田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

5月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像5月

TシャツにCHANGE!の文字夏来る

ハーバーに風を見てゐるサングラス

マネキンの眸みづいろ夏帽子

天近うして人やさしお花畑

葉桜やサンドウィッチで済ます昼

水更へて金魚に鳴らすモーツァルト

無数なる砂鉄磁石に黄金週間

黄金週間鍵屋も鍵を掛けて留守

渋滞のさ中憲法記念の日

種痘痕うすくもさだか更衣

冷酒や放つておいてくるゝ見世

イタリアの国旗お洒落や花は葉に

縁側に寝椅子を出してみどりの日

真つ直ぐに大人を見る瞳こどもの日

真向ひに如意ヶ岳据う夏座敷

カサブランカ挿して女の匂ひ消す

生れたる蜻蛉の眼に無数の宙

とある日の仏足石に蜥蜴の尾

日表ゆ日裏に澄める金魚かな

かりそめの水に金魚の一世かな

かなぶんになりてかの日へ帰りなむ

サングラス掛けてしがらみ抜けて行く

高瀬川あくまで浅し灯涼し

三条も四条も見えて川床涼し

蟻が運び去り一件落着す

毛虫焼きゐて美しき虚空かな

北行を上ルと云ひて京暑し

いつよりを晩年と云ふ夕焼川

薫風も九十九折なす鞍馬山

虹消えてゆく東京の早歩き

夏月やふわりと豆腐沈みたる

父も逝き耳に棲みつく青葉木菟

蕗を煮て町家の奥の暗きかな

水打つて創業三百五十年

打水や一見さまは御ことわり

短夜の逢瀬のための時刻表

まつすぐな胡瓜つまらぬ世となりぬ

永らへよ『ゲバラ日記』のきららむし

蠅飛んで清少納言筆止むる

産土神(うぶすな)の水を守りて源五郎

風青し杜の都のスタジアム

日照雨には日傘をさして先斗町

千人の千のまなざし花氷

書く事もなしと書く日記夜の蟻

たかむなの早やも長髄彦の丈

玉虫や形見も減りし桐箪笥

業平の終の栖の苔の花

短夜や忘れてゆきし耳飾り

かげろふの中へ去にゆく賀茂祭

時計せぬ腕を垂らすハンモック

端居して癖となりたるひとりごと

右源太の屋号ゆかしき貴船川床

網戸よりわたしの不在わが覗く

落柿舎の柿より茂りはじまりぬ

これもまあ父の形見や蛇の衣

無辜の民無辜のくちなは殺めけり

自転車で行けるだけ行き蛇捨つる

風聞の蛇がだんだん大きくなる

夥しき蟻を集めて死にてをり

パルテノン神殿さして蟻の列

とことはに和泉式部の恋螢

捕らへては放つほうたる思ひ川

不眠なる丑三つ刻の螢籠

この下闇を祇王寺と云ふべかり

卯の花腐し小町の貌も見飽きたり

うつ臥せに寝てゐるをんな明易し

人類の殲びし星のゴキカブリ

新宿ゆふやけ群れてゐて皆孤独

虹消えて非情の街が起動する

病葉の町川に降り町を去り

CoCo壱のカレーの香り夕薄暑

端居して昭和もとほくなりにしよ

掛香や灯りて昏き先斗町

水打つて暮色とゝのふ祇園町

ひと雨の予感に揺るゝ夏のれん

大学に七不思議あり青葉闇

蟻潰すとき確かなる硬さかな

滝壷の恐ろしければ又覗く

滝となり又滝となり又滝と

ナイアガラ瀑布を前の一切空

清水の舞台より翔つ揚羽蝶

青鷺の一歩に揺るゝ金閣寺

御来光待つ二杯目の濃き珈琲

いつ来てもたれか佇む未草

喪の酒にゑふ鰻屋の二階かな

水槽の今の鰻を今し食ぶ

夕立あと碧眼に逢ふ本能寺

冥加ともおもふ傷痕更衣

子かまきり一人まへに斧構ふ

鴨川をどり丈高き妓もふえにけり

道をしへ母郷の道は忘れぬに

滾ちつつ一期の鮎をのぼらしむ

楽浪(ささなみ)の国のそよ風昼寝せむ

葛切や祇園の燈しうつくしき

明易きグラスにのこる琥珀色

螢火の今宵をとことをんなかな

白妙の小流れに遇ふ木下闇

夜の蟻這ひて白布を哀しうす

大寺に大蟻の国ありにけり

まひまひの舞に落日落ちかぬる

したたかに浮世草子のきららかな

死ぬ人に風を送りし団扇かな

鮎の宿きれいな雨の降りにけり

あはうみの夜雨すがしき洗ひ鯉

山彦をまらうどとして冷し酒

紙魚走りゐて『或阿呆の一生』

ハチ公は永久の忠犬梅雨滂沱

鑑真の聞き澄まします五月闇

美しき距離ハンカチのなほ振られ

臨終ののち風鈴の鳴りてをり

水打ちて抜かりなかりぬ祇園町

喪疲れは頬に出でゐてサングラス

ふぐりまで濡らし夏河かち渡る

緑蔭や二人ときどきものを言ふ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME