田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

1月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像1月

相識らぬ幾万のかほ初まうで

かりそめの世に遊びせむ初日記

遠景に如意ヶ岳見ゆ筆始

蝉丸も小町もとられ負け歌留多

白朮火を守りて上ル東入ル

ワインロゼ互みに酌みて姫始

高層街衢手毬つく子が一人きり

白妙の嗚呼しろたへの京雑煮

ばつたりと南座まへの御慶かな

恵方へと魔物の金を持ち歩く

獏枕亡き人々に賑はへる

金箔も減りたる酒の馬日かな

をんな三人げにかしましき炬燵かな

買初の茶碗をゑりてちやわん坂

ひそやかに一歯喪ふお正月

初鳩も人馴れしたる祇園さん

寒紅や祇園は昏きところなる

鳶の笛聞こえて嬉し初比叡

紙にほひインクかをりて新日記

金閣にしまし雪積む七日かな

人の日の鏡に早も薄ぼこり

うかうかとけふ人の日の無精髭

野の宮の苔うつくしき枯葉かな

黙徹し海鼠になれば勝である

斎の座に酔うてしまひし海鼠かな

狐より愚かなるもの狐罠

蜜柑に爪深く悪女かも知れず

火事跡を離れぬ犬のをりしこと

成人の日のまだ踏まぬ道の雪

水の出ぬ蛇口が一つ山眠る

あをあをと山国の空寒卵

大原はけふも雪積む牡丹鍋

一つ翔つと皆翔つあはれ都鳥

昔男ありけり老いて着ぶくれて

大冬木なにごともなくけふも昏る

妥協せじ寒の断崖見て戻る

薄目して凡て見てゐる冬の猫

雪景色黒の絵の具を絞り出す

亡き父の今われの大き雑煮椀

白妙の京の雑煮のほか知らず

手毬唄九つ十で雪が降る

寒き夜やマッチは燃えて身を捩る

まつすぐに寒九の水の腑にとゞく

三寒の紐のほどけて夜の雨

冬の水逆さ金閣ゆるがざる

なにもかも聴いてゐるなり大冬木

冬の蝿罰があたつて存ふる

OldParrオンザロックに暖炉燃ゆ

花かつを仄と香れる淑気かな

しろがねの月に見頃の寒桜

家猫のけだもの臭き雪籠

寒卵記憶の母がコツと割る

密やかに心の中の鷹を飼ふ

枯柳ぎをん新橋早や灯る

ポケットが沢山あつて冬深し

枯野行く枯野の小石手くさにし

凍滝に言つつしみて二三人

滝涸れて一鳥よぎる羽音かな

大寒のほのほの中の中華鍋

吊革にゆらりと日脚伸びてをり

日あたりて大裸木となりおほす

酔うてをらぬと酔うて云ふ海鼠かな

水仙の香に水仙のこころかな

大寒の真顔泣き顔知らん顔

ロボットの犬撫でやれば冷たさよ

あづまびと京の底冷かこちけり

人形の起こせば開く目春近し

待春の身をひるがへす近江鯉

寒中や己が尻尾と遊ぶ猫

家内にけものみちあり冬の猫

炬燵居や欠伸ちふもの伝染す

空想の犇いてゐる炬燵かな

厳冬や標本室の千の蝶

濡縁に蜂の屍日脚伸びてをり

霊山に龍馬を拝み春近し

春近し茶碗をゑりて茶わん坂

島の灯が真珠のごとし春隣

待春の一本脚に眠る鶴

正眼に構ふる剣士寒オリオン

冬深し枕の中の風の音

日脚伸ぶ猫の帰りが気になりて

猫の鈴鳴りゐて日脚伸びにけり

ライオンはけふもまどろむ冬の蝿

人間より一つ賢きふくろかな

酌下手の汝を愛しぶおでんかな

とゞのつまりは孤りなるおでん酒

つぐみ焼昭和も遠くなりにしよ

逢へばすぐ別れの時刻室の花

極楽へ父の忘れし冬帽子

何事も起こらぬ不安阪神忌

戻り来し賀状ひとひら机上冴ゆ

松過ぎの十数行の死亡記事

華麗なる毛皮被て幸薄きひと

冬櫻すべて昔となりしこと

虚しさのその大きさの雪仏

生みたてのおほきな地卵寒見舞

寒泳の老いの抜手のうつくしく

孤りかな大根おろすにも慣れて

冬萌やお天道さま匂ひ過ぎ

底冷にしてはんなりと京言葉

雪は降る人がむかしを忘れぬやう


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME