田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

9月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像9月

斎場へつゞく矢印秋の風

秋風の京に七口ありにけり

歩まねば径も消えゆく秋の風

秋風や一つ喪ふ永久歯

坐しゐても心そぞろや萩の風

銀閣に銀箔あらず秋のこゑ

京町家奥に鈴虫鳴かせをり

鈴虫や夢のはじめに水流れ

各駅に停まる虫音に停まるかな

止まり木に女がひとり月の雨

上野発芋煮会へとかへる人

ピエロまだピエロのままの夜食かな

いまに死ぬ人も残る蚊を払ひぬ

秋郊や雲の影追ふ雲の影

化野のまつくらやみの鉦叩

落柿舎の殊に裏手の虫しぐれ

狐面つけてまぎるゝ秋祭

秋めくや海のもの着く二條駅

空のまほらへ秋蝶のさやうなら

さらばてふ男のことば秋燕

月光に髪光るまで母老いぬ

眼に耳に髪に膚へに秋立ちぬ

ありなしの風に我揺れコスモスゆれ

唯一語さがしゐる夜の虫音かな

見えてゐる一樹が遠し秋の蝉

かなかなや鏡の奥の幾山河

銀河より漁火ひとつ帰り来る

久闊の送信二秒天の川

横浜の九月の沖を見て飽かず

秋蝶を日暮れの色に見失ふ

海月浮く赤き灯青き灯に染みて

遠き日の遠き秋雲見てゐたり

遮断機降りてたちまちの秋の暮

夕顔にひそと裏寺通かな

流星や十七文字の訣れの詩

花野ゆくいつか一人になる二人で

秋の夜の振子時計の振子音

まだ過去にならぬ移り香秋扇

露の身の一夜の髭を剃りにけり

鈴虫や身ぬちの水もせゝらげる

くもりのち小鳥来てゐる金閣寺

沖遠く縛ひとつ解く立泳ぎ

秋水や過ぎ去りてゆくものばかり

きぬぎぬを少し雨降る草雲雀

芋の露笑ひ転ぐる時空かな

西鶴の日に穴に入る蛇を見し

八千草のどれもゆかしき名をもちて

この道になまへはなくて明治草

稲妻のふところ深き丹波かな

まつすぐに逃げたる猪は撃たれけり

からだよりこころ疲れて螻蛄の夜

あした死ぬ蜉蝣に透く夕山河

嫌なことばかり思ひ出す熱帯夜

生國はちちろの鳴けるやさしき闇

ちちろ鳴くやはらかき闇を生家とす

赤蜻蛉群れてゐて空しづかなり

腕時計の数だけ時のある雑踏

コスモスの揺れてまぎるゝコスモスに

うかうかと昏れかゝりたる茸山

草相撲痩せぎすの子が勝ちに勝ち

花道や背なで泣きをる負角力

星月夜地球の上に椅子を据ゑ

放たれし囮のとまる囮籠

新涼の弦を一本締めなほす

精魂の充満したる葡萄かな

実柘榴の見事裂けたる吉日なり

秋風や子の耳朶に穴ふたつ

萬籟の中まぎれなし鉦叩

蝗に手汚し昭和のをとこかな

虫売のそれは静かな男かな

抜けし歯は銀河の屋根に捨つべかり

大花野こどもがふつとゐなくなる

花野風ここは鈍行のみとまる

のら猫にノラと名づけて花野かな

鳳仙花一所懸命爆ぜにけり

恐竜展見てゐて残る蚊に喰はれ

初鵙に紺碧の空ありにけり

ひとけなき松虫草の盛りかな

秋高く風のせゝらぎありにけり

長き夜の猫とはオセロできぬなり

ゆつくりと地球は傾ぎ鳥渡る

雁渡し老婆が吹くと云へば吹く

久闊を叙する松茸づくしかな

松花堂弁当に秋闌けにけり

忘れてもいいことばかり草の絮

蓑虫の揺れゐて遠き昭和かな

一粒の露の中なる太虚かな

地球まろく葡萄一粒づつまろし

凶年をきれいな蝶の舞ふことよ

落鮎の落つる離宮の畔かな

小鳥来て弘法さんの日なりけり

しらしらと嵯峨野の雨や新豆腐

北嵯峨の竹伐る音を巡りけり

名にし負ふ蛇塚にして穴まどひ

日の本の秋の暮なる藁火かな

しんしんとして人恋し火恋し

くもりのち晴れてときどき秋愁ひ

大陸の匂ひするなり落花生

水澄みて近江に富士のありにけり

声量のゆたかなる空鳥渡る

自分史に落丁の章蚯蚓鳴く

水筒の番茶がうまし野菊晴

医のゆるす一合の酒温めむ

一服の向精神薬露けしや

右手より左手冷ゆる理由あり

秋雲や十で神童いまいづこ

まぼろしの竜よ麒麟よ天高き

父が炊き母に供ふる零余子飯

あさつてに食べ頃になるラフランス

残る蚊の刺す盲点といふがあり

霧の夜の抱き寄せやすき肩なりき

わが推理迷宮に入る夜長かな

どぶろくや此処は銀河の番外地

わが愛すジャン・コクトーという爽気

コンピュータひとり働く星月夜

金銀の鯉のたゆたふ月今宵

黒猫の眸の金色(こんじき)の無月かな

ひとりとは耳敏きこと秋のこゑ

みづ色の空そら色の水小鳥来る

風の名もかはりて鮎は落ちゆけり

長き夜の猫のお相手致しけり

詩の話より死の話へと夜半の秋


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME