田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

10月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像10月

鳥は翔び人は歩みて菊日和

十六夜の家路をいそぐ理由なし

のゝ宮に恋の絵馬殖ゆ竹の春

十月を十色に装(よそ)ふ乙女たち

日の本の色となりたる熟柿かな

うつくしき山の容(かたち)の秋思かな

ひとつぶの栗の貫禄丹波かな

古民家の秋の昼寝によき柱

木の家が木の音立つる夜半の秋

百年の生家の闇のつづれさせ

祇王寺の庭より昏るゝ竹の春

かにかくに白川に散る柳かな

秋晴やキヲスクに買ふ握り飯

忘じたるひとの名一つ秋の虹

弥次郎兵衛静止して水澄みにけり

酒あたゝむ朱鷺の滅びし話して

明朝体うるはし灯火親しめり

釣瓶落し宇治の早瀬に見了んぬ

初鴨や洛北の水青まさる

色鳥の色に焦がれてわび住める

髪切ればこころも変る鵙日和

コリーにも笑顔のありて花野風

乗換へてまだ蹤いて来る草虱

ふりむけばすでにたそかれ柳散る

竹春の門よりまゐる天龍寺

生きて死ぬそれだけのこと天の川

わらんべのうしろの正面秋の暮

末枯や結びたる実は朱を尽くし

黄落の水の迅さとなりにけり

デッサンの線走らする黄落季

柳散るぎをん新橋巽橋

鈴虫や寝物語のとぎれがち

百獣の王の瞑想秋深し

ねもごろに紅を注しゐる竜田姫

粧へる山ふところの荼毘の径

祇王寺の滝口寺の初もみぢ

秋燈や芸妓老いたる畳の上

月だけが知る道化師の素顔かな

光陰の外(と)に掛かりゐる鵙の贄

鵙の贄人目に触るゝ高さにて

好晴のつづく秋思のつづくかな

この空を日本晴れとふ秋茜

化野やきのふのけふを秋時雨

くちなはの眼の恍惚と鵙の贄

をはりあればはじまりありて鉦叩

秋深き音をあつめて地獄耳

冷やかに君のきのふを見てゐたり

おもひだす女の体温火恋し

柿干して御歳百になりたまふ

この辺りむかしのままや木守柿

秋耕の一人を攫ふ岳の影

深秋の一人に一つ影ぼふし

蟷螂が畳に遊ぶ天気かな

身のうちの鬼を宥むる温め酒

誰れ彼のそびらがとほし秋の暮

爬虫類つぶさに視せて秋日影

啄木の見し天才の秋雲よ

しづけさやわが頭の内も虫の声

読みさしに戯曲閉づれば虫時雨

何もたらすや霧のなか霧うごき

日の丸の美しかりし初嵐

家ぬちにちちろ鳴きをり鳴かしおく

耳塚の更けて虫の音すさまじき

草の絮空想旅行してゐたる

をみなごのやうな観音初もみぢ

露の夜の星にも生死ある話

死火山にしてめくるめく紅葉かな

あをあをと蟷螂飢ゑてゐたりけり

なんとなくイエスに似たる案山子かな

石に坐し石を見てゐる秋思かな

銀漢や抜けし一歯を屋根に捨つ

行く秋を淋しきをんな太りけり

木守柚子一つが空に充満す

穂芒のあつむる風のやはらかし

明く暗く桜もみぢの盛りかな

ひとづまと訪ぬる嵯峨の紅葉寺

稲妻のふところ深き丹波かな

秋惜しむ骨董街をたもとほり

鳴き砂を鳴かせて秋を惜しみけり

つぎつぎに舞ふ草の絮白昼夢

松手入せし香あふれて妙心寺

いわし雲胸一杯にひろごれる

孤りとは耳敏きこと秋深し

水バーに水を味はふ銀河かな

化野に蝶見てよりの秋思かな

この秋思よみひとしらず読みてより

薄目にて猫の窺ふ夜長かな

好く晴れて無性に秋刀魚食ひたき日

亡き数のひと恋はしむる夜寒かな

水面より昏れて近江に秋逝きぬ

時代祭錦の御旗遠目にも

時代祭日本晴れとぞなりにける

時代祭信長公がメガネして

二階には二階の風や雁渡る

秋燈や自問自答の夜も更けぬ

霧の夜の掌の中の手の繊かりし

キネマ出て釣瓶落しにまぎれけり

死ぬ人の聴き澄ましゐる鉦叩

秋はたけなはひつそりと人の死す

神妙に猫のはんべる障子貼り

后陵秋のてふてふ頻り舞ふ

乙訓の風あをあをと竹の春

野仏の久遠の微笑(みせう)小鳥来る

愛憎のあはひを揺れて曼珠沙華

鬼の子の鬼ともなれず揺れてをり

壁のなか水の音して無月なる

星流れ胸のくらがりヒヤリとし

流星やいまはのきはに分ること

傷みたる木馬もまはる秋夕焼

傷みたるたましひに酒温めむ

白はちまき紅はちまきに天高し

菊月のうつくしき飯供ふべし

飲食(おんじき)の短さ夜の長さかな

霧といふ真白き闇の中にゐる

晩秋や塔より塔の影長く

化野の濡れては乾ぶ秋しぐれ

半泣きのあを空ありて冬近き

加湿器の湯気うつくしく秋ふかく

しみじみと掌を見て秋深し

しづけさのさびしさとなり秋暮るる

一杓の水もすさまじ三千院

すさまじく昏れて新宿ビルの底

猫抱きて猫につぶやき秋惜しむ

玲瓏と霜降の空ありにけり

初鴨や洛北の水青まさる

更けてより華やぐ祇園柳散る

ひとけなき花魁の墓櫨紅葉

もみづるや奥嵯峨の雨しらしらと

昧爽に醒むるこのごろ草雲雀

剥げさうな季寄せの表紙冬隣

冬帝は比叡より京を窺ひて


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME