田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

6月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像6月

梅雨兆す幸福の木の薄埃

すゞしさや遠き灯一つ一つ消え

遭ひさうな予感に昃る蛇の道

六月の嬰心臓の良き音す

喪の酒にゑふ鰻屋の二階かな

螢火の今宵をとことをんなかな

京の鱧あづまをとこに食はすべし

みづうみの夜雨すがしき洗鯉

背泳の背のたゆたへる海の面

捨てられし空瓶のごと立泳ぎ

我は吾を生きねばならぬ裸かな

刺青の裸身に楚々と臍ありぬ

山積みのバナナの中の日本かな

沿線にアパート多き西日かな

遺りたるものにわたしと水中花

あぶり餅炙る香りや五月晴

ラクダの背なに満天の夏の星

朝の虹愛は執するものならず

冷奴放つておいてくるゝ見世

ひとと逢ふ青蓮院の楠若葉

爆心や真裸の月出てをりし

げにも旨き飯盒のめしキャンプの夜

手花火の向う三軒一人つ子

しまひまで線香花火よくよく見る

このひとのえり足きれい庭花火

釣堀のおやぢは釣りが嫌ひとぞ

大寺に大蟻の国ありにけり

為すべきこと変らず蟻も人間も

白妙の小流れに遇ふ木下闇

掻い抱けば仄と螢のにほひせり

隠れ沼に太き雨降る蟇

饒舌な銭亀売を憎みけり

光悦の墓に失せたる瑠璃蜥蜴

またゝけば瑠璃蜥蜴消ゆ光悦寺

青嵐さすが源氏の男山

人間の罪ぎつしりと冷蔵庫

冷蔵庫卵が減ると不安になる

溜息ついて東京の西日に到く

狐路地狸路地ある五月闇

空梅雨の井戸を覗きて自(し)が眼に遇ふ

容赦なく過ぎてゆくもの蚊遣香

西日へとひたすら伸ぶる鉄路あり

夜の露台もつとも遠き灯を見つむ

横浜沖晴れ極まりし露台かな

夏草の思ひの丈をおもふべし

夜を統べて大雪渓の眠らざる

いつ来ても誰かたゝずむ未草

湯浴してなほ青空の夏夕餉

緑蔭や二人来たりて一人去り

滝となり又滝となり又滝と

滝落ちて水あらたなる天地得る

御来光待つ二杯目の濃き珈琲

夏河をふぐり濡らして徒渡る

朝涼や半熟の黄身うるはしく

大夏野踏み分け道のあるばかり

相席となり大人しきビールかな

尼寺に白猫のゐる木下闇

片蔭もゆかしき京の町家筋

淡墨に暮れてうつくし梅雨の京

おのれ知るおのれの寝相明易き

夏の灯やかくも浮きたる肋骨

剥製の鷹翔つかたち夏座敷

海鳴りに耳も慣れたる青簾

日曜のしづけき朝のついりかな

軽石のごとく浮かみて子亀かな

青鷺の像にあらざる水際かな

青鷺の一歩に揺るゝ金閣寺

金閣寺青鷺ゐつくつもりらし

はんざきの棲むみなもとに憧るゝ

空梅雨のはたして騒ぐ群鴉

鑑真の像梅雨闇を聴きおはす

飴細工見てゐて更くる夜店かな

美しき飴買ひしのみ夜店の灯

めくるめく西日へのぼる螺旋の階

知恩院の鐘の真下の五月闇

うつくしき祇園の灯し五月闇

しづけさのさびしさとなる根無草

おもかげの立ちては消ゆる花藻かな

男とは孤り泣くもの夏の星

尺取の一寸先の虚空かな

金魚死す何でなんでと子に訊かれ

通り抜けできますと路地涼しけれ

これがまあ京の暑さや阿国像

あさましきネオンも見えて鰻食ふ

冷し中華木屋町いまだ灯りゐて

決めかぬる明日シャワーを全開す

すつぽんの生血に火めく暑気払

雪渓にまなうら火めき眠られず

出水して戻らざる亀太宰の忌

父の日の機嫌の悪きゴリラかな

父の日の父さりげなく旅にあり

夕網のものばかりとぞ夏料理

いくたびも寄る同じ窓同じ梅雨

大阪の水のにほひや梅雨の月

七曜のおほかたは雨七変化

音読の子の声聞こゆみどりの夜

ハーモニカつたなく鳴るもみどりの夜

蕗を煮て町家の奥の暗きかな

奥の宮へと夏木立おほいなり

山蟻に後れをとりし木の根道

夏蝶のふかぶかと失す鞍馬山

打水の楚々と走りぬ二年坂

ビル壊しゐる日焼せし男の眼

わたくしを探してゐたる昼寝覚

書くこともなしと書く日記夜の蟻

目高ゐず日本国に目高ゐず

したゝかに浮世草子のきららかな

めまとひと哲学の道ゆきゆくも

夕陽の蚋のあなたの明日かな

鯖鮨や錦市場をとほるたび

良き日なり錦市場に鱧買うて

大丸のまへに貰ひし団扇かな

葛切や祇園の燈しうつくしき

白壁の蔵に今年もつばくらめ

いちにちの空白ひとりむしの影

海原に倦む昼顔にひとりごち

緑蔭をきびす真白くひと歩む

水打ちてこそ紅燈の巷かな

塾了へて二階囃子へ子の急ぐ

けさの卵に黄身二つ沖縄忌

全共闘世代の永き端居の背

人類の滅びし星の油虫

太平洋のすみつこの浮輪かな

鉛筆に木の香して梅雨ながき

ハチ公はとはの忠犬梅雨滂沱

年半ば梅雨半ばなる不如意かな

事もなくけふも暮れゐる蟻地獄

五十二階の窓際に熱帯魚

東京の輝き失せてサングラス

影来り止りて髪切虫となる

ふるさとの溺れてみたき夏の河


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME