田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

7月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像7月

室町も二階囃子の夜風かな

遠花火あなたは別のことおもふ

揚花火飽きて真闇を見てをりし

手花火の向う三軒ひとりつ子

しまひまで線香花火よくよく見る

たゞ灼けて芹沢鴨の小さき墓

炎天へふらんすの水買ひにゆく

こいさんも初の浴衣の三姉妹

天体となれぬ砲丸雲の峰

嵐山模す箱庭も暮れゆける

京ことば舞妓は炎暑やりすごす

とこしへに和泉式部の恋螢

母の眸に少しく痩せて帰省かな

懈怠なく生くる蟻も蟻地獄も

薄命の遊女に供ふ著莪の花

浪速は夏やおつちやんのヘボ将棋

刑務所のほとりに佇てる白日傘

供へある水に泛く火蛾死んでゐず

百足死し遅れて百の足が死す

また太き雨が降るなり鉾祭

京のものなべてあえかや川床料理

七月の人をいざなふ無人島

緑蔭やサラリーマンの脱ぐ仮面

わたくしは記憶に過ぎず浮いて来い

白日傘楼蘭城址に忘れあり

骸骨に袋かぶせて夏休み

ゆびさきに覚えなき傷朝の虹

日蝕の後の日盛りめしを食ふ

書き惑ふ鬱といふ字の茂りかな

人妻と蛇のゆくへを見てゐたる

避暑の宿ピンポンばかりしてゐたる

箱釣や事切れたるも漂ひて

羚羊に視られてゐたる泉かな

あぢさゐの尚あをあをと七七日

曖昧な色もなかなか七変化

日盛りにたゞ秒針の音すなり

けふの蝉かの日の蝉や忌を修す

頭の中を真つ白にして蝉が鳴く

生きて死ぬそれだけのこと蝉時雨

いうれいに訊ねてみたる落し物

幽霊も汗をかくらし夏芝居

らふそくの火が一つ百物語

胆試しすれちがひしは誰ならん

蝉しぐれ葬始まりて葬了る

青嶺より望む母郷の青嶺かな

座の釜に蓋なき劫暑かな

法然院さまの下闇長ゐして

藪蚊鳴く寂一文字の墓の裏

夜の蟻をつまみて夜へ帰しけり

斑猫や京の終なるみささぎに

山椒魚人間嫌ひに徹しけり

昼寝人しみじみ大き足の裏

光年の星またたける端居かな

東山暮れても青む麦酒かな

麦秋を大きな風の吹きにけり

人形の瞑らぬまなこ熱帯夜

釣堀の臭ひここらを場末と云ふ

いちづに空青く背泳孤独なり

無人島ひとをゆるして夏旺ん

亡き数のひとの空似も祇園会や

掛香や灯りて昏らき先斗町

地下出れば祇園囃子の最中なる

けふは未だ宵々山の嬉しさよ

宵山をぬければ京の真くらがり

肩車され宵山の空をゆく

清正の鎧も屏風祭かな

鉾廻す男のきほひ佳かりける

ハイヒールに足踏まれたる巴里祭

外寝して宇宙に暮らす人おもふ

たゝなはる山たゝなはる蝉時雨

蝉鳴けり寿限無寿限無と蝉鳴けり

仰向けに死ぬるしあはせ蝉時雨

生きて死ぬそれだけのこと蝉時雨

もの言へば悔になるなり遠花火

雲の峰をんなが四股を踏んでをり

夏負けや絶壁としてビルが屹つ

サントロペ水着濡らさぬ夫人ゐて

チャウシェスク倒しし弾痕灼けてゐし

うつつなり砂漠に西瓜売る男

草涼しサラブレッドの母子ゐて

海猫(ごめ)群れて海猫の数だけ海猫のこゑ

無辜の民無辜のくちなは搏ちにけり

容赦なく過ぎてゆくもの蚊遣香

華燭といふ一つの別れ花氷

骨相といふかほのある大暑かな

熱帯魚ひかりの中に飼はれけり

猿山にひと騒ぎあり旱空

和を以つて尊ぶ蟻の国ならん

百足死し遅れて百の足が死す

雨降れば雨を愉しむ籠枕

北行を上ルと云ひて京暑し

父の忌や戸棚の奥の蝮酒

亡き母の財布より出づ蛇の衣

大夏野ひき返すには来過ぎたる

夏の河ふぐり濡らして徒渡る

夜の秋の星空浴に君の星

蝉しぐれ京に七口ありにけり

風入や古き写真に泣けてきて

茹で過ぎて黒ずむ卵夏あらし

夏旺んなり蟻喰は蟻を喰ひ

旱天や眼科に昏らき検査室

上蔟や深空は星の数殖やす

白繭の静謐の夜となりにけり

案の定百足の出づる長雨かな

蝉やめば水音するどき貴船川

子かまきり無数のその後知らざりし

永らふは兜なき雌かぶとむし

食はざりし魚と眼の合ふ冷蔵庫

夏惜むタクラマカンの石一つ

晩夏光この世を引き摺り込み沈む

腕時計せぬいちにちのハンモック

白地図やいつも涼しき風の音

人体は所詮みづもの炎天下

熱帯夜スパークリングワインでも

つれづれに聖書読むなど避暑ホテル

事もなく箱庭の日も暮れにけり

緑蔭や二人ときどきものを言ふ

病葉のひとつ舞ひ上げ新宿区

シャワー浴びて東京を流すべし

なかなかに戻らぬ恋のボートかな

避暑の宿長野日報など読んで


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME