田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

4月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像4月

百とせは生きねばならぬ万愚節

空腹や雲雀のこゑのあるばかり

人間は遂に孤りや鳥雲に

鯛の腹きれいに裂かれ花の昼

目刺噛むその目もつとも苦くして

柳絮飛ぶ束縛の國さやうなら

鳥雲に入る約束は果たされし

古傷の疼く夜雨も木の芽雨

飛行機雲みるみるふやけ目借時

花篝こころ危ふくたもとほる

花篝いよゝ眉月あやしけれ

恋も早や忘れし猫の薄目かな

夭折や燕は雨に低く飛び

淋しさに蛙を真似て鳴いてみる

浄机早や乱れて四月はじまりぬ

薄幸で細魚の好きなひとなりし

宙に消ゆわたしもいつか石鹸玉

龍馬遭難の地とのみ春疾風

清滝の家並ゆかし鮎のぼる

花疲れ忘れて都をどりかな

菜の花やなほ太陽の照り足らぬ

花篝たまゆら舞へる鬼女を見し

飯を食ふかりそめの世に接木して

春眠の歩むほど街遠ざかる

春昼の遅れ癖ある鳩時計

春の鴨一羽旅人さはにして

案外にたのしさうなる残り鴨

少年は俄かに老いぬ鳥雲に

杣人は斧研いでゐる燕来る

花の下吊るせば紐のおそろしき

ユーラシアより海に出し柳絮かな

くちびるの一触即発夜の櫻

渾身を桜吹雪に濡らすかな

桜散る浅き睡りの夜頃かな

われは狂る正気の桜散る中に

一切を水の見てゐし落花かな

路地裏に夕餉のにほひ母子草

都忘れ忘らるゝ筈なきものを

かぎろひて見ゆる筈なき昭和見ゆ

春深く夕暮の鐘ひろがりぬ

吟行の一人はぐるゝ春深く

花辛夷汚れちまつて鄙の空

麦粒腫生れしまなぶた春深し

白鳥の引くこゑ耳にいつまでも

囀や巌となりしさゞれ石

タクシーを拾ふ女人や花しぐれ

沼といふ韻き恐ろし春深く

春深き野に隠れ沼を教へらる

むつつりと漫画読みゐる春の風邪

命なきものも戦ふいかのぼり

花篝三十六峰真の闇

ちゝはゝの忌もあはあはし花曇

ひとづまと訪ぬる奈良の八重桜

花吹雪いま絶唱の最中なる

寝ねし嬰抱けばぐにやぐにや花の夜

終バスに眠り怺ふる花疲れ

生き物飼へと春愁の子に言ふも

モンローの唇厚く春深く

アネモネやモンローの唇半開き

戦はぬ人生淋し蜃気楼

瞑れば頭の中にゐる雲雀かな

落椿かな母の死も父の死も

もぐらにも戦あるらし土匂ふ

草萌や小鳥の墓の白き石

まなぶたを閉ぢても落花眼に感ず

つばくろや閉塞の世の濁り空

鉛筆を噛む癖ぬけず進級す

切れ長の龍馬の細目沖霞む

ふふむ飴まろみまろみて鳥雲に

滾ちつつ一期の鮎を上らしむ

周恩来詩碑もしとゞに花の雨

仏飯を喰ふ捨仔猫喰へばよし

ひきしほに汐木をかへす暮春かな

桃咲いて欠伸の中にゐるごとし

散つてゆく花一片のものがたり

うつつより夢にぞ匂ふ残花かな

濁流を西へ西へと花筏

かの人のその後を知らず花筏

鳥雲にいたく焼けにし昭和の書

亀鳴くや宇宙より船還りきて

永き日の飽くこともなき反故づくり

釣糸のぽつんと垂れし遅日かな

惜春や砂山をまた積み上げて

コンピュータ・ルームに癒えし花疲れ

いくたびも海市を見せしこの世かな

寄居虫のはたして落つる怒濤かな

春深く草色の蛇見失ふ

草色のもの草に棲み春深し

進学し僕から俺になつてゐる

癒ゆるとは目刺齧ればにがきこと

マチネーのオペラに行かむ春惜しみ

若芝や兵士の眠りとこしなへ

ふつ切れし思ひの如く柳絮とぶ

遠浅の海どこまでも朝寝かな

蝶翔ちててふてふとなる日和かな

火の山に火のなきけふを鳥帰る

真剣に働蜂を殺しけり

密かなる逢瀬の後の春の風邪

とこしへの父母の留守春落葉

白湯飲みて六腑やしなふ木の芽時

砂時計3分ほどの春愁ひ

キネマより出れば無聊の遅日かな

花種を蒔きいちにちの栞とす

春泥に漢ばかりの来る飯屋

春泥の小径の果の直指庵

存分に歩きて春の夕焼かな

ひとゝきの名残の雪や奥千本

逃水や引き返すには来過ぎたる

ひきしほの端踏みて春惜しみけり

行春の裳裾のやうな白き雲

行春や煮くづれてゐる湖の魚

木屋町の夜をうろうろと春惜む

朧夜や白梅図子といふ小径

朧夜やろうぢといふも京言葉

ふらここを漕げば瞬く牛飼座

惜春の手をおばしまに橋半ば

行春やイノダコーヒに長居して

日曜の夜のさみしさの遠蛙

月曜といふもの憂さの昼蛙

どの寺の鐘や暮春の東山

寄居虫に忙しき脚ありにけり

行春やたまさかに買ふ時刻表

つがひにて愁ひを分つ春の鹿

虚しさの一隅に蒔く花の種

別るゝや逢ふや霾るこの街に

たそかれを舞妓のいそぐ柳かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME