田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2015年4月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像4月

草色のもの草に棲み春深し

吟行の一人はぐるゝ春深く

京おどり明日は都をどりかな

散つてゆく花一片のものがたり

一切を水の見てゐし落花かな

板前はむかし美男子花の宿

母が逝きすぐ父が逝く花筏

花散るや星の瞬きしきりなる

USBメモリにしまふ櫻かな

春陰や眼疾地蔵を拝むひと

くちびるの一触即発夜の櫻

かたはらに死亡広告花だより

まむし注意と鞍馬山笑ひをり

頭より身体をつかへ山笑ふ

いとはんと呼ばれてをりぬ花衣

渾身の桜吹雪の中にかな

花散りて猫に猫撫で声もどる

花屑や仁王の踏まふ天邪鬼

忌中より忌明淋しき残花かな

都をどり丈高き妓もふえにけり

青眼に構ふる剣士春の風

鳥の恋嘴(はし)と嘴より始まつて

花の種ミッキーマウスより貰ふ

つゞき見て暗転したる春の夢

酒見世の意外の混みや菜種梅雨

清滝の家並ゆかし鮎のぼる

審判のゐぬ草野球春の雲

たそかれを舞妓のいそぐ柳かな

青柳や舞妓に出逢ふ小橋の上

カーテンの色変へてみる春愁ひ

岬にも四五戸住みなす初つばめ

つばくろの百万石の城下かな

若すぎる死やつばくろの翻り

花の上にまた花の散る逢瀬かな

奔流の果て知りてゐる花筏

青踏むや寺山修司ポケットに

春愁の頬杖ビルにビル映る

柳絮とぶ民の広場に民あふれ

久闊を叙する御室の櫻かな

根元より御室櫻の盛りかな

春愁の三面の貌たゝみたる

図書館の静かに混みて春霖雨

きのふけふブッセの空へ鳥帰る

大寺の屋根まで飛べて雀の子

ひとづまと訪ぬる奈良の八重櫻

手のひらに大河を掬ふ日永かな

釣人の垂らす釣糸日永なる

バス停のダイヤ憶えて長閑なる

花筏たれもがいづれ行くところ

かぎりなき飛花実朝の海さして

ふつと亡きちゝはゝのこと花筏

父の忌の近づきをれば芽吹くなり

口開けて口の数だけ燕の子

しやぼん玉午後のまろび寝つゞきをり

ゆく春の渚にのこす砂の城

かにかくに白川が好き春の鴨

花の寺柩が一つ出でゆきぬ

ふりむけばすべてまぼろし花の道

花人の中に亡き人ゐるやうで

イタリアの国旗お洒落や花は葉に

なほ動く明治の時計花は葉に

ユーラシアの端の日本柳絮とぶ

朧夜の白梅図子といふ小径

春風を着こなしてゐる彼女かな

春の夜の止り木にゐるハムレット

春宵やイノダコーヒに長居して

日曜の夜のさみしさや遠蛙

月曜といふもの憂さや昼蛙

寄居虫の脚いそがしき九十九里

行く春のひきしほの端踏みてをり

五右衛門の山門に春惜しみけり

朝桜まだ汚れざる空気吸ふ

人面のときに鬼面や花篝

早や蝶の骸を見たる啄木忌

朧夜に坐してもの思(も)ふ背骨かな

鳴き砂を鳴かせて春を惜しみけり

無農薬家庭菜園紋白蝶

少年の勲章となる春の泥

朧なる路地に迷ふも先斗町

遠蛙大きしじまのありにけり

初つばめ智恵子の空のありにけり

一合は宥されてゐる目刺かな

鄙よりも都会は淋しリラの花

リラ冷やひとりの似合ふ夜の街

をりからの三味の音漏るゝ春燈

風青し杜の都のスタジアム

レガッタの早やも日焼けし男たち

西方へ仔猫探しに行つたきり

鳴いてゐし仔猫のゆくへご存知か

かの人のその後を知らず花筏

惜春の手をおばしまに嵐山

葉桜やサンドウィッチですます昼

天摩するビルのかがやき夏隣

箸置は小舟のかたち夏近し

お通しの酢の物の香や夏近し

恋猫の尻を挑(かか)げてあはれやな

てふてふや線路の脇の献花台

ひとすぢの朧となりて高瀬川

切株に知る木のよはひ昭和の日

広辞苑六法全書春の塵

ピッコロの音フリュートの音風光る

いろいろな名で呼ばれをり捨仔猫

ハーモニカつたなく鳴りて春夕焼

しやぼん玉の毀れて消ゆるほどのこと


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME