田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

8月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像8月

八月の波とたゝかふ砂の城

八月のしやぼん玉吹く媼かな

空缶を蹴つ飛ばしても夏終る

ひきしほを踏みて足裏の夏惜む

波は己(し)が重みに崩れ夏の果

さびさびと立泳ぎして遙か見る

三伏やゴッホの絵より火の匂ひ

酒飲んで晩夏の恋は忘るべし

旱天や眼科に昏き検査室

また変る香水の香に謎めけり

鞍馬天狗に遇へさうな青葉闇

かなかなのこゑのみ透きて杉襖

ふり向けば既にたそかれ秋の蝉

藻の花やむかし河童のゐし辺り

無数なる足痕あらん蟻の道

九官鳥よ暑い暑いと云ふでない

鱧食うて鱧とは如何な魚と訊く

鮎食うぶ作法のごとく見目褒めて

忌を修しとゞのつまりの冷奴

サンダルについてきし砂夏終る

避暑の宿ピンポンばかりしてゐたる

囲の成りて蜘蛛の孤独の始まりぬ

面白う生きよと糸瓜曲がり初む

決めかぬる明日シャワーを全開す

一厘の利子通帳にひとりむし

本名は誰も知らざるサングラス

シャツ真白ちかぢか父になる男

夜の端居美空ひばりを口吟み

骸骨に袋かぶせて夏休み

蛇口みな虚空を向きて広島忌

満室のカプセルホテル原爆忌

かはたれの濃き珈琲に秋立ちぬ

猫抱けば猫の毛抜くる残暑かな

坂道に影の蝶生(あ)れ長崎忌

裏町の釣堀にほふ残暑かな

はるばると帰り来たりぬ草虱

過去帳に水子がひとり茄子の馬

稲妻や女に別の貌がある

饂飩にもきつねとたぬき西鶴忌

金魚掬ひこときれたるも漂へる

昃(ひかげ)ればかくも淋しき秋の苑

秋岳の昃りやすき眉間の皺

ゐぬ人と酌みかはしけり盆の月

坂道に喘ぎ六道参りかな

露の世に坐りなほして飯を食ふ

白露やたまたま人に生れけむ

革命の夜を霧うごく霧の中

炎天ゆ熱きもの塗り地(つち)なほす

氷菓舐む暫し自分を甘やかし

刑務所のほとりに佇てる白日傘

ばつたりと叔母に出逢ひし墓参かな

曽祖父もいます家族の門火かな

東京の空のすがしき盆休

母郷いま従兄の代なり盆の月

東京に不二見えてゐる終戦忌

金閣寺道にをろがむ大文字

大文字やたれかれ拝む橋の上

束の間の逢瀬となりぬ大文字

ふり被るかなかなしぐれ火の如し

しんがりの流灯をさなの如く行く

蜻蛉ふゆ白壁つゞく酒屋町

まぼろしの巨椋(おぐら)の池の秋茜

存在をかそけくすれば蜻蛉来る

芋の露笑ひ転がす天下かな

みちのくの或るみちのべの男郎花

大青嶺わが動かねば近づけぬ

夏野行く止まれば忽と老くべかり

雲の峰をんなが四股を踏んでをり

夏負けや絶壁としてビルが屹つ

残る蝉惜しむ蝉なり雨に鳴き

あまねく主はいます糸瓜曲がり出す

天衣なる霧霽れ摩周ブルーかな

正視してをとこ心の桔梗かな

新涼のイノダコーヒのテラス席

終りあれば始まりありて鉦叩

鈴虫にすなほに寝ねし家族かな

松虫や清流の香の仮枕

ちちろ鳴く闇に馴染めるまなこかな

ぬばたまの耳塚といふ虫の闇

泣けと云ひ泣くなと云へる冷し酒

ぎす鳴いて俄かに老ゆる鏡中

再会を誓ふシスコの夜霧かな

日時計の影鋭角に帰燕かな

美しき数式のあり秋の雲

秋雲やフーテンの寅とこしなへ

父母(ぶも)の世の瓶に飼ひゐる月鈴子

こほろぎや母亡き厨最(もと)も冷ゆ

下駄箱の戸を開きおくちちろかな

銀漢やプラットホームは岬なる

爽やかや地球儀一指にてまはる

ぎす鳴いて関東平野しづかなり

卒然と鈴虫の死ぬ壷中かな

つきつめて秋の一灯考ふる

名は知らね色鳥と呼び待つこころ

曇りのち小鳥来てゐる金閣寺

西方に君の星耀る星月夜

秋の蝉集めて広し妙心寺

手花火にかくれなき汝の泣きぼくろ

大屋根の銀河に捨つる一歯かな

昼の灯を点して淋し萩の雨

弔ひの送信二秒天の川

芙蓉咲く駅を乗り継ぎ黄泉の祖母


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME