田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2015年1月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像1月

白妙の嗚呼しろたへの京雑煮

相識らぬ幾万のかほ初まうで

蝉丸も小町もとられ負け歌留多

ひそやかに一歯喪ふお正月

かりそめの世に遊びせむ初日記

恵方へと魔物の金を持ち歩く

むかひ風立ち来る方を恵方とす

初夢の亡き人々に賑はへる

高層街衢手毬つく子の一人きり

てまりうた九つ十で雪になる

鶴のこゑ白日輪の中にあり

寒紅や祇園は昏きところなる

人の日の鏡に早も薄ぼこり

うかうかとけふ人の日の無精髭

哭いてゐる方が勝ちたるラガーにて

寡婦よりのあえかに香る賀状かな

獣医より猫のいたゞく賀状かな

月に出て越のうさぎは白兎

冬の蠅罰があたつて生きてをり

湯波半の湯気かぐはしく寒に入る

止まり木に女将とふたり寒の雨

蜜柑に爪深く悪女かも知れず

待春の一本脚にねむる鶴

三十六峰みな名をもちて初霞

人体におもてうらある焚火かな

冬日向充電中の猫をりぬ

遠きほどもの良く見えて寒四郎

ワインロゼ互みに酌みて姫始

恵方へといつか一人になる二人で

寒濤の玉砕といふかたちかな

六根に沁みとほりけり寒の水

待春や白梅町に茶を喫し

待春の身をひるがへす近江鯉

吊革にゆらりと日脚伸びてをり

ばつたりと南座まへの御慶かな

老猫を褒めて去にける老礼者

あづまびと京の底冷かこちけり

順々に逝きて一人や置炬燵

独身を徹す彼女の黒セーター

寒卵記憶の母がコツと割る

水の出ぬ蛇口が一つ山眠る

妥協せじ寒の断崖見て佇てる

金閣に逆さ金閣冬の水

大寒のほのほの中の中華鍋

大島渚逝く寒の夜這星 (2013年1月15日死去)

四温へと亀がそろりと首を出す

三寒の紐のほどけて夜半の雨

暮れてより華やぐ小路細雪

深海の如き夜天や寒の月

大阪にいちにち遊ぶ寒日和

殲ぶとは踏むもののゐぬ雪のこと

風花や青まさりつつ荼毘の空

群れてゐて孤を守りゐる水仙花

とほくより来てとほく行く冬の蝶

繰り言が母の遺言帰り花

東京に雪降る夜の鮟鱇鍋

鳥獣に春未だしき高山寺

霙るゝや古町片町廓町

薄紙の中の京菓子春近し

絵双六まこと京(みやこ)の遠かりし

寒卵けさあをあをと日本海

湯豆腐や玻璃を拭へば嵐山

人形の起こせば開く眸春隣

島の灯が真珠のごとし春隣

野の宮の苔うつくしき落葉かな

あたゝかき冬月なりし逢瀬かな

心根に寒柝のしむ旅寝かな

弱き地震ありしを春の近さとも

正月の余韻の空気祇園さん

初旅や柿の葉鮓の葉の香り

真つ先に翔ちたる鴨が撃たれけり

月光に咲きて盛りの寒櫻

凍蝶のいのちの色の夕茜

捜し物してゐる冬の蝶に逅ふ

家猫のけだもの臭き冬籠

薄目して全て視てゐる冬の猫

炉語りやオールドパーの氷鳴る

すき焼と決めて同期を集めたり

底冷にしてはんなりと京言葉

置炬燵げにも女はよく喋る

冬芽赤し少年はいま反抗期

壁の中の水の音聞く風邪心地

枯園に寧ろ孤独を愉しめる

大枯野である泣いても笑つても

雑炊にあらずリゾットちうて食ぶ

冬の浜どの貝殻も疵負ひて

半熟の黄実うるはしき冬曙

炬燵居の癖になりたる独り言

寒泳の老いの抜き手の美しく

未来あり冬の薔薇の咲くかぎり

一行の寒の日記を書きて寝る

満目の枯を見て来し深睡り

枯野行き測量士に遇ひしのみ

山眠りゐて石英は水晶に

あはあはと海に雪降る実朝忌

霊長目ヒト科一同寒の内

雪虫や抱き寄せし身のほそきこと

薄目してモーツァルト聴く冬の猫

医者がそと微笑むほどの風邪なりし

人生の誤算の如き霜焼よ

人生のうしろを見れば寒鴉かな

空席が一つ密かに冬去りぬ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME