田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

9月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像9月

秋風の京に七口ありにけり

秋風もなまぬるき世となりしかな

木屋町に夜蝉の鳴ける残暑かな

潜水の一人透きゐて九月かな

石庭をまへに瞑(めつむ)る昼の虫

青松の白砂を借りて蟻地獄

雁渡し老婆が吹くと云へば吹く

朝顔の紺を愛する家系かな

誰彼のそびら寂しや秋の風

銀閣に銀箔あらず秋の声

月光のダム月光の一縷吐く

眉月の産寧坂の二階かな

白鳥を研ぎ澄ましたる野分かな

歩まねば道も消えゆく秋の風

菅原道真の雷鳴りにけり

をんなよりをやま美し秋燈

真つ直ぐで大き片蔭獄の塀

薔薇崩る戦後日本といふ虚構

おほいなる斧か葉月の片男波

かなかなの奥にかなかなその奥も

法師蝉正しく鳴けり最期まで

萬籟のなか鉦叩まぎれなし

鬼の子の宙ぶらりんの流転かな

雁やうなじより人老けゆくも

秋の夜の振子時計の振子音

夜業人なべて機械のしもべなる

ピエロまだピエロのままの夜食かな

初鵙に紺碧の空ありにけり

蚯蚓鳴くさすが六道珍皇寺

小栗栖に光秀の藪秋の蛇

鬼の子を一つ垂らして如意ヶ岳

をととひはすでに昔日秋の蝉

ゆくゆくは原子に還るさやかかな

美しく且つ冷やかに眼鏡して

女医の眼がわが眼を覗く冷やかに

日帰りの旅もよろしき秋日和

犀といふ静かなけもの草の花

羚羊と礑と眼の合ふ秋気かな

老犬が老人を曳く秋夕焼

坐りゐて心そゞろや萩の風

校庭にだあれもゐない法師蝉

台風の置いてゆきたるどぜうかな

竹春の門よりまゐる天龍寺

祇王寺の庭より昏れて竹の春

いのちてふ厄介なものすがれ虫

落柿舎の殊に裏手の虫しぐれ

みちのくの星けぶり立つ濁酒かな

上野発芋煮会へとかへる人

また少し白髪の殖えてけふの月

立待の四条小橋に相逢ひぬ

止まり木に女がひとり月の雨

絵本より絵の飛びだして良夜なる

黒猫の眼の金色(こんじき)の無月かな

肌触り良き宵闇のくらさかな

やじろべゑピタリと静止水澄めり

いとうりが曲がり初む詩となるために

花道や背なで泣きゆく負角力

痩せぎすの子の勝ちに勝つ草相撲

夢に聞きうつつに聞ける月齢子

鈴虫や夢のはじめに水流れ

各駅に停まる虫音に停まるかな

きぬぎぬのもの言はざれば草雲雀

鬼のゐてうはばみもゐる濁酒かな

酒温む朱鷺の滅びし話など

コンドルが金網を咬む秋夕焼

法師蝉行く手にまたも男坂

北行きを上ルと云ひて秋暑し

久闊を叙する松茸づくしかな

松花堂弁当に秋闌けにけり

鵙の贄人目に触るゝ高さにて

八千草のどれも床しき名をもちて

星流れ千夜一夜のものがたり

自転車で2マイル帰る銀河かな

セロ弾きがセロ抱きて寝る星月夜

うつくしき山の容(かたち)の秋思かな

刑務所の端に佇つひと草の花

秋めくや海のもの到く二條駅

秋雲や十で神童いまいづこ

宵闇の窓辺にをれば二胡噎ぶ

放たれし囮のとまる囮籠

秋灯の中のひとりやニューヨーク

室町の町家も減りぬ秋簾

秋の夜の更けゆく丹波ワインかな

秋晴のわざわざ焦がす御飯かな

調律の済みしピアノの秋の昼

空のまほらへ秋蝶のさやうなら

 

〜暫し短歌を〜

秋の夜の振子時計の振子音いのちを刻む音とこそ聴け

木の家が木の音立つる秋の夜半寝返り打てばわが骨も鳴る

耳塚は耳を葬りし塚にして夜ごと哀しく虫すだくなり

十人の乙女十色に装ひてそれぞれ行けるそれぞれの秋

死人花捨子花とも呼ばせおきて曼珠沙華はけふも真くれなゐ

死が近き蟷螂なれど怒る時なほ青眼に構へたりけり

 

かにかくに子供少なき世なりけり後ろの正面だあれもゐない

し残しの季節外れの花火して一人で遊ぶ一人つ子をり

火葬場にレストランありて飯食ひぬ荼毘の順待つ不思議な時を

つまるところ脳も躯も電動なり吾等とASIMOなにほど違ふ

別るるも仕合はせなりぬこの銀河に出逢ひしことのそもそも奇蹟

金閣に金箔あれど銀閣に銀箔あらず秋深むかも

 

誰でもよかりしと人殺す者も顔洗ひ歯を磨き飯を食ふ

昭和ブルース唄つてほしいとママは云ふ客の少なき雨夜はいつも

白魚のいのちもろとも透ける身の死して真白くなるもかなしき

ゆつくりと地球は傾ぎ白鳥の渡り来る空開き始むる

いづくにか手袋の右手(めて)喪ひて捨つるほかなき左手(ゆんで)となりぬ

なんぴとが始めに此れを食ひしかと生ける海鼠をまざと見てゐつ

 

沖縄は哀しき磁場か米国もはた中国も引きつけて止まず

いくたびも見遣りし日ありいつしかに忘じてゐたる鵙の早贄

♂は死に♀はしつかり生きてゐる やつぱりさうか カブトムシさへ

かにかくに祇園は昏らし新橋に恋人を待てば警官の来る

あす世界が終るとせばいつものやうに酒酌みてセブンスターを吹かすだらう

なんとなく既視感のある異人街われそつくりの男に出遇ふ

 

名にし負ふ蛇塚にして穴惑ひ

石庭の石鳴いてゐる虫の秋

秋天に宙ぶらりんの男ゐる

まぼろしの龍よ麒麟よ秋高し

秋高くして恐竜は鳥になり

天高く一塵のごと吹かれゐる

誰彼にひとひらの背な秋の風

色鳥の色に焦がれてわび住める

あさつてに食べ頃になるラ・フランス

一粒の栗の貫禄丹波かな

流れ星たかが人生ではないか

釣瓶落し宇治の早瀬に見了んぬ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME