田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像2月

切結ぶ竹の音聴く風二月

春とほき舌下にニトログリセリン

五色豆かをりも五色春隣

北野より平野へまゐる厄落し

やらはれし鬼見失ふ人の渦

朝しぐれ照れ臭さうな男かな

豆打や闇がたぢろぐ闇の中

とほくより来てとほく去る冬の蝶

空席が一つ密かに冬去りぬ

眼が合ひて忽ち有縁捨仔猫

湯波半の湯気かぐはしく春立ちぬ

鴨川の見ゆるお茶屋の春炬燵

春燈をともして昏き先斗町

白梅のあすにほころぶ気色かな

滑らかな波の助走よ櫻貝

立春のなかなか立たぬ卵かな

佐保姫の覚めて奏づる深山川

風光るまだ傷だらけなる山河

抱擁のあなたに海市崩れ初む

もう誰も踏まざる踏絵玻璃囲ひ

白魚の死して真白くなるあはれ

春寒やつまづきて知る己が齢

奥嵯峨の竹さはがしき余寒かな

春の日を阿修羅にまみえ面映し

鳥雲に河は苦しく蛇行する

屋根づたひ何処へも行けて恋の猫

レコードに針がふはりと蝶生る

恐竜の足痕化石春の艸

お持たせの春の三時の五色豆

春燈や明朝体のうつくしく

蝌蚪に手が出てもう魚にはなれぬ

蝌蚪の紐みな蝌蚪になる恐ろしき

この辺も京都市と云ふ数珠子かな

化野の石に出でたる蜥蜴かな

けふもまた葬に出くはす春疾風

存分に歩きて春の夕焼かな

春の夜のすぐに泣くひと泣かしけり

春寒料峭早や七回忌なる

水筒に小さな磁石鳥雲に

春の艸紙ヒコーキの不時着す

頭より身体をつかへ山笑ふ

飢ゑて皆うつくしかりし磯巾着

おそろしきことに蝌蚪の尾の消えてをり

おほどかに海を濁して雪解川

しやぼん玉割れてしやぼんの一雫

初午やすゞめ焼く香の裏参道

蝌蚪いまだ蝌蚪より知らぬ蝌蚪の国

野遊びのコリーに笑顔ありにけり

春眠の空を游いでゐたりけり

寄居虫の脚いそがしき九十九里

がうがうと篁鳴らし春立ちぬ

美人はも頚より老ゆる春燈

風船が逃げるシンデレラ城の上

いつしかに切れにし縁紙風船

ひそかなる逢瀬の後の春の風邪

人体におもてとうらや春の闇

春めくや海のもの到く二條駅

春雪霏々と鬼はまだそこにゐる

逢ひたきひと終に現れざり春の夢

三条に大橋小橋春しぐれ

陽炎に消えてゆくなりまた一人

東風さむき白梅町といふところ

雪淡し一力茶屋の黒塀に

霏々と春雪東京に秘史ありき

嘘泣きと知りつつなだめ夜半の春

しやぼん玉飛んで蒼茫たる亜細亜

三十六峰みな名をもちて霞みけり

しやぼん玉無数に吹いて一人つ子

陽炎やロバのパン屋の樂も消ゆ

ふらんすの水旨かりし春の風

バレンタインデー ボトルキープしてくれし

春泥の小径の果の縁切寺

母子草かなしき人の名づけけむ

一合の酒に足らひし蕗の薹

頭痛薬一錠ひそむ春の服

囀りの國に眠れる后かな

七曜の巡る早さの物芽かな

残る鴨勇の詠みし水にかな

湯上りのかほを向けたる春満月

島原の大門くゞる浮かれ猫

長湯してふやけしおよび牡丹雪

広辞苑六法全書春の塵

白梅に醒め紅梅に惚けけり

春陰や目疾地蔵を拝むひと

水ぬるむ近江に富士のありにけり

酒見世の意外に混みて春霖雨

春雨やひねもす鳴らすモーツァルト

寝タバコに眠れなくなる安吾の忌

春一番二束三文文庫本

春昼の電気をとほすプラスチック

カーテンの色変へてみる春愁

クレーンでお菓子掬ひて春日かな

ルンペンの貌ぶつたたく春驟雨

血統良き犬と駄犬と春の雲

春昼の怠け者なる影法師

春風や珈琲の味けさちがふ

点滴の長き長き刻百千鳥

ひとり来てひとりの椅子に鳥帰る

鳥雲に線路かならず別れゆく

太陽の匂ふ褌や山笑ふ

外人のコロンのにほひ春暑き

佐保姫の笛に羊の柔毛(にこげ)耀る

春浅き雨のひそひそ降りてをり

火葬場に飯食ふところ鳥曇

日影より日陰へ蝿の生れけり

あぶり餅炙る煙もうららなり

遠浅の海とほあさの春の空

捨仔猫すでに怖れを知りてをり

春装のひと鏡より出で行けり

囀りや柩窓てふ終の窓

蜆汁亡母の繰言聞こえたる

ゆつくりと疑問の育つ物芽かな

ひきしほに小蟹をかへす春夕べ

土龍にも戦のありて土匂ふ

タンポポも占領されし平和かな

万年を生きねばならず亀鳴けり

ギモーヴちふ仏蘭西の菓子春の風

西方へ仔猫を追ひて行つたきり

われ一匹の犬となる春野かな

鳥雲に時差の向うの子をおもふ

長閑なるものに帝と鼻毛かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME