田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

4月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像4月

折鶴に息吹き入れて春にする

長堤の果は天なる櫻かな

糸櫻だらりの帯とすれちがふ

一切を水の見てゐし落花かな

いもぼうを出てふたゝびの花月夜

口開けて口の数だけ燕の子

鉛筆を噛む癖ぬけず進学す

キネマより出れば無聊の日永かな

春昼の煮くづれてゐる湖の魚

虚しさの一隅に蒔く花の種

散りてゆく花ひとひらの物語

コンピュータルームに癒えし花疲れ

花の寺柩が一つ出でしのみ

東山真の闇なる花篝

春光のさゝ波なせる千枚田

かへりみて蜷の道にも似たること

たましひの遠出したがる櫻かな

山笑ふ牛若餅とお薄かな

捨仔猫二匹のゆくへ御存知か

見まはして亡き人はなき櫻かな

母が逝きすぐ父が逝き花筏

忌中より忌明さびしき残花かな

豚落ちて黄河の春を泳ぎけり

春睡をよぎりしMといふをんな

囀や白杖路をたがへざる

花は花篝は火屑こぼしけり

花人の中に亡き人ゐるやうで

春風やたまさかに買ふ時刻表

青眼に構ふる剣士春の風

春愁の三面の貌たゝみたる

大寺の屋根まで飛べて雀の子

青踏むや寺山修司ポケットに

手のひらに大河を掬ふ日永かな

春はあけぼの珈琲はアメリカン

しやぼん玉毀れて消えて飢餓の国

母逝きてより目につきぬ母子草

まなうらに枝垂れて花は眠らざる

京をどり明日は都をどりかな

青柳や舞妓に出逢ふ小橋の上

久闊を叙する御室の櫻かな

春愁の紙のひとひら鶴にする

いづれ皆行くところへと花筏

いとはんも又こいさんも花衣

校庭に花理科室にスケルトン

ひとつぶの雫の中の花月夜

言霊の駆け抜けてゆく櫻かな

母郷より字(あざな)も失せし初燕

バス停のダイヤ見てゐて長閑なる

いつからが晩年か鳥雲に入る

かにかくに白川が好き春の鴨

春宵の家路をいそぐ理由なし

待ち合すフラミンゴのまへ花衣

ほつこりとして鍵善に花の宵

山櫻けふ青空のみづみづし

花散るや星の瞬きしきりなる

ひとときの名残の雪や奥千本

時刻む音聞き澄ます櫻かな

ぬばたまの闇もひしめく櫻かな

好晴や錦市場に木の芽の香

ひとところ猫の執する春の土

毀れたる木馬もまはり暮遅き

春昼の窓より覗く我が不在

義経はジンギスカンに霾や

鳥ぐもり時差の向うの子をおもふ

陽炎や薄暮ゲームと云ひしころ

清水に坂いくつある日永かな

とうに亡き猫のこゑ聞く春の闇

しづかなる牛の反芻花の昼

花散りて猫に猫撫で声もどる

花冷や女につよき糸切り歯

早や蝶の骸を見たる啄木忌

大阪の水の匂ひの春暑かな

つぶやきを鸚鵡と分かつ春愁

二で割れぬ奇数のやうな春愁

蛇出でて脚を慣らしてをりにけり

ピン刺してこの世に蝶を繋ぎとむ

いまに死ぬ人はも春の蚊を払ふ

春星のけむれる奥の春の星

春愁やギヤマンの瞳の人形の瞳

根元より御室櫻の盛りかな

春を寝て未生以前を旅してをり

てふてふや北緯三十八度線

岬にも四五戸住みなす初つばめ

しばらくは泣かせておきぬ春夕焼

地球儀の北極海の春の塵

洛中はおぼろのたまる器なり

散る力ありて花散る花が散る

ふりむけばすべてまぼろし花の道

なるやうになればよろしき大朝寝

一點となり大いなる青き踏む

天井に龍の眼のある朧かな

石鹸玉の毀れて消ゆるほどのこと

赤き蟻黒き蟻出て交はらず

父の忌の近づきをれば芽吹くなり

無農薬家庭菜園紋白蝶

鳥の恋嘴(はし)と嘴より始まりぬ

もしかして散るを愉しむ櫻かな

いろいろな名で呼ばれをり捨仔猫

挿木して人生のどの辺りなる

最果ては蜃気楼よりなかりけり

東風吹かば出船ま近き遣唐使

惜春のひきしほの端踏みてをり

鳴き砂を鳴かせて春を惜しみけり

箸置は小舟のかたち夏近し

春の日を阿修羅にまみえ面映し

ひとづまと訪ぬる奈良の八重櫻

花の上にまた花散りてふたりかな

水筒に小さな磁石鳥雲に

惜春の手をおばしまに嵐山

永き日やぶぶ漬でもとすゝめられ

ピッコロの音フリュートの音風光る

賀茂鶴でちびちびまゐる花の宵

かざぐるま恋とは風のやうなもの

風船をミッキーマウスより貰ふ

亡き数に入るといふこと鳥雲に

喪の花と知る筈もなき胡蝶かな

あを空のところによつて春愁

春愁の詠みひとしらず読みてより

幕の内弁当に春闌けにけり

ハーモニカつたなく鳴りて春夕焼

夕網のものばかりとぞ能登は春

津軽より短き便り雪の果

老人の何かつぶやく櫻かな

つばくろの思ひの丈に翻る

切株に知る木のよはひ昭和の日


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME