田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

1月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像1月

白朮火を守りて上ル東入ル

恵方へと魔物の金を持ち歩く

相識らぬ幾万のかほ初詣

かにかくに女の長湯去年今年

蝉丸も小町もとられ負歌留多

かりそめの世に遊びせむ初日記

人妻としばし道づれ絵双六

加茂川に棲みなす鳥も今年かな

去年今年電子レンジのチンと鳴り

初夢の八俣遠呂智吉とせむ

ワインロゼ互(かた)みに酌みて姫始

白妙の嗚呼しろたへの京雑煮

初晴や京にけはしき山あらず

鳶の笛ひときは高き初比叡

亡き父を語りて泣きし礼者かな

ばつたりと三越まへに御慶かな

雪舞ひてゐしこと知らず寝正月

高層街衢手毬つく子がひとりきり

五条の先忘れし京の手毬唄

買初の行平鍋の柄にて候

ごまめの眸皆いとけなく美しく

ひとり栖む京のはづれや鏡餅

掌をくすぐる独楽を愛しけり

独楽の紐念力こめて緊(ひし)と巻く

漠々と未来されども初暦

鍵善に恋人を待つ初まうで

賀茂堤歩き足らひし初詣

遠景に如意ヶ岳見ゆ筆始

寒泳の水の温さを言はれけり

寒紅や祇園は昏きところなる

一月の比叡の機嫌ななめかな

比叡くらく愛宕あかるき寒の入

切結ぶ竹の音聞く寒の入

阿羅漢の嘆くも笑むも寒の内

化野の石にはじまる寒暮かな

水の出ぬ蛇口が一つ山眠る

初旅や柿の葉鮓の葉のかをり

七草粥吹いて一日淡々し

底冷の鶯張りの音を踏めり

風花やいよいよ青き荼毘の空

風花に連れて消えにしひとのこと

風花に連れて散りにし十七字

しぐるゝや灯りて昏き先斗町

花買へばしぐれて和泉式部町

大原はけふも雪積む牡丹鍋

猪肉のげに大輪のぼたんなる

兎狩むかし合戦ありし野に

すつぽんの生血に始む薬喰

妥協せじ寒の断崖見て戻る

枯野来て枯野の小石海に投ぐ

容赦なく過ぎゆく時間冬の潮

冬耕のひと鋤くほどに若返る

さはつたら火傷しさうな氷柱かな

虚しさのたとへば巨き雪仏

別れゆく離(か)れゆく汝のコートの背

鼈も亀も見ぬ池寒の雨

湯気立ての湯気盛んなる黙の夜

焼鳥や案の定泣く泣き上戸

狐より愚かに掛けて狐罠

最終バス少し遅るゝ冬銀河

丹の橋の塗りなほされし淑気かな

滾つ瀬に構ふ空手部寒稽古

四温へと亀がそろりと首を出す

とある日の冬の雨より恋となり

声出して聖書読むひと冬の園

シャボテンに人集まりて冬の園

鮪糶る丸太の如く置かれしを

意外やな京の真中のねぎ畑

ゆりかもめかにかく京を好みけり

一つ翔つと皆翔つあはれ都鳥

暫くをゆりかもめ見て橋半ば

屏風絵の虎耽々と吾を狙ふ

一月のペンキのにほふベンチかな

暖冬の屋根屋屋根にて莨喫ふ

冬館屋根裏部屋にたれかゐる

抜け路地の入口出口雪だるま

雪悦し酒場を出でてまた酒場

昔男ありけり老いて着ぶくれて

熊出でし山にも市制布かれあり

冬霧や別れ遅るゝ国際線

冬霧のそこひに響む摩天楼

垂直に嘴立て鶴も歎かむか

枯山河車窓につゞく以下省略

火事跡を離れぬ犬のをりしこと

順々に逝きて一人や置炬燵

賀茂川に高野川合ふ寒さかな

かのひとの徹す独身黒セーター

茎漬や朝餉つましき京をんな

色町に抜け路地多し牡丹雪

暗闇の本能寺址虎落笛

独楽廻すむかしむかしの手の憶え

大寒の釜揚げ讃岐うどんかな

零戦のあはあは現るゝ青写真

寒柝に一日の了る地球かな

鐘凍てゝ愈々怖き鐘の下

冬薔薇や昭和終りし日のやうに

早々に辞するためなるマスクかな

冬芽赤し少年はいま反抗期

枯れの果火の山けふも火を噴けり

吊革にゆらりと日脚伸びてをり

長考に沈みゆきたる襖かな

きれいなる白身の魚食みて寒

東京に雪降る夜の鮟鱇鍋

蜜柑に爪深く悪女かも知れず

邂逅や哲学の道枯るゝ中

鴨川の見ゆるお茶屋の火鉢かな

斎の座に酔うてしまひし海鼠かな

黙徹しじつと海鼠になつてゐる

大いなる梶木の魚拓冬座敷

冬かもめ水の都のあを空に

野の宮の苔うつくしき落葉かな

待春の身をひるがへす近江鯉

春隣る平等院の映る水

島の灯が真珠の如し春隣

壁の中水の音する風邪心地

この薬効いてをるのか冬深き

日あたりて舞妓のとほる枯柳

安らけき世を皆望む大冬木

人間に飽きてしまひぬ鷹にならむ

裸木といふより骨の一樹なる

着ぶくれて痒き処のありにけり

湯豆腐や眼鏡はづせば美人なる

燦々と腑に沁みとほる寒の水

冬川や海へ出でたき破人形

太陽光発電設備枯野宿

大枯野なりぬ泣いても笑つても

行列のできる豆腐屋春隣

ばつたりと四条に遇ひて春隣

着ぶくれて巷恋ひつつ出で行かず

更けてより華やぐ小路牡丹雪

群れてゐて孤を守りゐる水仙花

水仙や怒濤いくつも見てゐたり


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME