田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像2月

五色豆味も五つや春隣

オムライス親子で食うぶ春隣

ワインがぶ飲みして冬を終らしむ

島原の大門くゞる猫の恋

恋猫の声にたがはず遠けれど

紙袋動いてをりし仔猫かな

切結ぶ竹の音聴く風二月

鬼やらふ闇にはたらくコンピュータ

豆打てどなほ身の内に鬼潜む

やらはれし鬼のまぎるゝ人の海

節分の鬼面はづせば乙女なる

北野より平野へまゐる厄落し

炬燵居や京のおかきとはうじ茶と

どこぞやの猫に当りし鬼の豆

豆打つやとりわけ鬼門裏鬼門

豆撒いて上七軒の舞妓どち

阿羅漢の一つがゑまふ雪消かな

長湯してふやけしおよび春の雪

東京に春の雪積む秘史ありき

夜半醒めぬ母郷は雪崩ある頃か

湯波半の湯気うつくしく春立ちぬ

春眠の菓子に色あり匂ひあり

春愁のカーテンの色変へてみる

恋猫の奪ひ奪はれ生きてゆく

白魚の死して真白くなるあはれ

箸墓は卑弥呼の墓や百千鳥

亀鳴くや睡魔不意なるゆふまぐれ

隠れ沼や亀も鳴くなる逢魔刻

淡雪や一力茶屋を出でしより

東風さむき白梅町といふところ

朧夜の徳利提げて狸立つ

朧夜の身に九穴のありにけり

子の眼にも五十路の眼にも風光る

風光るかの日にはもう帰れねど

白梅に醒め紅梅に惚けけり

東 山 三 十 六 峰 鐘 朧

長生きの盆の窪ちふ朧かな

朧夜の角をまがれば空也堂

猫の鼻触れてつめたき春の闇

陽炎の中よりとゞく訃報かな

かげろふへ行人消ゆるひとりづつ

春陰や目疾(めやみ)地蔵を拝むひと

ふらここに腰かけてゐる病後かな

ふらここに腰かけて見し牛飼座

十年経たりぬ陽炎に消えしまま

春泥の径の果てなる縁切寺

しやぼん玉数多飛ばして孤独な子

しやぼん玉亜細亜大陸回天す

陽炎ゆロバのパン屋の楽鳴り来

陽炎へロバのパン屋の消えゆけり

広辞苑六法全書春の塵

水ぬるむ近江に富士のありにけり

ひとゝきの淡雪をのせ金閣寺

青眼に構ふる剣士春の風

貝寄風にガソリン臭き渚あり

バレンタインデー ボトルキープしてくれし

浅春のあんかけ生姜饂飩かな

ほつこりと春満月や茶わん坂

岩噛みて行くしろがねの雪解川

鳥飛んで歌うたひたき雪解かな

一合の酒に足らふや蕗の薹

小流れが日よりまばゆし蕗の薹

この川の名は知らざれど猫柳

春の宵祇園界隈たもとほる

香焚いてぽつねんとゐる朧の夜

ふらんすの水旨かりし朧かな

木屋町の春夜を更かす焼酎バー

居心地のよろしき見世や蒸鰈

賀茂鶴のぬる燗が良き朧の夜

ためらはで蝶のくゞりし阿吽の間

坪庭にいさゝかなれど牡丹雪

残る鴨勇の詠みし水にかな

何ならむ身内も騒ぐ春一番

干鱈裂きて不意にさびしき酒となる

牛啼いて鶏鳴いて山笑ふ

美しき丘にのぼれば春の潮

母子草かなしき人が名づけけむ

巣作りの蜂の一心おそろしき

風光り思ひきり泣く赤ん坊

鳳凰も愁ひ顔なる春の水

恋猫を撫でては浅傷ふやしけり

風を聴く耳の穴より冴返る

牡丹雪刻の流れに遅速ある

若草やそろそろ倒(こ)けて良い頃か

古草や先いそぐ雲ばかりなる

モーツァルト奏で初蝶呼んでゐる

ときに夢ときに現に初音せり

春めくやおもちやの舟の流れゆく

おもしろすぎて疲れたる春の夢

湯上りのかほを向けたる春の月

山河けふ力抜きたる雨水かな

この道の仮の栞りの白蝶々

春の雲子の吹く喇叭聴く如し

丑三つの暗転したる春の夢

頭痛薬一つひそます春の服

春装のひと鏡より翔ちゆけり

浮世絵のをんな面なが花海棠

をはりとははじまりのこと遠雪崩

蜆汁亡母の繰り言聞こえたる

囀りの國の中なる御陵かな

遠浅の海遠浅の春の空

蝶の眼に風見えてゐる虚空かな

大切に初蝶を目にしまひけり

初蝶に道の真中をゆづりたる

おほかたは声聞かずなる捨仔猫

双の丘春の夕焼つらねたり

しやぼん玉瞑(めつむ)れば時越えゆけり

七曜の巡る早さの物芽かな

青き踏む五百羅漢にまみゆべく

酔羅漢鼻欠羅漢山笑ふ

春宵やオールドパーに致しませう

たましひの移ろひ易き落椿

貝寄風に卒塔婆の騒ぐこの世かな

囀や柩窓てふ終の窓


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME