田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像2月

空席が一つ密かに冬去りぬ

切結ぶ竹の音聴く風二月

北野より平野へまゐる厄落し

豆打や闇がたぢろぐ闇の中

やらはれし鬼見失ふ人の渦

風光るまだ傷だらけなる山河

がうがうと篁鳴らし春立ちぬ

立春のなかなか立たぬ卵かな

島原の大門くゞる捨仔猫

眼が合ひて忽ち有縁捨仔猫

屋根づたひどこへも行けて恋の猫

ひそかなる逢瀬の後の春の風邪

しら梅のあすにほころぶ気色かな

春雪霏々と鬼はまだそこにをる

佐保姫の覚めて奏づる深山川

抱擁のあなたに海市崩れ初む

この辺も京都市と云ふ数珠子かな

蝌蚪いまだ蝌蚪より知らぬ蝌蚪の国

蝌蚪に手が出てもう魚にはなれぬ

いくさ経し不死身の人の春の風邪

三条に大橋小橋春しぐれ

春浅き雨のひそひそ降りにけり

春泥の小径の果の縁切寺

母子草かなしき人の名づけけむ

春のゆめ空を游いでゐたりけり

春はあけぼの珈琲はアメリカン

風船が逃げるシンデレラ城の上

いつしかに切れにし縁紙風船

東風さむき白梅町といふところ

ゆつくりと疑問の育つ物芽かな

鳥雲に河は苦しく蛇行せる

水筒に小さな磁石鳥雲に

流氷の天も動いてをりにけり

いそぎんちやくの美しく飢ゑにけり

手抜きなくお玉杓子の手の生ゆる

長湯してふやけしおゆび牡丹雪

淡雪や更けてはなやぐ祇園町

春燈のともりて昏き先斗町

恋猫の舐めてはなほす恋の傷

七曜のめぐる早さの物芽かな

湯上りのかほを向けたる春満月

鞍馬路はけふも雪積む木の芽和

順々に死ぬと限らず春疾風

鳥獣に春いまだしき高山寺

日本はご飯の國や花菜漬

初午やすゞめ焼く香の裏参道

タンポポも占領されし平和かな

しやぼん玉飛べば蒼茫たる亜細亜

白梅に醒め紅梅に惚けたる

残る鴨勇の詠みし水にかな

柩窓開いておけば囀れる

春の夜のすぐに泣くひと泣かしけり

受験子の眼中になくすれちがふ

春風や手乗文鳥手にのせて

龍馬遭難之地とのみ春疾風

東京に春の雪積む秘史ありき

虻が来る己が羽音のうしろより

ぶらんこや横浜沖を飽かず見て

かへりみて蜷の道にも似たること

点滴の永きひととき百千鳥

ギモーヴちふ仏蘭西の菓子春の風

くもりのち晴れてときどき春愁ひ

空港に汝と別るゝ花粉症

鳥雲に時差の向うの子をおもふ

母子草母逝きてより目につきて

万年を生きてゐる亀ときに鳴く

固まつて其処が都や蝌蚪の国

カナリアは歌を忘れず木の芽風

かざぐるま恋とは風のやうなもの

春の夜を更かす源氏のものがたり

天平の色となりゆく春野かな

料峭に架かりて長き渡月橋

西陣の路地の奥まで梅の東風

朝寝して三本立ての夢を見て

亡き数のひとを娶りし春の夢

春燈やをどる姿の京人形

京をんな成る程いけず春しぐれ

鴨川の鳥しらじらと春炬燵

山河けふ力抜きたる雨水かな

春雷や地下街にまた地下がある

春装のひと鏡より出でゆきし

春愁の一指にまはる地球かな

カーテンの色変へてみる春愁ひ

サイパンに戦死と墓銘忘れ霜

虚しさの一隅に蒔く花の種

接木して人生のどの辺りなる

もぐらにも戦がありて土匂ふ

豚落ちて黄河の春を泳ぎけり

東風吹かば出船ま近き遣唐使

もゝとせの小町の像や去年の雪

雨だれの音楽となる朝寝かな

かざぐるま不意にシャネルの香りして

ハーモニカ拙きが良し春夕焼

春の夜や髪かきあぐる女の香

白杖は道たがへざり百千鳥

三十六峰みな名をもちて霞みけり

あばら家へぶらりと寒の戻り来る

撫で牛は石のつめたさ梅白し

とことはの父母の留守春落葉

をりからに三味の音漏るゝ春燈

うらうらと茶碗は買はで茶わん坂

寝ねがてに須磨之巻など夜半の春

あをあをと冴返る空ありにけり

縁とは絆とは鳥雲に入る

ひとひらの波ひとひらの桜貝

春風や生八ツ橋を焼く香り

春暁の花のやうなる炒玉子

春の日を阿修羅にまみえ面映し

春月を眺めてをれば二胡噎ぶ

春光のさゝ波なせる千枚田

龍馬の目切れ長にして沖霞む

叱られしこと早や忘れ仔猫かな

仏飯を喰ふ捨仔猫喰へばよし

料峭の候とひとひら喪の葉書

料峭や紙の葬花の紙の音

淡雪やはんなりといふ京言葉

うすらひを女人は踏まず直指庵

恋猫の鈴の高鳴る真くらがり

おほいなる手に春河の蛇行せる

春の艸紙ヒコーキの不時着す


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME