田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2016年3月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像3月

三月の空を去るひと来たる人

肉じやがの煮くづれてゐる目借時

春昼や生八ツ橋を焼く香り

うらうらと茶碗は買はで茶わん坂

水ぬるむ近江に富士のありにけり

しづかなる牛の反芻春の昼

虻が来る己が羽音の後ろより

爺ぃより婆ぁが元気桃の花

京雛や過ぎにし御世のうるはしく

どの寺の鐘やおぼろの東山

占ひにひらくてのひら星朧

朧夜の抜け路地いくつ先斗町

朧夜の京に図子とふ小道かな

待つひとに四条木屋町おぼろなる

あぶり餅炙る煙もうららなり

春風やたまさかに買ふ時刻表

赤き蟻黒き蟻出て交はらず

蛇穴を出て松島の松のうへ

蟻穴を出て信長の草履の上

のゝ宮に恋の絵馬ふゆ竹の秋

母子草母逝きてより目につきぬ

存分に歩きて春の夕焼かな

とことはの父母の留守春落葉

フラミンゴシンメトリーに水温む

飯を食ふかりそめの世に接木して

接木して人生のどの辺りなる

鉄棒は嫌ひのままに卒業す

春休み小鳥のやうに早起きし

ジャムを煮て学生妻の春休み

春休み風のなまへを蒐めけり

天井に龍の眼のあるおぼろかな

光年といふ巻尺や星朧

朧夜の身に九穴のありにけり

かへりみて蜷の道にも似たること

頬杖に異国をおもふ春の海

頬杖をつくランボーの春愁ひ

滾ちつつ一期の鮎を上らしむ

大濁りして春告げぬ最上川

大阪の水の匂へる春暑かな

三面鏡に春愁のかほ無限

麗かや孔雀のまへに長居して

カナリアは歌を忘れず木の芽風

北野より平野へ花をうかゞひに

野遊びのコリーに笑顔ありにけり

口開けて口の数だけ燕の子

大寺の屋根まで飛べて雀の子

岬にも四五戸住みなす初つばめ

かげろふや薄暮ゲームと云ひしころ

かげろふへ皆消えてゆく一人づつ

鉛筆を噛む癖とともに進学す

酒見世の意外な混みや菜種梅雨

恋をはり猫に猫撫で声もどる

ユーラシアの風に吹かれて柳絮かな

柳絮とぶ民の広場に民溢れ

縁とは絆とは鳥雲に入る

あくまでも浅き朧の高瀬川

春昼の孤りに蛇口一滴音

桜鯛紀淡海峡晴れ極む

もう一度遅日の象を見に戻る

幕の内弁当に春闌けにけり

花咲いて祇園の夜空燃え易し

言霊の駆けぬけてゆくさくらかな

花冷のつながつて出るティシューかな

まれびとを待つ花冷の京都駅

あをあをと花冷の空ありにけり

石仏の頬の深手や桜冷

タクシーを拾ふ女人や花しぐれ

老人の眼のすぐ潤む櫻かな

鯛の腹きれいに裂かれ花の昼

待ち合すフラミンゴのまへ花衣

一力に停まるハイヤー花の雨

周恩来詩碑もしとゞに花の雨

花咲いて京に五つの花街かな

醍醐水醸して咲けるさくらかな

念々に我あたらしき櫻かな

ひとつぶの雫の中の花月夜

山寺の手水にうつる花月夜

かたはらに死亡広告花だより

たましひの遠出したがる花の雲

校庭に花理科室にスケルトン

濡れてゐる暗闇さくら咲きつつあり

ギモーヴちふ仏蘭西の菓子春の風

板前はむかし美男子花の宿

花人の中に亡き人ゐるやうで

あをあをと潮満ちくる初桜

ほつこりとして鍵善に花の昼

長堤の果は天なるさくらかな

ぬばたまの闇もひしめく櫻かな

来てみれば果して散れる山桜


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME