田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

7月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像7月

ゴリラは怒つてゐる我は氷菓舐む

金魚死す或る日誰かの身代りに

あの世とはきつと退屈走馬灯

プール蒼く静かに世界記録生む

室町も二階囃子の夜風かな

夏祭をとこに風の立ちにけり

狂ほしく火蛾舞ひをれば死が近し

てふてふに疲れの見ゆる西日かな

遺されしものに子猫と扇風機

佳き日なり錦市場に鱧買うて

らふそくの火が一つ百物語

胆試しすれちがひしは誰ならん

いうれいに訊ねてみたる落し物

避暑の宿ピンポンばかりしてゐたる

日盛りの御町内ちふしゞまかな

旱天や紙の葬花の紙の音

遠花火あなたは別のことおもふ

国捨てゝ来たりし夜の蟻である

気がねなく余生をつかふ端居かな

こどもにも掬へて鮴を煮る母郷

口あけて口の数だけ燕の子

涼しさの譬へば窓のある封書

日盛りの蟻の仕事のしづけさよ

ほととぎす智恵子の空を鳴きわたる

まつすぐな胡瓜つまらぬ世となりし

骸骨に袋かぶせて夏休み

学校はいうれいのもの夏休み

母の眸に少しく痩せて帰省かな

蜘蛛の囲のかなた落日落ちかぬる

西方を探りあてたる蚯蚓這ふ

夕景のいつしか夜景ビアホール

夏痩て火の酒いよゝ美味かりし

空蝉にこころばかりの雨水かな

頭の中を真つ白にして蝉が鳴く

けふの蝉かの日の蝉や忌を修す

また太き雨が降るなり鉾祭

仏壇のまへに昼寝も母郷かな

玻璃戸にも汐の香りや避暑の宿

病葉のかへる土なき夜の底

やすらかに過ぎてゆく日々夏落葉

すつぽんの生血カクテル暑気払ふ

このやごがあの蜻蛉になる恐ろしき

風鈴や筆と硯と佳き墨と

斎の座に酔ふ鰻屋の二階かな

いま打ちし水いま消ゆるこの世かな

無人島ひとをゆるして夏旺ん

眼下夏海あをあをと魔が誘ふ

やまとんちゅと呼ばれ泡盛ふるまはれ

見事蝿打つて大御歳九十(大御歳=おほんとし)

蝿打つてなほ存ふるおぢいさま

曝書して昭和時代を旅してをり

考への空白くらげ浮きにけり

いちづに空青く背泳孤独なり

つかの間の端居をよぎる過去未来

なめくぢの道月光の縁にかな

案の定百足の出づる長雨かな

根の国を出でしばかりに蚯蚓死す

永らふは兜なき雌かぶとむし

見てしまひぬ毛虫の一つ二つ百

溽暑なる白熊さほど白からず

病葉や白一色のニュータウン

ジャズときに騒音となる大西日

片蔭や夢をむさぼる白き猫

道覆ふ片蔭なせり獄の壁

もの言へば悔になるなり遠花火

手花火の向う三軒ひとりつ子

しまひまで線香花火よくよく見る

地下出でて祇園囃子をふりかぶる

亡き数のひとの空似も祇園会や

けふは未だ宵々山の嬉しさよ

宵山をぬければ京の真くらがり

清正の鎧も屏風祭かな

鉾廻す男のきほひ佳かりける

こいさんも初の浴衣の三姉妹

浴衣着てむかしは男前なりし

簡単服ひとは首筋より老けて

外寝して宇宙に暮らす人おもふ

化野の仏も灼くるこの世かな

たゞ灼けて芹沢鴨の小さき墓

炎熱や歯並びの良きされかうべ

釜ン座の釜に蓋なき劫暑かな

炎天へふらんすの水買ひにゆく

蝉しぐれ葬始まりて葬了る

たゝなはる山たゝなはる蝉時雨

蝉鳴けり寿限無寿限無と蝉鳴けり

仰向けに死ぬるしあはせ蝉時雨

冷素麺ひとりぼつちのしあはせよ

ハイヒールに足踏まれたる巴里祭

子かまきり無数のその後知らざりし

太陽を一個残してラムネ干す

魁けて滅びたるもの遠花火

天体となれぬ砲丸雲の峰

はしたなく斎の座に酔ふ鱧の皮

ハツ心臓こころを食べて暑気払ふ

骨相といふ貌のある大暑かな

ゆふべのこと蚊遣香の灰の渦

嵐山模す箱庭も暮れゆける

釣堀の臭ひここらを場末とふ

ピエロまだピエロのままや月見草

エマヌエル夫人がひとり砂日傘

風待ちのサーファーの来るグリルかな

揚花火少しく倦みて闇を見る

青嶺より母郷の青嶺見て飽かず

蝉やめば水音するどき貴船川

あす死ぬる蝉もをるらむ蝉しぐれ

うかうかと独酌の手を蚊に食はる

父あらば酌み交はすべし洗鯛

青葉闇ふつと東西見失ふ

京ことば舞妓は炎暑やりすごす

永眠の片身を照らす夜の雷

片蔭や半分開きし町家の戸

蚊火の灰のこる今生といふところ

懈怠なく生きゐて蟻と蟻地獄

碧空を泳ぐたましひ仰向けに

一掬の清水に冷ゆるたましひよ

滴りに濡らして嬉したなごころ

女傘もつ面はゆさ朝の虹

涼風や手ぶらで歩く二年坂

地球儀をひつぱたきたる劫暑かな

ここちよきほどの空腹昼花火

薄命の遊女に供ふ著莪の花

たましひのやをら戻りぬ昼寝覚

一汁一菜一人暮しの涼しさよ

幽霊も汗をかくらし夏芝居

人形の瞬かざる眼熱帯夜

地下街にまた地下のある熱帯夜

やることもなくて熱帯魚争へる

掛香や灯りて昏らき先斗町

網戸よりわたしの不在わが覗く


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME