田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像2月

やらはれし鬼見失ふ人の渦

豆打や闇がたぢろぐ闇の中

北野より平野へまゐる厄詣

空席が一つ密かに冬去りぬ

切結ぶ竹の音聴く二月かな

風光るまだ傷だらけなる山河

がうがうと篁鳴らし春立ちぬ

立春のなかなか立たぬ卵かな

島原の大門くゞる捨仔猫

眼が合ひて忽ち有縁捨仔猫

捨仔猫鳴くほかなくて鳴きにけり

捨仔猫名もなきままに死にゝけり

紙袋うごいてをりし仔猫かな

旧正の海ふくるゝよ舫ひ船

鴨川のうすき濁りや春炬燵

炬燵居や倦みてをんなも煙草吸ふ

ひそやかに一歯喪ひ寒明くる

阿羅漢の一つの笑ふ雪消かな

長湯してふやけしおゆび牡丹雪

雪淡し一力茶屋の黒塀に

七曜のめぐる早さの物芽かな

東風さむき白梅町といふところ

小流れの日よりまぶしき蕗の薹

母子草かなしき人の名づけけむ

屋根づたひ何処へも行けて恋の猫

累々と美しく飢ゑ磯巾着

春浅き雨ひそひそと降りてをり

淡雪や鯰の醜(しこ)の貌浮かむ

古く丸きポストが立つてゐる雪

三十六峰みな名をもちて霞みけり

遠浅の海ひねもすに霞みけり

湯上りのかほを向けたる春満月

ひそかなる逢瀬の後の春の風邪

月光に絵襖の川奔り出づ

日向ぼこいつか我が影わが捨つる

老人のその後を知らず日向ぼこ

焼鳥や名前もあらぬ袋小路

寒月を連れ帰り来し白髪かな

鬼は外鬼にはあらね背がさむし

手抜きなしお玉杓子の手の生ゆる

百歳の小町の像や去年の雪

初午やすゞめ焼く香の裏参道

朝寝して嫌ぁな夢を見てしまふ

春の夢三本立てでありにけり

春眠の空を游いでゐたりけり

淡雪と口に出だせば消えにけり

もう誰も踏まざる踏絵玻璃囲ひ

抱擁のあなたに海市崩れ初む

箸墓は卑弥呼の墓と囀るや

佐保姫の覚めて奏づる深山川

青眼に構ふる剣士春の風

旧かなの叶ふぎをんの春燈

春燈のともりて昏らき先斗町

古伊万里の猪口に酌まばや春の宵

白梅のあすにほころぶ気色(けしき)かな

春睡の舟のひく水脈ながかりし

塗りたての朱のおばしま春時雨

鞍馬路はけふも雪積む木の芽和

まつろはぬ野火蛇の如く打たれけり

しやぼん玉のこはれて消ゆるほどのこと

風船のみるみるシンデレラ城の上

流氷の天も動いてをりにけり

沐浴をせしめて濁る春大河

何者の手に蛇行せる春大河

あなどりて路に迷ひぬ雪の京

淡雪や更けてにぎはふ祇園町

三条に大橋小橋春しぐれ

濡れてよろし姉三六角春しぐれ

春の虹見やりて懈く座しゐたり

存分に歩きて春の夕焼かな

春待つや一輪挿しに二輪挿し

受験子の眼中になくすれちがふ

西陣の路地の奥まで梅の東風

白梅に醒め紅梅に惚けけり

春風や手乗文鳥手にのせて

白髭の尖のさきまで恋の猫

恋の傷舐めて治しぬ恋の猫

春雷や地下街にまた地下がある

春の夜を更かすくだらぬ本読んで

京をんなかはゆくいけず春霙

残寒や暗渠に響む水の音

枝振りを誉められてをり梅蕾む

順々に死ぬと限らず春疾風

鳥の恋嘴と嘴より始まりぬ

春宵やぎをん石段下に待ち

春宵の家路をいそぐ理由なし

春泥の径の果てなる縁切寺

春はあけぼの珈琲はアメリカン

春はあけぼの香り濃きカプチーノ

去る音を消す救急車雪の果

木の葉髪夭折といふ夢ありき

大鳥居濡らしきれずに春時雨

落ちてゆく羽毛のやうに春眠し

春燈やをどる姿の京人形

初音して夢の出口の辺りかな

春風やたまさかに買ふ時刻表

春愁やクロワッサンをちぎりつつ

カーテンの色変へてみる春愁ひ

鳥獣に春いまだしき高山寺

妙齢の月のゆらりと春の水

アザラシを見て春風邪を引いてくる

春炬燵猫に疎まれゐたりけり

ぶらんこや横浜沖を飽かず見て

とりあへず逢ふ約束や春夕焼

嬰のため老婆が吹いてしやぼん玉

生くるため競ひて鳴きぬ捨仔猫

一の丘二の丘初音連ねたる

鶯や双の丘の朝の冷え

点滴の間を目つむれば百千鳥

遠蛙ひとり酌む酒旨きころ

蝌蚪に手が出てもう魚にはなれぬ

春雪霏々と鬼はまだ其処にゐる

野遊びの度に大人になるこども

野遊びのコリーに笑顔ありにけり

お持たせの春の三時の五色豆

巣作りの蜂の一心恐ろしき

虻が来る己が羽音のうしろより

何ほどのことか人生春疾風

亡き母の常の繰り言蜆汁

日本はご飯の國や花菜漬

しやぼん玉無数に吹いて一人つ子

山河けふ力抜きたる雨水かな

かにかくに京(みやこ)好きなる春の鴨

残る鴨勇の詠みし水にかな

春の日を阿修羅にまみえ面映し

記念写真そびらに富士の山笑ふ

頭より躰をつかへ山笑ふ

龍馬遭難之地とのみ春疾風

逃水や引き返すには来過ぎたる

春日や孔雀のまへに長居して

叱られしこともう忘れ仔猫かな

みちのくに嗚呼いくたびの終ひ雪

あをあをと冴返る空ありにけり

春の夜のすぐに泣くひと泣かしけり

広辞苑六法全書春の塵

木屋町に路地いくつある朧かな

朧夜や陶(すゑ)の狸が酒買ひに

朧夜の身に九穴のありにけり

東 山 三 十 六 峰 鐘 朧

きりもなく迷路もとほる春の夢

亡き数のひとを娶りし春の夢

東京に春の雪積む秘史ありき

春の宵何かと云ひて酒を酌む

囀や柩窓とふつひの窓

鳥雲に河は苦しく蛇行せり

鳥雲に時差の向うの子をおもふ

一度きり夢うつつ聞く初音かな

春装のひと鏡より出でゆきし

撫で牛は石のつめたさ梅白し

光年といふ巻尺や星朧

鉄棒は嫌ひのままに卒業す

びいどろの魚と眼の合ふ春愁ひ

しづかなる牛の反芻春の昼

日も月も地球もまろし蝌蚪の紐

蝌蚪いまだ蝌蚪より知らぬ蝌蚪の国

死顔となりて囀り聴いてゐる

ハーモニカ拙きがよし春夕焼

木屋町やたれかれの背な朧なり

高瀬川あくまで浅し朧月

ゆつくりと疑問の育つ物芽かな

春愁の一指にまはる地球かな

日蔭より日影へ蠅の生まれ飛ぶ

猫の眼に見えゐて春の蚊なりけり


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME