一本脚にねむる鶴

待春や白梅町に茶を喫し

待春の身をひるがへす近江鯉

しばれると京に来て云ふあづまびと

何事も起こらぬ不安阪神忌

薄目してモーツァルト聴く冬の猫

一行の寒の日記を書きて寝る

大枯野真中にカジノあると云ふ

泣いても笑つても枯野を行くしかない

弱き地震ありしを春の近さとも

おでん酒をとこの自伝皆哀し

半熟の黄身美しき冬の朝

月光のそこだけ皓し寒櫻

炉語りやオールドパーの氷鳴る

すき焼と決めて同期を集めたり

壁の中の水の音聞く風邪心地

群れながら孤を守りゐる水仙花

大寒のほのほの中の中華鍋

冬芽赤し少年はいま反抗期

家猫のけだもの臭き冬籠

霙るゝや古町片町廓町

殲ぶとは踏むもののゐぬ雪のこと

日向ぼこ抜けてこの世も抜けしひと

日向ぼこもの哀しさも身に溜まり

とほくより来てとほく行く冬の蝶

鳥獣に春未だしき高山寺

北風やどの貝殻も深手負ひ

あたゝかき冬月なりし逢瀬かな

あはあはと海に雪降る実朝忌

音もなく海は荒れゐて暖房車

裸婦像や枯園の陽をほしいまま

島の灯が真珠のごとし春隣

人形の起こせば開く眸春隣

冬終る裸電球切れてゐて

空席が一つ密かに冬去りぬ

薄紙の中の京菓子春近し


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙