田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

3月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像3月

おそろしきものに女雛の細目かな

春浅し屈みてをがむ小さき墓

嵯峨豆腐買ふ列にゐて冴返る

陽炎やかなしき仔犬帰り来ず

淡雪や花見小路の夜も更けて

まつさらな蝶にお注射致しけり

とりあへず眼玉をはづす蛍烏賊

春月がつむりに落す一雫

光年といふ巻尺や星朧

そと触れし玻璃に濡れゐる春の闇

雨音のつゆ憎からぬ朝寝かな

春眠の空を游いでゐたりけり

淡雪に濡れて嬉しき都びと

春虹や嘘でも嬉しかりしこと

春の虹消ゆゆつくりと眼をつむる

春疾風墓のそびらの騒がしも

火葬場に飯食ふところ鳥曇

蝌蚪いまだ蝌蚪より知らぬ蝌蚪の国

春しぐれ八ツ橋を焼く香りして

わたくしを振り切つてゆく陽炎よ

流氷を一期一会の人と見し

酒蒸しの浅蜊にほのと酔ひ初むる

桜貝ひとつ残しぬ雲母波

山彦の山奥へ去る木の芽かな

吾よりも父母(ぶも)若かりし春の夢

屋根づたひどこへも行けて恋の猫

占ひにひらくてのひら朧なる

うすらひや醒むればすぐに夢忘れ

働きに只はたらきに蟻出づる

鞍馬路はけふも雪降る木の芽和

泣く笑ふ睦む争ふ霾天下

向うにも佇む一人春の水

をりからの三味の音漏るゝ春燈

鉄棒は嫌ひのままに卒業す

卒業歌半ばにまなこ潤みしこと

ジャムを煮て学生妻の春休み

サイパンに戦死と墓銘忘れ霜

春雷の後の眠たきゆふまぐれ

春霞見遣るおのれも霞みけり

かすみけり如意ヶ岳はた比叡(ひえ)の山

さみどりに牛と牛飼かげろへり

ギモーヴちふ仏蘭西の菓子うららかや

あたたかや阿国の像に触れたれば

朧夜のそろそろ眠き十指かな

花種を蒔きて安けき京はづれ

春寒に架かりて長き渡月橋

麗日にかゞよひやまぬ金の鯉

下京の路地の奥より冴返る

春眠の底へ溶けゆく何もかも

春寒し蚕の社ちふ小駅

知らぬ間に人と生れて春愁ひ

春愁やうろくづの眼を瞑らざる

啓蟄や欠伸ちふもの伝染す

春寒料峭ひとひら喪の葉書

古伊万里の小皿ゑりゐてうららなり

もろもろの音遠のける朝寝かな

うつし世の音のはづれの朝寝かな

春嶺に深入りしたる寒さかな

ひそやかにして死火山も笑ふ山

西方へ仔猫を追ひて行つたきり

朧夜のおぼろを流す高瀬川

春休み風のなまへを蒐めけり

風車不意にシャネルの香りして

あをあをと潮満ち来る初桜

鉛筆の尖を鋭く花の冷

花冷のつながつて出るティシューかな

揺椅子にゆらりと春の愁かな

頬杖に異国をおもふ春の海

春嵐飛び出しさうな仁王の眼

地球儀の自転迅むる春愁ひ

ゆつくりと疑問育つる物芽かな

あぶり餅炙る煙もうららなり

春霖や繰り言めける鳩のこゑ

雪柳風清らなる一日なり

日蔭より日影へ蠅の生れたる

二日ほど我に見られて蝶死せり

刻まれし時をつないでゐる蝶々

鳥曇別るゝために邂ひしとも

風船に片手奪られてをりにけり

万年を生きねばならず亀鳴けり

ピサの斜塔やはり傾く春の夢

水温む旧知のやうな鯉のかほ

春夕焼凸面鏡に溢れたり

コンタクトレンズの不快霾曇り

長閑さやビーフステーキ箸で食べ

人間の怖さを知らぬ蝌蚪の国

USBメモリにしまふ櫻かな

花冷のほそく開きしフランス窓

花冷や切り子のグラス出してより

コリーにも笑顔のありて野に遊ぶ

春休み小鳥のやうに早起きし

春の月眺めてをれば二胡噎ぶ

昼は鬱夜は躁なる蛙聞く

春雨の日の本の音聴き澄ます

白魚のいのちもろとも腑にとゞく

うつくしく磯巾着の飢ゑにけり

一服の向精神薬夜の櫻

花人の目見うるはしく行き交へる

ハーモニカ拙きもよし春夕焼

風の中道行きのごと蝶双つ

風光る海馬の中のラ・マンチャに

揚雲雀こゑはひかりとなりにけり

いづこへも行けて行かざる春の昼

踏青の嵐電降るゝ一歩かな

白れんや風向き変る夕まぐれ

東京のつくられてゆく春の泥

長堤の果ては天なる櫻かな

空港に汝と別るゝ花粉症

白れんや天に乙女座牛飼座

言霊の駆け上りゆく山桜

目を醒まし言霊さます櫻かな

一力に停まるハイヤー花しぐれ

花しぐれ花を少しく冷ましけり

柳絮飛ぶ民の広場に民溢れ

清水の舞台をよぎる柳絮かな

もう誰も踏まざる踏絵玻璃囲ひ

あすはもう月曜日なる春の風邪

鍵善にやはり寄らまし花疲れ

春愁や貝が真砂を吐くことも

昼笑まひ夜もゑまひてチューリップ

本閉ぢて暫し蛙に目を借られ

永き日のミナト神戸も見飽きたり

祇園より歩いて帰る遅日かな

白川の面にとゞく柳かな

青柳や舞妓に出逢ふ小橋の上

春空に宙ぶらりんの男かな

日永なる一本道の起伏かな

長江に釣糸垂らす遅日かな

板前の手の真白なる花の宵

はんなりといふ京言葉花ぐもり

来てみれば果して散れる山桜


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME