田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

11月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像11月

11月1は淋しき数字なり

遠むのみ十一月のはうき雲

のゝ宮の竹あをあをと神の留守

一対の白狐に視られ神の留守

鮑入り和風バーガー文化の日

湯豆腐や玻璃にけぶれる嵐山

秋蝶の何かせはしき花背かな

蝶一つしまひ忘れし小春風

紙ヒコーキの宙返り小春風

うかうかと小春日和の暮れかゝり

剥げさうな季寄せの表紙冬隣

季寄せの背繕ふことも冬支度

冬帝は比叡より京を窺ひて

切株に知る木のよはひ明治節

右手より左手冷ゆる理由あり

石の上のうごかざる亀秋深し

洛中は花の盛の屏風かな

京を見て鳥の眼となる屏風かな

恋人の名前はふゆ子冬よ来よ

絵屏風のいづれが光源氏なる

小春日や木喰仏のゑまふ顔

月のなき夜もしろがねの芒かな

花芒供へて杳きちちははよ

ゆく秋の涙ぐましき白雲よ

凩の刷き残したる星屑よ

ひととせや冬の服より一名刺

一葉の喪中欠礼冬に入る

大原女の真白き脚絆冬に入る

初しぐれ八ツ橋を焼く香りして

色町に抜け路地いくつ小夜時雨

三条に大橋小橋しぐれけり

いみじくもしぐれて祇園灯し頃

小夜時雨ふたり濡らすも憎からず

花買へばしぐれて和泉式部町

中年のまた流れつくおでん酒

中年の自虐も楽しおでん酒

天井を電車の走るおでん酒

もう一人詰めれば坐れおでん酒

もみぢ且つ散りゐて祇王祇女の墓

室花か造花か分かず精神科

迷宮に入るミステリー室の花

大阪のやくざな奴とふぐと汁

てつちりは好き大阪は嫌ひどす

狐火も座敷わらしもダムの底

しぐれては祇園の燈し華やげる

しぐるゝやむかし揚屋の細格子

祖母静江享年三十しぐれけり

過去帳に水子がひとり霙れけり

暮れてより裏手にまはる虎落笛

本能寺址の暗闇もがり笛

人よりも地図を信じて枯野なる

落日を一鳥よぎる枯野かな

枯野行きて測量士に遇ひしのみ

冬海に真向ふ鬼の面つけて

忠興とガラシャのねむる冬紅葉

蟷螂の首を傾げて枯れてをり

さびしらに陸(くが)を見に来る鯨かな

狼の絶滅以後の堕落かな

冬眠なき人類に鳴る目覚しよ

幸福の木にうすぼこり冬館

冬霧の底ひに響む五番街

ちちははの世より住みなす隙間風

御仏のまへ冬帽子脱ぎたまへ

たこ焼屋蛸を刻みて日短

透明のガラスの破片寒波来る

御香典と書く薄墨や朝しぐれ

泣き上戸やつぱり泣いておでん酒

雑炊にお開きとなる六腑かな

六曲を水の奔れる屏風かな

枯芝に坐るこころを平衡に

冬の孔雀少しく人を集めをり

日向ぼこおなじ日向を鳩あるく

西陣の機織る音や日短

消しゴムで消せば済むこと冬の虫

雑炊にお開きとなる六腑かな

清水へ七味を買ひに冬うらら

南座を見やる阿国やゆりかもめ

金閣と逆さ金閣冬の水

冬の園機械に礼を云はれけり

風邪ひいて一所懸命ねむるかな

泣き上戸やつぱり泣いておでん酒

一人去り俄かに淋しおでん酒

マキノより冬めいて来ぬ湖西線

この路のみるみる銀杏落葉かな

寒昴ぎつしり最終バス待てば

運命のせゐにしてゐるおでん酒

粘菌を視る虫眼鏡冬ごもり

冬籠るつむりの中の詰将棋

猫さまの家来となりて冬籠

人参を微塵にすれば食ぶるひと

寒林やこゑ美しく禽の棲む

枯蟷螂なほ正眼に構へけり

亡き父のものも一枚重ね着て

外套が臭ふ世に狎れ人に狎れ

鰭酒やをとことをんな狎れやすく

女傘をとこが差して朝時雨

北風や耳はかなしき岬なる

橇の行く白地図の国ありにけり

鶴も嘆くか垂直に嘴立てゝ

山眠るふつと活断層のこと

音もなく怒濤砕けて煖房車

あすのため冬の怒濤をいくつも見る

ソプラノの響きあまねく冬銀河

オルゴールふつつり途切れ凍つる夜

日記買ひ川の行く方見てゐたり

止まり木にひとり勤労感謝の日

底冷の底を奔りて蒼き川

底冷の紫がかり比叡昏るゝ

我がために紅き花買ふ寒暮かな

寒灯をいくつも点し一人なり

ユダのごと髭たくはへて冬籠

十一月水の如くに過ぎてけり

海鼠から宇宙におよぶ夜話となり

なんぴとが始めに食ひし海鼠かな

千年の古都の川音浮寝鳥

煮凝や町家の冷えも懐かしく

風花やはんなりといふ京言葉

ゆきずりの嬰泣きやみぬ聖樹の灯

銃声のたび青まさる狩の空

あをあをと大白鳥の大空よ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME