田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

4月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像4月

十万年狂はぬ時計四月馬鹿

つがひにて愁ひを分つ春の鹿

幕の内弁当に春闌けにけり

存分に歩きて春の夕焼かな

吟行の一人はぐるゝ春深く

草色のもの草に棲み春深し

あをあをと花冷の空ありにけり

ひとときの名残の雪や奥千本

一切を水の見てゐし落花かな

母が逝きすぐ父が逝き花筏

忌中より忌明さびしき残花かな

花散りて猫に猫撫で声もどる

咲き満ちて嘘一つなきさくらかな

花散るや星の瞬きしきりなる

花の上にまた花散れる逢瀬かな

柳絮とぶ民の広場に民あふれ

ユーラシアの中の日本柳絮とぶ

ひとづまと訪ぬる奈良の八重櫻

きのふ早やむかしの如し山桜

やまざくら名人戦に先駆けて

ふつと亡きちゝはゝのこと花筏

醍醐水醸して咲けるさくらかな

若すぎる死やつばくろの翻り

蝶に逢ひまた別の蝶に逢ふ日和

うららかやチキンライスに三色旗

渡月橋半ばにやみぬ花しぐれ

眼薬の頬に溢れし花の冷え

石仏の頬の深手や桜冷

山寺の手水にうつる花月夜

いづれ皆ゆくところなり花筏

花咲いて京に五つの花街かな

花しぐれ花の下にてやり過す

審判のゐぬ草野球春の雲

朧なる路地に迷ふも先斗町

亡骸の軽さや仔猫にはあらね

愛猫は逝きにけるかな花は葉に

なほ動く明治の時計花は葉に

かげろふの道はむかしに繋がれる

宙に消ゆわたしもいつか石鹸玉

菜の花やなほ太陽の照り足らぬ

たそかれを舞妓のいそぐ柳かな

青柳や舞妓に出逢ふ小橋の上

くちびるの一触即発夜の櫻

渾身を桜吹雪に濡らしけり

青踏むや寺山修司ポケットに

夕網のものばかりとぞ能登は春

久闊を叙する御室の櫻かな

根元より御室櫻の盛りかな

忌中より忌明さびしき残花かな

父の忌の近づきをれば芽吹くなり

つばくらめ思ひの丈に翻る

つばくろの百万石の城下かな

真水浴びをんなに戻る陸の海女

奔流の果て知るごとく花筏

葉桜やサンドウィッチですます昼

イタリアの国旗お洒落や花は葉に

清滝の家並ゆかし鮎のぼる

滾ちつつ一期の鮎を上らしむ

引き返すには逃水を追ひ過ぎし

朧夜の白梅図子といふ小径

只管打坐その鼻の先柳絮舞ふ

透明の傘を買ひたる花しぐれ

かたはらに死亡広告花だより

日曜の夜のさみしさの遠蛙

月曜といふもの憂さの昼蛙

寄居虫のはたして落つる怒濤かな

寄居虫の脚いそがしき九十九里

釣人の垂らす釣糸日永なる

とほあさの海とほあさの春の空

花貝へ又ひとひらの雲母波

油掛地蔵照りゐて春暑し

春陰や眼疾地蔵を拝むひと

まむし注意と鞍馬山笑ひをり

頭より身体をつかへ山笑ふ

鄙よりも都会は淋しリラの雨

接木して人生のどの辺りなる

石鹸玉の毀るゝほどのことなれど

箸置は小舟のかたち夏近し

行く春のひきしほの端踏みてをり

鳴き砂を鳴かせて春を惜しみけり

ゆく春の渚にのこす砂の城

大股に歩くをとめご夏近し

しやぼん玉いくつも消ぬる虚空かな

指さして空に書く手話初ひばり

空も見ず畑にゐるひと鳥雲に

きのふけふブッセの空へ鳥帰る

初つばめ智恵子の空のありにけり

髪断ちて君旅立てり弥生尽

春宵やイノダコーヒに長居して

酒見世の意外な混みや菜種梅雨

空に触れ空を掴みて散るさくら

念々に我あたらしき櫻かな

USBメモリにしまふ櫻かな

凧の糸空のちからと均衡す

麗らかやフランス料理箸で食べ

XとYのほゝゑむ春愁ひ

図書館の静かに混みて春霖雨

囀りや享年百の葬のあり

背骨立てもの考ふる朧かな

につぽんに裏門ありて鳥帰る

早や蝶の骸を見たる啄木忌

大阪の水の匂へる春暑かな

地球儀に風なし春の塵拭ふ

猫の子が地球儀廻すこと覚え

春の夜の止り木にゐるハムレット

花種をミッキーマウスより貰ふ

五右衛門の山門に春惜しみけり

朝桜まだ誰もゐぬ空気吸ふ

人面のときどき鬼面花篝

恋猫の尻を挑(かか)げてあはれやな

つゞき見て暗転したる春の夢

春風やたれか我が名を呼ぶ如し

春風を着こなしてゐる彼女かな

いとはんと呼ばれてをりぬ花衣

花散るや一期一会の盞に

かぎりなき飛花や実朝の海さして

てふてふや線路の脇の献花台

少年の勲章となる春の泥

朧夜の障子窓より高瀬川

遠蛙大きしじまのありにけり

無農薬家庭菜園紋白蝶

一匹が出でてたちまち蟻の修羅

鳥の恋嘴(はし)と嘴より始まつて

天摩するビルのかがやき夏隣

青眼に構ふる剣士春の風

ゴールデンウィーク鍵屋も鍵を掛けて留守

切株に知る木のよはひ昭和の日


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME