田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

9月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像9月

銀閣に銀箔あらず秋のこゑ

秋めくや海のもの着く二條駅

横浜の九月の沖を見て飽かず

秋の夜の振子時計の振子音

西鶴の日に穴に入る蛇を見し

初鵙に紺碧の空ありにけり

眉月の産寧坂の二階かな

白鳥座研ぎ澄ましたる野分かな

菅原道真の雷鳴りにけり

夜業人なべて機械のしもべなる

いとうりが曲がり初め詩が生れけり

秋雲や十で神童いまいづこ

虫売のそれは静かな男かな

眼に耳に髪に膚へに秋立ちぬ

ありなしの風に我揺れコスモスゆれ

コンピュータひとり働く星月夜

流星や十七文字の訣れの詩

あさつてに食べ頃になるラフランス

一粒の露の中なる太虚かな

地球まろく葡萄一粒づつまろし

凶年をきれいな蝶の舞ふことよ

大陸の匂ひのしたる落花生

蓑虫の揺れゐて遠き昭和かな

父が炊き母に供ふる零余子飯

木屋町に夜蝉の遊ぶ残暑かな

石庭をまへに瞑(めつむ)る昼の虫

萬籟のなか鉦叩まぎれなし

鬼の子の宙ぶらりんの流転かな

台風の置いてゆきたるどぜうかな

をんなよりをやまうつくし秋燈

赤蜻蛉群れてゐて空しづかなり

うかうかと昏れかゝりたる茸山

草相撲痩せぎすの子が勝ちに勝ち

名にし負ふ蛇塚にして穴まどひ

日の本の秋の暮なる藁火かな

水澄みて近江に富士のありにけり

秋水や過ぎ去りてゆくものばかり

腕時計の数だけ時あり秋の暮

しらしらと嵯峨野の雨や新豆腐

北嵯峨の竹伐る音を巡りけり

久闊を叙する松茸づくしかな

くもりのち小鳥来てゐる金閣寺

雁渡し老婆が吹くと云へば吹く

うなじより人は老けゆく雁のこゑ

かなかなの奥にかなかなその奥も

北行きを上ルと云ひて秋暑し

祇王寺の庭より昏れて竹の春

竹春の門よりまゐる天龍寺

のゝ宮に恋の絵馬ふゆ竹の春

昼の灯をともして淋し萩の雨

ほつほつと灯ともるお茶屋秋簾

千年の水千本の萩の花

白犀は静かなけもの草の花

上野発芋煮会へとかへる人

ちびちびとブランデー舐め灯火親し

羚羊の視線感ずる秋気かな

男 坂 又 男 坂 法 師 蝉

みちのくの星けぶり立つ濁酒かな

山国の山のあなたの稲つるび

川の字に寝ねて鈴虫聴いてをり

秋晴やキヲスクに買ふ握り飯

月白や四条小橋に相逢ひぬ

金銀の鯉のたゆたふ良夜かな

実柘榴の見事裂けたる吉日なり

下町に電線多しいわし雲

木の家が木の音立つる夜半の秋

声量のゆたかなる空鳥渡る

自分史に落丁の章蚯蚓鳴く

水筒の番茶がうまし野菊晴

医のゆるす一合の酒温めむ

一服の向精神薬露けしや

詩の話より死の話へと夜半の秋

小鳥来て弘法さんの日なりけり

右手より左手冷ゆる理由あり

まぼろしの竜よ麒麟よ天高き

霧の夜の抱き寄せやすき肩なりし

落鮎の落つる離宮の畔かな

風の名もかはりて鮎は落ちゆけり

湯上りのかほを向けたる望の月

犬抱けば犬の拍動無月なる

子の言葉また増えてゐる青葡萄

天守閣址に佇む秋のこゑ

久闊の京の松茸づくしかな

松花堂弁当に秋闌けにけり

あさつてに食べ頃になるラフランス

黒猫の眸の金色(こんじき)の無月かな

ひとりとは耳敏きこと秋のこゑ

みづ色の空そら色の水小鳥来る

コンドルが金網を咬む秋夕焼

老犬が老人を曳く秋夕焼

十六夜の家路をいそぐ理由なく

ひとつぶの栗の貫禄丹波かな

百年の生家の闇のつづれさせ

明朝体うるはし灯火親しめり

弥次郎兵衛静止して水澄みにけり

うつくしき山の容(かたち)の秋思かな

酒あたゝむ朱鷺の滅びし話して

コリーにも笑顔のありて花野風

乗換へてまだ蹤いて来る草虱

わらんべのうしろの正面秋の暮

家ぬちにちちろ鳴きをり鳴かしおく

おもひだす女の体温火恋し

しんしんとして人恋し火恋し

長き夜の猫のお相手致しけり

長き夜の猫とはオセロできぬなり

わが推理迷宮に入る夜長かな

うかうかと昏れかゝりたる茸山

放たれし囮のとまる囮籠

古民家の秋の昼寝によき柱

蟷螂が畳に遊ぶ天気かな

忘じたるひとの名一つ秋の虹

好晴のつづき秋思のつづくかな

この空を日本晴れとふ秋茜

何もたらすや霧のなか霧うごき


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME