田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2015年10月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像10月

祇王寺の滝口寺の薄もみぢ

粧へる山ふところの荼毘の径

宵闇の窓辺にをれば二胡噎ぶ

明朝体うるはし灯火親しめり

乗換へてまだ蹤いて来る草虱

コリーにも笑顔のありて花野風

菊月や錦にそろふ旬のもの

鳥は翔び人は歩みて菊日和

いつか死ぬ話してゐる高き空

二階には二階の風や雁の声

露の夜の星にも生死ある話

ふりむけばすでにたそかれ柳散る

柳散るぎをん新橋巽橋

更けてより華やぐ花街柳散る

キネマ出て釣瓶落しにまぎれたる

釣瓶落し宇治の早瀬に見了んぬ

鬼の子の鬼ともならず揺れてをり

いわし雲胸一杯にひろがりぬ

秋雲やフーテンの寅永遠なり

耳塚といふ虫の闇ありにけり

脳のこと考ふる脳冷ゆるなり

三叉路は別るゝために秋の蝶

霧の夜の掌の中の手の繊かりし

つれづれの手のひら白き秋思かな

生きて死ぬそれだけのこと天の川

霧の夜の抱き寄せやすき肩なりし

深々と菊の香を吸ふ訣れかな

銀木犀府立図書館閲覧室

小栗栖(おぐるす)に光秀の藪穴惑ひ

かにかくに白川に散る柳かな

古池も完全な青十月よ

傷みたる木馬もまはる秋夕焼

秋燈や自問自答の夜も更けぬ

秋風や最後に拾ふのど仏

髪切ればこころも変る鵙日和

をはりあればはじまりありて鉦叩

身のうちの鬼を宥むる温め酒

独り酌む酒人肌にあたゝめむ

おもひだす女の体温火恋し

ひとづまと訪ぬる嵯峨の薄紅葉

百獣の王の瞑想秋深し

秋深き音をあつめて地獄耳

なんとなくイエスに似たる案山子かな

この辺りむかしのままや木守柿

日の本の色となりたる熟柿かな

柿干して御歳百になりたまふ

指にまた包帯をして夜学生

かげぼふしより歩き出す秋の暮

秋蝶の何かせはしき花背かな

大谷を埋め尽くす墓天高し

一塵の如く吹かるゝ秋天下

城址に佇てば聞こゆる秋のこゑ

サンドウィッチマン雑踏に老ゆ鰯雲

惜秋や骨董街をたもとほり

鳴き砂を鳴かせて秋を惜しみけり

しあはせを装ふ秋果盛りにけり

秋深む十人十色のよそほひに

風立てば風に身構ふ蟷螂かな

仏壇の塵を許さず菊かをる

菊月をひと美しく闊歩せり

松手入せし香あふれて妙心寺

まつすぐに逃げて猪撃たれけり

銀河より漁火一つ帰り来る

つぶやけば消えてしまひぬ秋の虹

末枯や結びたる実は朱を尽くし

初鴨や洛北の水青まさり

明く暗く桜もみぢの盛りかな

薄目して猫の窺ふ夜長かな

鉛筆の芯をするどく鵙日和

デッサンの線走らする黄落季

何もたらすや霧のなか霧うごき

色鳥の色に焦がれてわび住める

キヲスクに買ふ握り飯野菊晴

この空を日本晴れとふ秋茜

時代祭御維新の音に晴れわたる

濁酒酌むここは銀河の番外地

深秋のすゝみ癖ある時計かな

百年の家のくらがり綴刺

玲瓏と霜降の空ありにけり

のゝ宮に恋の絵馬ふゆ竹の春

乙訓の風あをあをと竹の春

ひとけなき花魁の墓櫨紅葉

愛憎のあはひを揺れて曼珠沙華

月だけが知る道化師の素顔かな

ゴリラにもゴリラの秋思眼が合ひぬ

草の絮ふつと現し世抜けてをり

季寄せの背繕ふことも冬支度

剥げさうな季寄せの表紙冬隣

冬帝は比叡より京を窺ひて

薄目して猫の見透かす長き夜

秋惜むみたらし茶屋の外床机

門灯の守宮と秋を惜しみけり

うまさうな酸素を吸ひに星月夜

好晴のつづく秋思のつづくかな

この天の高さに思想掲ぐべし

時計とふ非情の機械夜業人

燕去り俄かに錆ぶる山河かな

木守柚子一つが空に充満す

有耶無耶にしておくことも温め酒

家ぬちにちちろ鳴きをり鳴かしおく

天体とはなれず木の実独楽止る

逢ふまじと決めし水草紅葉かな

水面より昏れて近江に秋逝きぬ

黄落の水の迅さとなりにけり

冷まじやシャッター街といふところ

神妙に猫のはんべる障子貼り

后陵秋のてふてふ頻り舞ひ

青春の一つのりんご齧り合ふ

もの思ふひとりに小鳥来てゐたり

地獄花と呼びてうつくし曼珠沙華

猫抱きて猫にもの言ふ夜寒かな

全身をしづかに虫を聴いてゐる

色鳥や飽かず眺むる洛外図


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME