田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

6月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像6月

六月の晴るれば蝶の高かりし

梅雨闇や白帆の船が壜の中

淡墨に暮れてうつくし梅雨の京

七曜の早くもめぐる四葩かな

鵜籠へとみづから入りて鵜の帰る

香水や未だ源氏名より知らず

華燭といふ一つの別れ花氷

黴の世に黴びぬためもの思ふべし

小面のゑみ恐ろしき五月闇

百の豚百の鼻ある溽暑かな

山蟻のなにより山を悉る歩み

事無げにけふも昏れゆく蟻地獄

一筋のをとこの泪サングラス

東山暮れても青む麦酒かな

ひとつづつともしび消えて月涼し

たゞ一机たゞ一硯のすずしさよ

そのむかし駄菓子屋ありし片かげり

片蔭もゆかしき京の町家筋

面会謝絶五月闇五月闇

滝殿にゐてもしみじみ滝に濡る

短命の猫を葬りし冷夏かな

亡骸の軽さや仔猫にはあらね

容赦なく過ぎてゆくもの蚊遣香

コーラ飲みつつ戦争を見てをりし

誘蛾灯ふるさとの灯の一つなり

片蔭へ片蔭へ年とりにけり

斑猫や京の終なるみささぎに

涼しさや星に生死のあることも

光年の星またたける端居かな

亡き母の好みし香り京扇

化粧ふれば舞妓は暑さ忘じけり

冷し中華ネオンも消えし午前二時

花芥子の燃えてゐるなり飢餓の国

水鉄砲こどもになれるかも知れぬ

明易のまなこにテストパタンかな

梅雨晴や生八ツ橋のニッキの香

真白なる睡眠薬をのむ白夜

学校に来ぬ子麦笛上手なり

麦秋を大きな風の吹きわたる

山積みのバナナの中の日本かな

臥す者の目にでで虫の迅さかな

汝抱けば仄と螢の匂ひせり

小流れに目高の静止するちから

わが裸体しづかに流転してゐたり

刺青の裸身に楚々と臍がある

海猫(ごめ)群れて海猫の数だけ海猫のこゑ

むづかしき風をよろこぶヨットかな

傾ぐだけ傾ぎてヨット疾走す

溽暑かな観音さまの胎内も

風薫りゐて裸婦像の鼓動音

昼寝覚ガリレオ温度計ふわり

百年の柱に倚りて昼寝せむ

イルカにも笑顔のありて梅雨晴間

冷房の効きゐて壁に原爆図

麦秋や蛇口はすべて空を向き

麦秋や蛇を咥へて猫帰る

懲りもせで麦秋の猫また孕む

粘菌を視る虫眼鏡梅雨ながし

山椒魚人間嫌ひに徹しけり

分け入つて蚋に喰はるゝ山頭火

サングラス異人のごとく郷に入る

噴水の辺りに隣り他人かな

清水のいろいろの坂揚羽蝶

電球のいのちは光ひとりむし

かのひとも窓辺に佇ちて梅雨の人

端居して昭和をおもふ足裏かな

蝌蚪に手の生ゆる不思議な水である

隣りゐて西日のバスの他人かな

うから皆逝きてのこりし水中花

冷奴六つに切つてくれ給へ

シナリオになき夕立や野外劇

しんがりの蟻を励ます蟻の列

卒然と来るは訃報と黒揚羽

茶漬飯食うて参ずる真夏の死

死顔にもゑくぼのありて星涼し

喪の膳のそれはきれいな茄子の紺

ほうたるに魂をあづけて寝落ちけり

又の世も孤独とおもふ夜の端居

青嵐馬の嘶きひん曲がり

夢に出て蛇に仇を取られけり

やかましき雨となりたる浮葉かな

夕立や五山の上の庇借り

瞑想の逸れて昼寝の國に入る

鮎食うて六腑に香る貴船川

父の日の父さりげなく旅にあり

父の日の機嫌の悪きゴリラかな

柵(しがらみ)にもんどり打てる男梅雨

山の湯の男の裸月すずし

巨象の眼なんとやさしき緑かな

まぎれなく道上がりゐて京暑し

けもの道おのれの汗がひた匂ふ

蟻が蟻運び一件落着す

でで虫に捜し物ある雨中かな

日輪のうしろへ逃ぐる黒揚羽

田を植ゑて村民はいま市民なる

ビル高く市民小さく夕焼たり

夕立あとなかなか香る東京都

驟雨過ぐ箸の先なる箸休め

赤チンの膝に沁み入る西日かな

あめんぼに高層街衢倒れたる

嘘まもることも大切朝の虹

香のものあれば足らひて冷し酒

青梅雨やならひの如く昼の酒

薄味は京のならひや夏霞

エロ本を吐く輪転機大西日

西日中御歳百の婆のゑむ

また蛇に出くはす予感一本道

蛇這ひて総身毫も穢れざる

恋をして大河を渡る蛇ならん

容赦なき独断薔薇は崩れけり

青春といふ空腹と草いきれ

蟇啼いて夜毎に月の痩せにけり

蟇のこゑ弥勒の思惟をさまたげず

蟇われ在るゆゑにわれ思ふ

怠業の金魚に餌をやりしのみ

睦まじき金魚羨しむ独りかな

景品の金魚すぐ死ぬ浮世かな

長生きの寡婦となりたる兜虫

高瀬川あくまで浅し灯涼し

金閣の金に昏らみて霍乱か

緑蔭や仮面脱ぎたる人ばかり

中年の鉄分不足雲の峰

螢より今宵は先に寝てしまふ

身の内に螢をひそと点しおく

白熊の汚れてゐたる溽暑かな

病葉の先を急がぬ濁り川

木屋町のうどん屋に食ふ掻き氷

暑も佳かりお茶漬うなぎ美味ければ

しんしんと一人碁を打つ涼しさよ

帯・カバー外し涼しき本にする

うかうかと鼻毛伸びゐる溽暑かな

亀逃げてすつぽん残る夕立かな

湖の魚(いを)旨かりし驟雨かな

天井に白き蛾のをる梅雨の昼

無為にして腹の減るなり梅雨鯰

キームンの香りの向う梅雨の街


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME