田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

8月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像8月

夏果ての箸の先なる箸休め

八月の落葉してをり新宿区

斑猫や京の果なる御幸みち

立呑の冷酒酌みさて男どち

無解決で了りし映画晩夏光

水バーに水を味はふ夜の秋

「嘘だろ?」とつよき香水いぶかしむ

風入や古き写真に泣けてきし

夏惜むタクラマカンの石一つ

メスばかり存ふ籠の兜虫

釜の蓋たれが開けたる劫暑かな

一握の砂一匹の蟻ふくむ

1800℃で煮ゆるすつぽん暑気払

立泳ぎして我が在らぬ岸を見る

まくなぎや湯のやうな風吹いてをり

言ひさしを又言ひさして遠花火

手花火のふたりぽつちでありにけり

親子の城波とたゝかふ土用かな

書肆に書を撰む愉しみ夜の秋

夜の蟻を抓みて夜へかへしけり

赤き蟻黒き蟻ゐて交はらず

懸崖の人を拒みて滴れる

夏河に溺れしことも母郷かな

泡盛に逞しきかな島野菜

夜の秋のたれに聞かする呟きぞ

夜の秋やかそけき音を聴き分けて

誰もゐず噴水をもう止めてやれ

頭をつかへ黴の中黴びぬため

鳴くしかなく夜店のひよこ鳴いてをり

現し世にいま打ちし水いま消ゆる

嵐電がよぎる昼顔咲いてをり

満室のカプセルホテル原爆忌

ゆくゆくは原子に還るすゞしさよ

晩夏光河は苦しく蛇行する

合歓の花時差の向うの子をおもふ

広島忌0で割ること赦されぬ

ひまはりの瞳の閃光す長崎忌

新世界串カツの香の残暑かな

大阪のアスファルト耀る残暑かな

喪服着て茶房に入りし秋暑かな

秋蝶のなにかせはしき花背かな

正視して男ごころの桔梗かな

日盛の耳を圧する無音かな

坂道に舞ふ影の蝶長崎忌

渋滞の只中秋に入りにけり

秋立ちて小仏トンネル渋滞す

今朝秋とおもふ草の香甲子園

はつあきの雨北嵯峨にすぐやみぬ

羚羊の視線に遇ひぬ秋の嶺

秋蜂の客死してをる畳かな

蟷螂の斧をねぶりて飢ゑにけり

小栗栖に光秀の藪秋の蛇

日時計の影鋭角に帰燕かな

あをあをと初鵙の空ありにけり

大花野あふむけに寝て死の如し

はるばると帰り来りぬ草虱

台風の忘れてゆきし鼠かな

五分前にいつも来るひと台風圏

秋の田のはたらく人に会釈せり

秋簾町家も減りし町家筋

踊りの輪囲み踊らぬ輪のできる

行灯に火虫もつどふ踊りかな

秋蝶の供華より供華へ翔びにけり

老犬が老人を曳く秋夕焼

コンドルが金網を咬む秋夕焼

過去帳に水子がひとり茄子の馬

ふるさとや盆の月より父母とほく

草いきれほどほど醒めて盆の月

名も知らぬ草の香しるき盆の月

この川を京へ流るゝ盆供かな

東京に不二見えてゐる終戦忌

大文字のあとのネオンの街に失す

つかの間の逢瀬となりぬ大文字

台風の逸れし立呑酒場かな

おのづから糸瓜の曲る風流(ふりう)かな

さらばとふ男の言葉秋燕

白露やたまたま人に生れけむ

邯鄲を聴くに叶ひし枕かな

ぬばたまの耳塚といふ虫の闇

蜩のこゑのみ透きて杉襖

流星や胸中になほ未完の詩

コンクリート群塊八月の落葉せり

コスモスの揺れて紛るゝコスモスに

鉦叩をはりあればはじまりあり

刑務所の端に佇つひと草の花

銀漢や一人のイヴにつながりぬ

死ぬ人に障子をひらく銀河かな

抜けし歯は銀河の屋根に捨つべけれ

有の実をいのち少なき母に剥く

仮病われに母は林檎を剥きくれし

斎場へつゞく矢印秋の風

秋風の京に七口ありにけり

銀閣に銀箔あらず秋の風

落柿舎の裏手に聴けり秋のこゑ

化野に蝶見てよりの秋思かな

猿酒を猿と酌みゐて夢うつつ

蚯蚓鳴くさすが六道珍皇寺

爽やかに話して他人同士かな

秋虹の消ゆ東京の早歩き

遠花火かの日のつづきしませうか

誰もゐぬうしろの正面秋の暮

再会を誓ふシスコの夜霧かな

虫の夜のなかなか寝顔美人かな

夜業人なべて機械のしもべなる

稲妻のふところ深き天地かな

バッタ跳び亜細亜大陸蒼茫たり

医の宥す一合の酒あたゝめむ

余所者を忌む峡村の濁酒かな

どぶろくや此処は銀河の番外地

残暑とは猫の抜け毛のやうなもの

ゆきずりのをとことをんな蚊遣香

放たれし囮の止まる囮籠

小鳥来てラジオに好きな曲ばかり

小鳥来て三時のおやつは文明堂

曇りのち小鳥来てゐる金閣寺

きりぎりす昔男に鳴きにけり

露の夜の星にも生死ある話

蟷螂の怒り忘ずる天気かな

何はじまれる霧の中霧うごき

生きものはみんな哀しい澄む秋ぞ

水澄みて近江に富士のありにけり

朱雀玄武青竜白虎ちちろ鳴く

カンナなほ燃えて愛憎紙一重

秋蝶や供華ある仏なき仏

露の世に開き直つて胡坐かな

鬼の子揺れてあれも夢これも夢

花野風ここは鈍行のみ停まる

蛇の気配鶏の卵を生む気配

ピサの斜塔やはり傾く昼寝覚

北京秋天民の広場に民溢れ

狐面つけてまぎるゝ秋祭

秋色にまぎる空似の細き影

傷みたるたましひに酒あたゝめむ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME