田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

12月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像12月

月光に越のうさぎは白兎

爆心の鬼哭の街の虎落笛

たゞならぬ男の曳ける夜鳴蕎麦

極月の鳩をいぢめる群鴉

木枯に顔何枚も剥がさるゝ

なにびとが初めに食ひし海鼠かな

運命のせゐにしてゐるおでん酒

狐火の汽車もとまらぬ國ありき

大仏のまへ冬帽子脱ぎたまへ

ちちははの世より住みなす隙間風

すきま風しきり大政奉還の間

ひそやかに恋人と逢ふ年忘れ

顔見世や名代の蕎麦もお目当てゞ

さきほどのこと遠めける湯冷かな

雪國を出てゆく太郎次郎かな

ユダのごと髭たくはへて冬籠

冬かもめオロシャの舶は動かざる

十二月八日未明の放屁かな

悪さうな漢ばかりの缶焚火

オルゴールふつつり途切れ雪になり

ゆきずりの嬰の泣きやむ聖樹の灯

鴨川の見ゆる二階や蕪蒸し

たこ焼屋蛸を刻みて日短

寒林やこゑ美しき禽の棲む

つぼみ多き室咲の花見舞とす

踏切にガラスの破片寒波来る

三寒の四温の兆す雨気かな

休校の砂場に遊ぶ風邪の神

自動車も静かなオブジェ深雪晴

グライダー頭上をよぎる木の葉かな

色町にひねもす遊び年の内

鷹の眼が我には見えぬもの捉ふ

寒雀遊ばせたまふマリアさま

紅葉且つ散りゐて祇王祇女の墓

流水のごとひととせの過ぎてけり

蟷螂の小首傾げて枯れてをり

寒風を歩きて何か見失ふ

団欒を覗いてをりし雪女郎

金星の一粒のこし世は凍つる

初雪や仄とゑひたる昼の酒

しぐれては祇園の燈し華やげる

更けてより華やぐ小路さゝめ雪

銃声のたび青まさる狩の空

鰭酒やをとことをんな狎れ易く

鰭酒や人には云へぬ間柄

湯豆腐や玻璃にけぶれる嵐山

止まり木のいつもの席の年忘れ

鴨川の鳥を見てゐる年忘れ

あをあをと大白鳥の大空よ

煖房の中に煖房鰐ねむる

初雪は水子のために降りにけり

風花や空似のひとを見失ふ

季寄せの背繕ふことも年用意

年の瀬をやをら過りぬ霊柩車

ソプラノの響き聞こゆる冬銀河

煤逃の立呑の酒きゝにけり

存分にけふも歩きて枯野宿

椅子のバネ壊れて傾ぐ大枯野

そのかみの修羅の庭なる兎狩

極月の火に悉く反故焚かむ

狛犬の阿吽の分つ霜の朝

飴に似てそれは綺麗な風邪薬

チャルメラの音とほざかる風邪籠

凍夜ふと街角に降る電子音

寒空や転がつてゆく捨てタバコ

尊厳死安楽死木の葉降りにけり

日記買ひ河の行く方見てゐたり

行く年の動く歩道を歩いてゐる

掌の中の手のつめたさも憎からず

賀状書き了ふ皓々と月ありぬ

大丸にあまたサンタクロースゐて

ふぐ買ひに姉三六角蛸錦

近づいて白鳥の穢を見てしまふ

年の瀬の背中押されて足が出る

止まり木にひとり忘年会ぬけて

煮凝や町家の寒さなつかしく

寒灯をいくつも点し一人かな

炬燵居の時に女とゆびずまふ

寺町に香のにほひの冬の雨

死とはその脱ぎし手套のやうなもの

天狼やこころ支ふる一行詩

邂逅や哲学の道枯るゝ中

総落葉して安息日安息日

はつふゆと書きてやさしくなりにけり

牡蠣食うて賀茂鶴酌みて呉にあり

息づけば胸にひろごる大枯野

爬虫類図鑑うつくし冬籠

猫様の家来となりて冬籠

冬ぬくし木喰仏のゑまひ顔

北風や貝殻なべて深手負ふ

いさゝかの供華道端に寒茜

0からも引き算できて冬の虫

ひきしほの美しかりし湯冷かな

白鳥が翔く渾身の頸となり

鶴凍つる姿正しく歩みては

足らふまで冬の怒濤をいくつも見る

戻り来し葉書ひとひら冬深む

まぎれなく一人ぽつちのくさめかな

狐の嫁入り冬虹を置いてゆく

流浪記の序章に群るゝ冬の雲

冬籠るつむりの中の詰将棋

外套が臭ふ世に狎れ人に狎れ

昼酒に祝ぎて天皇誕生日

ひとゝきの逢瀬天皇誕生日

らふそくの科学聖夜の無神論

白味噌を錦に買うて年の果

数へ日の観念したる胡坐かな

女傘をとこがさして朝時雨

絶壁をなすビルの壁おでん酒

顔見世も千龝楽や川に鳥

年惜しむ掌をおばしまに嵐山

鮟鱇の貌見るほどに人に似る

下京の老舗の自慢かぶらむし

大時計の内部の暗き掃納め

人間の渦にまぎれて年詰る

小晦日釘を一本打ち足して

閑かさの少しく淋し小晦日

大晦日なほも四条に小買物

年歩む大き静寂ありにけり

大年の大き静寂(しじま)を流れ星

一服の紫煙のゆくへ除夜の鐘


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME