田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

10月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像10月

十月をひと美しく闊歩せり

鳥は翔び人は歩みて菊日和

この辺りむかしのままや木守柿

若者よ一つの林檎齧り合ひ

つづれさせ夜通し雨の降りにけり

太陽より肥えたる馬の眩さよ

ふるさとや秋の昼寝によき柱

色鳥の色に焦がれてわび住めり

松手入せし香あふるゝ妙心寺

畳の上に芸妓老いたり秋燈

サンドウィッチマン人込に老いぬ鰯雲

美しき嵯峨野の雨や新豆腐

きりぎりす昔男に鳴きにけり

生きて死ぬそれだけのこと天の川

燕去り俄かに錆ぶる山河かな

光陰の外(と)に掛かりゐる鵙の贄

死人花地獄花とぞ美しき

この天の高さに思想掲ぐべし

好晴のつづく秋思のつづくかな

北嵯峨の竹伐る音を巡りけり

よく聴けば家ぬちに鳴くちちろかな

名にし負ふ蛇塚にして穴まどひ

柿干して御歳百となりたまふ

身のどこか軽くなりたる夕蜻蛉

乗換へてまだ蹤いて来る草虱

秋川に攫はれさうな逢魔刻

木守柚子一つが空に充満す

母のやうに酢橘搾つてくれしひと

しんしんとして人恋し火恋し

少年にもう戻れない赤蜻蛉

もの思ふひとりに小鳥来てをりぬ

冷やかに裏切る猫を愛しけり

曖昧にしておくことも温め酒

日本の秋の暮なる藁火かな

道化師の月だけが知る素顔かな

この道になまへはなくて明治草

白露の最後に拾ふのど仏

満室のカプセルホテル雁渡る

垂直に没る鯨の尾秋の暮

わらんべのうしろの正面秋の暮

小鳥来て弘法さんの日なりけり

ランチにはケーキがついて小鳥来る

月光のダム月光の一縷吐く

まつすぐに走つて猪は撃たれけり

ゴリラにはゴリラの真顔秋愁ひ

秋雲やフーテンの寅永遠なり

天涯に星の爆発濁り酒

時かけて紅を注しゐる竜田姫

初鴨や洛北の水青まさる

道端に数多なる供華秋の蝶

美(は)しき石拾ひて足らふ秋の川

死火山にしてめくるめく紅葉かな

ひとけなき花魁の墓櫨紅葉

デッサンの線走らする黄落季

色鳥や飽かず眺むる洛中図

右手より左手冷ゆる理由あり

凶年をきれいな蝶の舞ふことよ

声量のゆたかなる空鳥渡る

一服の向精神薬露けしや

黄落の水の迅さとなりにけり

地球まろし葡萄一粒づつまろし

末枯や結びたる実は朱を尽くし

末枯の風しづまれば胸しづまる

コリーにも笑顔のありて大花野

髪切りてこころも変る鵙日和

ふりむけばすでにたそかれ柳散る

鰯雲胸一杯にひろがれる

秋雲や風の奏づるモーツァルト

菊日和錦に揃ふ旬のもの

惜秋や骨董街をたもとほり

草紅葉野の宮といふ停留所

一粒の露の中なる太虚かな

空瓶にコスモス挿して独りかな

つぎつぎに草の絮舞ふ白昼夢

穂芒にあつまる風のやはらかし

秋扇となり形見ともなりにしよ

たれかれの背中がとほし秋の暮

釣瓶落とし宇治の早瀬に見了んぬ

天高く高くてふてふのさやうなら

明く暗く桜紅葉の盛かな

秋燕や下界は澱むばかりなる

すがれ虫寝物語のとぎれがち

あした死ぬ蜉蝣に透く夕山河

鉛筆の芯をするどく黄落季

目まとひにわつと好かれてしまひけり

更けてより華やぐ小路柳散る

わらんべの尿(いばり)きれいや秋の川

玲瓏と霜降の空ありにけり

街出れば街恋しくて秋の暮

雁渡し老婦が吹くと云へば吹く

時代祭ピーヒョリヒョーに晴れ極む

死顔が寝顔のごとし水澄めり

石の上のうごかざる亀秋深し

自分史に落丁の章蚯蚓鳴く

孤りとは耳敏きこと秋深し

口開けてくちなは哄ふ鵙の贄

秋深き音のあつまる地獄耳

もう逢ふこともなき水草紅葉かな

星流れ千夜一夜のものがたり

流星や十で神童いまいづこ

八千草のどれもゆかしき名をもちて

自転車で2マイル帰る銀河かな

爬虫類つぶさに視たる秋日影

セロ弾きがセロ抱きて寝る星月夜

たれも来ぬベンチをさがす黄落季

もみづるや奥嵯峨の雨しとやかに

ひとづまと訪ぬる嵯峨の紅葉寺

且つ散れる紅葉にお薄いたゞきぬ

正体もなく酔ふ一夜蚯蚓鳴く

亡き数に入るといふこと鳥渡る

冷やかにきのふの君を見てゐたり

草の絮ふつと憂世を抜けてゐる

三叉路に来たれば別れ秋の風

生くるにも死するにも良き秋天よ

化野やきのふのけふを秋時雨

祇王寺の滝口寺の初もみぢ

惜秋やみたらし茶屋の外床几

大花野こどもがふつとゐなくなる

鳴き砂を歩歩に鳴かせて惜む秋

水バーに水を味はふ銀河かな

からだよりこころ疲れて螻蛄の夜

稲妻のふところ深き丹波かな

かりがねや暦剥ぐこと淋しうす

夜食摂るけふがきのふになる寂しさ

水筒の番茶がうまし野菊晴

あさつてに食べ頃になるラフランス


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME