田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

3月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像3月

三月の空を去るひと来るひと

おそろしきものに女雛の細目かな

花種や宇宙に游ぐ人おもふ

ピサの斜塔やはり傾ぎて春の夢

鉄棒は嫌ひのままに卒業す

把瑠都にも乳首が双つうららけし

恋をせぬ猫に出しおく春炬燵

春休み小鳥のやうに早起きし

鳥雲に別るゝために邂ひしとも

春月を眺めてをれば二胡噎ぶ

東京がつくられてゆく春の泥

テニスコートの君が初蝶になる

蝶々のてふてふとなる日和かな

空港に汝と別るゝ花粉症

春眠の歩むほど街とほざかる

龍馬遭難之地とのみ春疾風

流氷の天も動いてをりにけり

逃水や引返すには来過ぎたる

鞍馬路はけふも雪降る木の芽かな

光年といふ巻尺や星朧

占ひに開くてのひら星朧

朧夜の身に九穴のありにけり

八ツ橋を焼く香りして春しぐれ

一枚の波ひとひらの桜貝

飯を食ふかりそめの世に接木して

春暁の花のやうなる炒玉子

飛行機雲みるみるふやけ目借時

薄幸で菜の花好きなひとなりき

冴返る托鉢僧の法のこゑ

あをあをと冴返る空ありにけり

しつとりと玻璃に濡れゐる春の闇

雨音の樂を奏づる朝寝かな

をりからに三味の音漏れて春燈

風車不意にシャネルの香り来て

ハーモニカ拙きが良し春夕焼

春愁の抛りし石は落つるもの

進学し僕から俺になつてゐる

珈琲にミルクくるくる鳥雲に

どの寺の鐘や朧の東山

うらうらと茶碗は買はで茶わん坂

化野に胡蝶の空のありにけり

とことはの父母の留守春落葉

京雛や滅びたる世のうつくしく

渦潮を見る昏々と睡るため

春の夜や髪かきあぐる女の香

薄氷を薄幸と読みたがへたる

麗かや孔雀のまへに長居して

撫で牛は石のつめたさ梅白し

花種を蒔く鳥獣はもう飼はじ

カナリヤは歌を忘れず木の芽風

ひきしほに汐木をかへす春愁

りんくうインターチェインジ蝶迷ふ

春めくやつなぎ団子の堤灯に

北野より平野へ花をうかゞひに

春の虹きれいな嘘をつかれけり

一合は宥されてゐる目刺かな

あばら家へ寒のぶらりと戻り来る

日も月も地球もまろき数珠子かな

縁とは絆とは鳥雲に入る

揺り椅子にまた春愁を揺らしをり

春宵の影絵となりし木馬たち

竹秋の門よりまゐる天龍寺

朧夜の京に図子とふ小径かな

朧夜やろうぢと云ふも京言葉

朧夜の抜け路地いくつ先斗町

料峭や皆くちぐちに地震(なゐ)のこと

鳥雲に志賀にさゝ波あるばかり

あをあをと潮満ち来る初桜

花冷のつながつて出るティシューかな

まれびとを待つ花冷の京都駅

かげろふに昭和の景の見えてをり

案外に楽しさうなり残る鴨

つばくろや杣人は斧研ぎてをり

花冷や切子のグラス出してより

花冷やフランス窓の隙間より

タクシーを拾ふ女人や花しぐれ

佐保姫の一面くらき三面鏡

春眠の蝶追ひかけて追ひかけて

蝶博士蝶を愛して娶らざる

諸鳥の目覚めの中の朝寝かな

日本はごはんの國や花菜漬

ぼんぼりの灯りてよりの春の宵

春愁や蜆が砂を吐くことも

春愁や何の鍵なる鍵一つ

春の虹消ゆるまで言ふさやうなら

老人の目のすぐ潤む櫻かな

叱られしこともう忘れ仔猫かな

みちのくを思へばかなし初桜

寝ねがてに須磨の巻など夜半の春

春の海へ山城の國出で立たむ

ブラジルの青年に降る春の雪

雲母波また花貝に触れてゆく

春眠の舟ながながと水脈曳けり

春の河大いなる手に蛇行する

奥津城の井のゆたかなる春彼岸

虻が来る己が羽音の後ろより

念々に我あたらしき櫻かな

USBメモリにしまふ櫻かな

みちのくに嗚呼いくたびの雪の果

働きに只はたらきに蟻出づる

蛇出でてやさしき婆の死を知りぬ

永き日のミナト神戸も見飽きたる

日永なる一本道の起伏かな

はんなりといふ京言葉花ぐもり

桜鯛紀淡海峡晴れ極む

糸櫻になりきつてゐる糸櫻

一力に停まるハイヤー花の雨

鯛の腹きれいに割かれ花の昼

板前はむかし美男子花の宿

チューリップ翳りがなくて嫌ひなり

春休み風のなまへを蒐めけり

枝垂櫻妖しき夜風吹かしけり

花しぐれ花を少しく冷ましけり

花咲いて祇園の夜空燃え易し

来てみれば果して散れる山桜

春の夢殺されさうになりて覚め

観世音菩薩なで肩春の虹

天人の羽衣うすし春の虹

髪断ちて君旅立てり弥生尽

草色のもの草に棲み春深し

吟行の一人はぐるゝ春深く

爺ぃより婆ぁが元気桃咲きぬ

ふぐりまでずぶ濡れにして猫の恋

ユーラシアの風に吹かれて柳絮かな

柳絮とぶ民の広場に民溢れ

周恩来詩碑もしとゞに花の雨

鍵善に真向ひなりし花衣

春昼の孤りに蛇口一滴音

少年とわたしの秘密小鳥の巣

鄙よりも都会は淋しリラの花

或る時は綿菓子になる春の雲

春愁や容易く智慧の輪の解けて


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME