田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

4月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像4月

草色のもの草に棲み春深し

吟行の一人はぐるゝ春深く

四月馬鹿嬉しきことをひとの言ふ

花人の中に亡き人ゐるやうで

見まはして亡き人はなき櫻かな

京をどり明日は都をどりかな

ひとつぶの雫の中の花月夜

言霊の駆け抜けてゆく櫻かな

十万年狂はぬ時計四月馬鹿

リモコンがいくつもあつて春の風邪

水中に風ある如し上り鮎

春愁のまなざしビルにビル映る

いかなごの釘煮と云ひて無慚なり

老人の何かつぶやく初桜

秒針の音聴き澄ますさくらかな

石なべて墓にぞ見ゆる花のもと

たましひの遠出したがる花の雲

しらじらと夜はまなうらも桜冷

コンピュータ・ルームに癒ゆる花疲れ

フラミンゴシンメトリーに水温む

賀茂川は鴨川となり水ぬるむ

看板にまむし注意と山笑ふ

あなうらに踏みてつめたき春の海

をとめごの踵ましろき春の波

いくさ経し不死身の人の春の風邪

一合は宥されてゐる目刺かな

縁とは絆とは鳥雲に入る

春宵の影絵となりし木馬たち

竹秋の門よりまゐる天龍寺

長堤の果ては天なる櫻かな

りんくうインターチェインジ蝶迷ふ

うらうらと茶碗は買はで茶わん坂

鄙よりも都会は淋しリラの花

リラ冷やひとりの似合ふ夜の街

春昼の柱を背なにまどろめる

花屑や仁王の踏まふ天邪鬼

ほつこりとして鍵善に花の昼

花曇弥勒の微笑とこしなへ ※微笑=みせう

のゝ宮に恋の絵馬ふゆ竹の秋

ゆくりなく西行庵に花衣

花の寺柩が一つ出でゆきぬ

散つてゆく花一片のものがたり

一切を水の見てゐし落花かな

久闊を叙する御室の櫻かな

ひとづまと訪ぬる奈良の八重櫻

渦潮を見る昏々と睡るべく

観世音菩薩なで肩春の虹

鍵善に真向ひなりぬ花衣

花の上にまた花の散る逢瀬かな

ぬばたまの闇もひしめく櫻かな

寝ねがてに須磨をひもとく夜半の春

鳥雲に志賀に漣あるばかり

つばくろの思ひの丈に翻る

春愁のひとひら白き鶴にして

花散りて猫に猫撫で声もどる

花散るや星の瞬きしきりなる

いづれ皆行くべきあなた花筏

母が行きすぐ父が行く花筏

をりからの三味の音漏るゝ春燈

花疲れアイスクリーム所望して

花疲れ花の真中に瞑れる

東山ゆらりとありぬ花篝

根元より御室櫻の盛りかな

百万個の対人地雷春の土

ピッコロの音フリュートの音風光る

母郷より字も失せし初燕 ※字=あざな

初つばめ百万石の城下かな

爺ぃより婆ぁが元気桃の花

忌中より忌明淋しき残花かな

たれかれの少し狂ひて花月夜

蝌蚪泳ぐ足生えたれば足つかひ

雨降れど鳴かず動かず雨蛙

大濁りして春告ぐる最上川

しんがりに笑ふがならひ比叡の山

やまざくら山の奥とは天の奥

生臭きものなまぐさく春めけり

真水浴びをんなに戻る陸の海女

少年とわたしの秘密小鳥の巣

諸鳥の目覚めの中の朝寝かな

引鶴や別るゝために邂ひしとも

占ひに開くてのひら星朧

どこまでも遠浅の海春の夢

揺り椅子に春の愁ひを揺らしゐる

かの人のその後を知らず花筏

レガッタの早やも日焼けし男たち

鳴き砂を鳴かせて春を惜しみけり

蝶一つゆく幾千の無縁塚

二の腕に風こそばゆき草若葉

人民に柳絮ふゞける虚空かな

たんぽぽの絮禅僧の鼻の先

たんぽぽの百に坐りて一人なり

遠蛙大きなしじまありにけり

遺されてとりわけ哀し春衣

春の長雨ポスターに迷ひ猫

春風やたれか我が名を呼ぶ如し

油掛地蔵照らひて春暑し

西方へ仔猫探しに行つたきり

鳴いてゐし仔猫のゆくへご存知か

仏飯を喰ふ捨仔猫喰へばよし

夕鐘の余韻の永く春深く

草いろの蛇見うしなふ春深く

火の山に火のなきけふや雲に鳥

一身のしとど濡れたる花吹雪

西へ西へと奔流の花筏

うつつより夢にぞ匂ふ残花かな

イタリアの国旗お洒落や花は葉に

葉桜やサンドウィッチですます昼

風青し杜の都のスタジアム

しやぼん玉午後のまろび寝つゞきをり

少年の日のローマ字日記鳥雲に

タンポポも占領されし日本かな

ユーラシアの中の日本柳絮とぶ

カサブランカ挿して女の匂ひ消す

産土神(うぶすな)の水を守りて源五郎

滾ちつつ一期の鮎をのぼらしむ

とある日の仏足石に蜥蜴の尾

毛虫焼きゐて美しき虚空かな

喪疲れは頬に出でゐてサングラス

ハーバーに風を見てゐるサングラス

夜の蟻這ひて白布を哀しうす

書くこともなしと書く日記夜の蟻

パルテノン神殿さして蟻の列

夥しき蟻を集めて何の死か

都をどり丈高き妓もふえにけり

葛切や祇園の燈しうつくしき

青柳や舞妓に出逢ふ小橋の上

惜春の手をおばしまに嵐山

惜春のひきしほの端踏みてをり

春愁のおゆび地球儀まはしをり

洛中はおぼろのたまる器なり

箸置は小舟のかたち夏近し

お通しの酢の物の香や夏近し

春惜しむ人か四条の橋半ば

春惜しむたゞ春惜しむ外出にて

惜春の夕青空を歩きけり

野遊びのコリーに笑顔ありにけり

咲き満ちて嘘一つなき櫻かな

花冷の花見小路に遊びけり

木屋町に天丼食ひて夏隣

癒ゆるとは目刺齧ればにがきこと

別るゝや逢ふや霾るこの街に

切株に知る木のよはひ昭和の日

蟻んこにかゝはりもなく昭和の日

行春や近江にいます伯母を訪ひ

ゆく春やたまさかに買ふ時刻表

ゆく春や渚にのこす砂の城


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME