田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

3月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像3月

どこからが晩年か鳥雲に入る

鳥雲に志賀にさゝ波あるばかり

蛇穴を出て松島の松のうへ

ひとところ猫の執する春の土

春空の宙ぶらりんの男かな

三月の空を去るひと来たる人

まつさきに手が出て蝌蚪の長子なり

占ひにひらくてのひら星朧

朧夜の京に図子とふ小道かな

朧夜の抜け路地いくつ先斗町

京雛や過ぎにし御世のうるはしく

春めくや海のもの到く二條駅

水ぬるむ近江に富士のありにけり

くらがりや女雛の細目おそろしく

鉄棒は嫌ひのままに卒業す

春休み小鳥のやうに早起きし

紙袋うごいてをれば仔猫かな

朧夜の身に九穴のありにけり

どの寺の鐘やおぼろの東山

天井に龍の眼のあるおぼろかな

火葬場に飯食ふ処鳥ぐもり

テニスコートの君が初蝶になる

蝶博士蝶を愛して娶らざる

てふてふや北緯三十八度線

蝶翔ちててふてふとなる日和かな

化野に胡蝶の空のありにけり

りんくうインターチェインジ蝶迷ふ

朧夜のそろそろ眠き十指かな

朧夜やろうぢと云ふも京言葉

麗かや孔雀のまへに長居して

少年とわたしの秘密小鳥の巣

春虹や嘘でも嬉しかりしこと

ジャムを煮て学生妻の春休み

もう誰も踏まざる踏絵玻璃囲ひ

花貝をひとつ残してきらゝ波

あぶり餅炙る煙もうららなり

かげろふの中へ失せゆく一人づつ

春宵の影絵となりし木馬たち

竹秋の門よりまゐる天龍寺

うなじより人は老けゆく鳥雲に

光年といふ巻尺や星朧

高瀬川あくまで浅し朧月

石庭をまへの微睡みうららなり

うららかや百獣の王あくびして

把瑠都にも乳首が双つうららけし

リモコンがいくつもあつて春の風邪

春愁のひとひらの紙鶴にする

引鶴や別るゝために邂ひしとも

諸鳥の目覚めの中の朝寝かな

のゝ宮に恋の絵馬ふゆ竹の秋

春宵やだらりの帯とすれちがふ

爺ぃより婆ぁが元気桃の花

フラミンゴシンメトリーに水温む

大渦を見て昏々と睡るべし

春愁のビルの窓にもビル映る

いかなごの釘煮といふも無慚なり

少年の日のローマ字日記鳥雲に

火の山に火のなきけふや鳥雲に

喪の花と知る筈もなき胡蝶かな

みちゆきの蝶双つゆく風の中

春宵の家路をいそぐ理由なし

春を寝て未生以前を旅してをり

春風やたまさかに買ふ時刻表

春昼の一人に蛇口一滴音

旧かなの名札掛けゐる苗木売

蛇出でてやさしき婆の死を知りぬ

ひたぶるに鋤きかへすひと鳥雲に

蝶一つたゞよふ千の無縁塚

高層街衢さがしものする胡蝶かな

新宿に来て蝶に逢ふ日和かな

初蝶のほか皆止まる時間かな

木の家の木の芽風聞く隙間かな

蜥蜴出て念仏寺は石だらけ

くちづけの間にくづれけり蜃気楼

濡れてゐる真闇さくら咲きつつあり

蝶のやうにふわふわふわふわしてゐたし

目借どき振子時計の振子音

弾き手なきグランドピアノ春の昼

野遊びや家族の減りて犬増えて

耳掻きの尖の探れる朧かな

月浮かみゐて日の本の朧かな

生くるのも面倒くさき朝寝かな

穴を出て蛇全長を日に晒す

琴のやうなる舟のゆく春月夜

春休み風のなまへを蒐めけり

あをあをと潮満ち来る初櫻

言霊の駆けぬけてゆくさくらかな

秒針の音聴き澄ますさくらかな

老人のなにかつぶやく初櫻

老人の目のすぐ潤むさくらかな

ひとつぶの雫の中の花月夜

ほつこりとして鍵善に花の昼

まれびとを待つ花冷の京都駅

水のんで我が身の内も朧かな

手のひらに大河を掬ふ日永かな

永き日や富士の横顔見えてをり

面映き枝垂櫻の笠のうち

まなうらに枝垂れてやまぬ櫻かな

たましひの遠出したがる櫻かな

口開けて口の数だけ燕の子

大寺の屋根まで飛べて雀の子

恋猫の鳴きごゑ黒し月白し

ユニクロにステテコ買ひぬ春の風

来てみれば果して散れる山桜

コンピュータルームに癒えし花疲れ

桜鯛紀淡海峡晴れきはまる

鯛の腹きれいに裂かれ花の昼

板前はむかし美男子花の宿

タクシーを拾ふ女人や花しぐれ

一力に停まるハイヤー花の雨

周恩来詩碑もしとゞに花の雨

長堤の果は天なるさくらかな

ぬばたまの闇もひしめく櫻かな

いもぼうを出てふたゝびの花月夜

散つてゆく花一片のものがたり

校庭に花理科室にスケルトン

花冷のつながつて出るティシューかな

花冷や切子のグラス出してより

花冷やふらんす窓の半開き

花人の中に亡き人ゐるやうで

いとはんも又こいさんも花衣

待ち合すフラミンゴのまへ花衣

陽炎や薄暮ゲームと云ひしころ

赤き蟻黒き蟻出て交はらず

岬にも四五戸住みなす初つばめ

かにかくに白川が好き春の鴨

しづかなる牛の反芻春の昼

ふりむけばすべてまぼろし花の道

京おどりあしたは都をどりかな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME