田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

7月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像7月

とこしへに和泉式部の恋螢

母の眸に少しく痩せて帰省かな

でこぼこの道しかと踏む帰省かな

胆試しすれ違ひしは誰ならん

故里の先づはおはぐろとんぼかな

骸骨に袋かぶせて夏休み

業平の終の栖の苔の花

眠らねばけふが終らぬ熱帯夜

諦めて聴くピアノ曲熱帯夜

茂るまま茂りて過疎化高齢化

冷し中華零時過ぎたる木屋町に

水打つてまれびとを待つ石畳

雲母虫亡き父の書にながらふる

百足死し遅れて百の足が死す

日盛や茶漬にかなふ強き飯

雨降れば雨を愉しむ籠枕

室町も二階囃子の夜風かな

また太き雨が降るなり鉾祭

京のものなべてあえかに川床料理

空腹の青春なりし昼花火

昼寝覚ガリレオ温度計ふわり

炎天に屈み瞑り墓をがむ

滝壺の恐ろしければ又覗く

青葉木莵鳴く眠れよと眠るなと

蟇出づるけふは親父の命日か

夏蝶や弥勒の瞼やゝひらく

真向ひに如意ヶ岳据ゑ夏座敷

たからかに竹切結ぶ青嵐

爆音の過ぎにし静寂(しじま)蝉の穴

コンピュータルームに仄とシャネルの香

わが胸になんでとまりし青螢

熱帯魚ひかりの中に飼はれけり

人に生れ蛇に生れ今すれちがふ

分け入つて蝮に出遭ふ山頭火

夕立あと碧眼に逢ふ本能寺

大鯰口をひらけば冥土かな

飛魚の仰山獲れて町貧し

七月の人をいざなふ無人島

鬼面の裡のただがほの汗滂沱

夏痩せて火の酒いよゝ美味かりし

傍にゐて水着の乙女はろかなり

頭の中を真つ白にして蝉が鳴く

五月闇標本室の蝶にほふ

一服の向精神薬梅雨の蝶

ゆびさきに覚えなき傷朝の虹

遠花火あなたは別のことおもふ

いうれいに訊ねてみたる落し物

保育器に数多のいのちみどりの夜

月鉾の月に夕空なほ青し

迅雷に月鉾の月ありにけり

鉾立ちて眼差しさやに都びと

華燭また別れの一つ花氷

日盛の己が身に水注しにけり

金閣の金を見過ぎし霍乱か

幽霊のやたら肥えゐて夏芝居

追ふものは追はるゝものや走馬灯

ハイヒールに足踏まれしよ巴里祭

地下出るより祇園囃子の最中なる

香水やいまだ源氏名より知らず

おのづから鵜籠に入りて鵜の帰る

七月の触れてつめたき猫の鼻

日蝕の後の日盛めしを食ふ

書き惑ふ鬱といふ字の茂りかな

根の国の蚯蚓ひかりに出でて死す

百の豚に百の鼻ある溽暑かな

わが生のどのあたりなる夕焼川

情死とふ古き死に方誘蛾灯

水打つて一見さまは御ことわり

化粧ふれば舞妓は暑さ知らぬなり

高瀬川あくまで浅し灯涼し

コクリコの碑に触れてゆく揚羽蝶

緑蔭に憩ふ仮面を脱ぐごとく

灯取虫落ちて足掻ける革命史

らふそくの火が一つ百物語

仰向けに死ぬるしあはせ油蝉

夜空より枝垂れて祇園囃子かな

をんなよりをやま美し夏芝居

わたくしは記憶に過ぎず浮いて来い

ましろなる睡眠薬をのむ白夜

蝮酒六根すべて火めきたる

片蔭や昭和のにほふ古本屋

父の世の少年倶楽部曝すかな

焼けひどき『されどわれらが日々』曝す

見てをれば近づいて来る青嶺かな

けふの蝉かの日の蝉や忌を修す

たゝなはる山たゝなはる蝉時雨

蝉しぐれ葬はじまりて葬をはる

一切を見て来しまなこ蝉の殻

骨相といふかほのある大暑かな

黴の書に黴びぬ言の葉ニーチェの眼

鱧食べて下卑たる話する勿れ

道をしへ京の終なる御陵かな

海猫(ごめ)群れて海猫の数だけ海猫のこゑ

京扇母の好みし伽羅いまも

猿山にひと騒ぎあり旱空

散骨のたとへば海の花火かな

白日傘楼蘭城址に忘れあり

二十一世紀を歩く黒日傘

手花火を手向としたり猫の墓

団欒ありき扇風機の風頒ち

病葉のふと舞ひ上る高層街

誘蛾灯ふるさとの灯の一つなり

灼くる地に歯並びの良き髑髏かな

星々の生死をおもふ端居かな

短命の猫を葬りし冷夏かな

青松の白砂を借りて蟻地獄

現し世に後戻りなし蚊遣香

コカコーラ手に戦争を見てをりし

光年の星とどきゐる端居かな

片蔭ゆ片蔭へ年とつてゆく

たゞ灼けて芹沢鴨の小さき墓

愚かなる蠅よ逃げては弧を描く

背泳の空真青なる孤独かな

生きて死ぬそれだけのこと蝉時雨

かなぶんになりてかの日へ帰りなむ

和を以つて尊ぶ蟻の国なりぬ

水槽の今の鰻を今し食ぶ

花氷華燭の典の間も痩する

空蝉に青き水滴のこりをり

カサブランカ活く女の香消すために

サングラス掛けてはじめて見ゆるもの

日表ゆ日裏に澄める金魚かな

日焼してカレーライスの好きなひと

無辜の民無辜のくちなは搏ちにけり

パルテノン神殿さして蟻の列

美しき距離ハンカチのなほ振られ

バスローブ着たるばかりのビールかな

泥田なる泥をよろこぶ素足かな

蟻が運び去り一件落着す

北行を上ルと云ひて京暑し

太陽に味ありとせばトマトかな

箸置は小舟のかたち月涼し


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME