田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

11月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像11月

11月1は淋しい数字なり

剥げさうな季寄せの背中冬隣

駅を出てたれかれの背な暮の秋

枯蟷螂なほ青眼に構へけり

大原女の真白き脚絆冬に入る

一葉の喪中欠礼冬に入る

三条に大橋小橋しぐれけり

八ツ橋を焼くかをりして初しぐれ

花買へばしぐれて和泉式部町

しぐるゝやむかし揚屋の細格子

過去帳に水子が一人みぞれけり

赤日を一鳥よぎる枯野かな

鮑入り和風バーガー文化の日

しぐれねばならぬ如くに小督塚

祖母静江享年三十しぐれけり

冬帝の比叡(ひえ)より京を窺へる

冬の孔雀少しく人を集めをり

中年の自虐哀しき燗酒かな

どぶろくや座敷童子に逢ひたかり

洛中は花の盛の屏風かな

絵屏風のいづれが光源氏なる

冬怒濤さらに激しき次待ちて

音もなく怒濤砕くる煖房車

落とされし片手袋の流転かな

手袋の右手(めて)喪ひて左手(ゆんで)捨つ

大阪のやくざな奴と河豚を食ふ

マキノより冬めいて来る湖西線

海鼠腸に何ひとりごつ一人酒

煖房車東京までの夢が醒む

日向ぼこおなじ日向を鳩あるく

測量士に出遇ひたるのみ大枯野

一些事になほ執しをる寝酒かな

大いてふ大団圓の落葉せり

室花か造花か分かず触れてみし

六曲を水の奔れる屏風かな

びつくりもせぬびつくり箱冬に入る

空耳のごとく讃美歌冬の虹

この路のみるみる銀杏落葉かな

黄落の只中を水いそぎけり

御香典と書く薄墨や朝しぐれ

冬の園機械に礼を云はれけり

忠興とガラシャのねむる冬紅葉

人よりも地図を信じて枯野なる

紙ヒコーキの宙返り小春風

西陣の機織る音や日短

消しゴムで消せば済むこと冬の虫

蝶一つしまひ忘れて冬日和

清水へ七味を買ひに冬うらら

ゆりかもめ洛北の水青まさる

南座を見やる阿国や都鳥

冬怒濤一つを胆に溜めておく

酒一合ちびちび呑んで日短

光陰や冬の服より一名刺

底冷の底を奔りて蒼き川

底冷の紫がかり比叡暮るゝ

夜雨そつと初雪になる別れかな

いみじくもしぐれて祇園ともし頃

風邪引いて一所懸命眠るかな

一対の白狐に視られ神の留守

猟銃に色気の如きもの光る

冬眠なき人類に鳴る目覚しよ

毛皮着て人類になき尻尾かな

狼の絶滅以後の堕落かな

金閣に逆さ金閣冬の水

山眠るふつと活断層のこと

てつちりは好き大阪はきらひどす

さびしらに陸(くが)を見にくる鯨かな

枇杷色に屋台のともる雪催

天井を電車の走るおでん酒

もう一人詰めれば坐れおでん酒

おでん屋台涙もろき男が曳く

一點となるために行く枯野かな

山眠りゐて石英は水晶に

お抹茶のほろりと甘く山眠る

京菓子の食ぶるに惜しき小春かな

学校の大広間ちふ寒さかな

酢茎買ふほかに用なき外出にて

あを空に木の葉舞ひ初む一葉忌

たまゆらの没日に染まる浮寝鳥

ときじくの賀茂の流れや浮寝鳥

北風や耳はかなしき岬なる

着ぶくれの人さし指の静電気

冬の蠅存ふるとは咎に似る

枯芝に坐るこころを平衡に

本能寺址の暗闇虎落笛

空耳の如くに冬のちちろむし

ジャムを煮る香りの中に冬籠

粘菌を視る虫眼鏡冬籠

うかうかと小春日和の暮れかゝる

止まり木に一人勤労感謝の日

寒星夥し最終バス待てば

ふくろふの目の玉をもつ大樹かな

ちゝはゝの亡き家にゐつく虎落笛

更けてより裏手にまはる虎落笛

雑炊にお開きとなる六腑かな

色町に抜け路地いくつ小夜時雨

おでん屋にきのふのけふの泣き上戸

雪に雪降る薄墨の翳もちて

橇の鈴白地図の国ありにけり

雪嶺に消えとことはに生くる人

雪女曲つても曲つても迷路なる

あの世のこと誰も知らざる日向ぼこ

バスに乗り酢茎を買ひに河原町

大原の雪に籠りて牡丹鍋

砂時計の砂漠に沈む冬茜

まぼろしの朱鷺を舞はしめ風花す

ジョン・レノンおもひださせて時雨かな

冬霧の底ひに響む五番街

立食の蕎麦食ひをれば時雨けり

幸福の木にうすぼこり冬館

満目の枯れ見てきたる深睡り

白浜に黒潮を見る避寒かな

千年の古都の水面の浮寝鳥

風花は都をさして荼毘の空


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME