田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

12月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像12月

御破算で願ひましては十二月

十一月水の如くに過ぎてけり

縄跳びにあれよあれよと日の落つる

室の花玻璃に音なく海荒るる

町川の水面とろりと菜屑かな

京にしてさすが九条の冬菜畑

毛糸編み女の方が長生きで

空箱の中に空箱十二月

底冷や紫がかり比叡暮るゝ

霙るゝや眼科に暗き検査室

面白うなりさうな夜や街に雪

残さずに食へよと猪が云うてをる

ぎをん新橋お茶屋の角の小春風

駆け抜けて蕎麦屋に入りし時雨かな

透明な傘に風花乗りたがる

毛布被れば哭くこともできるなり

キリストに似たる瞳と遇ふ冬の暮

着ぶくれて帯電したる躰かな

極月の鳩をいぢめる鴉かな

母郷は鄙でざくざくと寒昴

凍る湖アリアの如き風聞けり

冬うらら京に険しき山あらず

鯨見て酌めば旨しよゐなか酒

ユダのごと髭たくはへて冬籠

もろもろに薬も冬のポケットは

三条と四条が好きな都鳥

冬深し標本室の千の蝶

灯台の灯の孤高なる冬怒濤

なかなかにこの世悦しと狂ひ咲く

何人(なんぴと)が始めに喰ひし海鼠かな

御仏のまへ冬帽子脱ぎたまへ

裸にてまこと艶めく百日紅

冬かもめオロシヤの舶動かざる

三十六峰しめし合はせて眠るかな

この辺り落書き多しおでん酒

運命のせゐにしてゐるおでん酒

酒一合宥されてゐてうるめ焼く

十二月八日未明の放屁かな

風上に黒づくめなる枯野人

ねもごろに返書したゝむ雪國へ

木枯に顔を一枚剥がさるゝ

日向ぼこ鳩が歩いてをりにけり

北風にをかしくないが哄ふかな

オルゴールふつと途切れて雪になる

隙間風汝にも黙秘権がある

ちちははの世より住みなす隙間風

隙間風阿修羅は玻璃に囲まれて

すきま風しきり大政奉還の間

着ぶくれてこの頃女とも逢はず

悪さうな漢ばかりや缶焚火

ぼんやりと行く末を思(も)ふ焚火かな

来し方はしあはせなりし落葉焚き

よそゆきを着て見に行かむ大白鳥

近づいて白鳥の汚れ見てしまふ

ゆきずりの嬰の泣きやむ聖樹の灯

湯ざめして等身大に戻りたる

先ほどのこと遥かなる湯ざめかな

狐火の汽車も停まらぬ國ありぬ

雪國を出てゆく太郎次郎かな

ひそやかに死にゆく星の海鼠かな

恐竜は絶滅せしが海鼠かな

冬麗のサイズいろいろ卵かな

忘年会抜け来しひとり止まり木に

ひそやかに恋人と逢ふ年忘れ

湯冷ものかはふたご座流星群

へその緒を出して仕舞ひて年の暮

蟷螂の小首傾げて枯れてをり

鴨川の見ゆる二階や年わすれ

三寒の四温兆せる雨気かな

鱒鮨のつめたく旨き煖房車

年の瀬の背中押されて足が出る

行く年の動く舗道を歩いてゐる

どこやらに帽子忘れて四温かな

南座を出てかんじんの酢茎買ひ

蛸焼屋蛸をきざみて日短

狛犬の阿吽の息む霜夜かな

湯ざめしてしみじみ肋骨がある

透明のガラスの破片寒波来る

マスクして少年の耳紅潮す

枯木山こゑ美しき禽の棲む

首にみな名札掛けられ室の花

蕾もつ室咲の花見舞とす

雪をんな翳もたず行く細目かな

月に出て越のうさぎは白兎

目鼻なき石仏寒き念仏寺

寒灯をいくつも点し一人なり

暮れてより裏手にまはる虎落笛

飛行機が頭上をとほる木の葉かな

鯨見に行きたし翼あらば今

三条に大橋小橋しぐれ去る

酒ばかり届くを恥づる歳暮かな

この村に馬小屋なくてクリスマス

百年の柱にもたれ榾明り

冬麗のげに見事なる象の糞

真夜中のぶらんこに乗る鎌鼬

休校の砂場に遊ぶ風邪の神

自動車も静かなオブジェ雪積みて

京育ち朝餉は酢茎あれば足る

瞑らぬ魚の眠りに星冴ゆる

仰向けに豹の寝そべるをかしな冬

狐火にぐつすり眠る丹波かな

鮟鱇の愚かな貌よ人に似て

そのかみの朱雀大路の玉霰

五十五のきのふが遠し冬の雲

風花やはんなりといふ京言葉

数へ日の観念したる胡坐かな

人知れず鬼もまじりて日向ぼこ

冬籠り時に女とゆびずまふ

たまさかの逢瀬天皇誕生日

雪女郎鏡の奥へ去ににけり

らふそくの科学聖夜の無神論

金星を先づ飾りたる大枯木

冬温きまなぶた閉づる錦蛇

数へ日をしづしづ過る霊柩車

賀状書き了ふ皓々と月ありぬ

極月の川より海へ出づる魚

注連飾る京のはづれに住み替へて

革命成らず哄ひつつ年が逝く

けふ一つ年を取りたる砂時計

大丸前けふもサンタクロースゐる

たれかれの背なに貼りつく寒暮かな

行く年が篩に掛くる容赦なく

古暦来し方すべて無きがごと

小買物の後に鍵善年惜しむ

口を出し紫煙のゆくへ年惜しむ

煮凝や町家の寒さ懐かしき

年の瀬の人を誘うて馬券買ひ

顔見世も千穐楽や川に鳥

ふぐ買ひに姉三六角蛸錦

晦日蕎麦今年もにしん買うて来て

年の夜の観念したる無言(しじま)かな

一体のほゝゑむ俑と年を取る

しぐるゝや名代の蕎麦を食ひをれば

下京の老舗の自慢かぶらむし

北へ去る硬き靴音夜半の冬

底冷を踏めばガラスの扉開く

年の夜の鬼もしづけく湯浴かな

年の夜や祇園さんへと参るべう


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME