田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

11月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像11月

芋の露われにも命一つかな

たまきはるいのち一粒芋の露

爽やかや死ぬといふこと一度きり

遠むのみ十一月のはうき雲

比叡より京をうかゞふ冬将軍

柳散るぎをん新橋巽橋    

寺町に御香のこもる秋霖雨

惜秋やキオスクに買ふ時刻表

鳴き砂を鳴かせて秋を惜しみけり

歳時記の表紙剥がれて冬隣

天井を電車の走るおでん酒

中年のまた流れつくおでん酒

もう一人詰めれば坐れおでん酒

流れ星胸のくらがりヒヤリとす

鳥渡りゐるたましひを委ねけり

初しぐれ寧ろ華やぐ祇園かな

凩が蒼き星屑掃きのこす

捜しものしてゐる冬の蝶に逅ふ

一本の釘打つことも冬支度

死とはその脱ぎし手套のやうなもの

はつふゆと書きてひらがな優しけれ

枯るゝ中裸婦像の乳(ち)のゆたかなる

夜雨そつと初雪となる別れかな

小夜時雨ふたり濡らすも憎からず

狐の嫁入り冬虹を置いてゆく

くさめして一人ぽつちにまぎれなき

戻り来し葉書ひとひら秋深む

胸襟を開くべく閉む冬襖

生き方と死に方の本冬の蠅

風邪ひいて一所懸命睡りけり

一対の白狐に視られ神の留守

おほははの形見となりし茎の石

銀屏に起居の翳のあはあはと

またの世へ永き冬眠したまへり

ワインロゼ互みに酌める寝酒かな

過去帳に水子がひとり霙れけり

祖母静江享年三十しぐれけり

野の宮の竹うつくしき神の留守

天狼やおのれ支ふるアフォリズム

猟銃に色気の如きもの光る

今朝冬のポケット多き上着かな

一葉の喪中欠礼冬に入る

いびつなる石こそ愛せ冬河原

総落葉して安息日安息日

夢の中もなべて枯れゐし安睡(やすい)かな

散る順序あらん人にも木の葉にも

寒鴉啼いて異常乾燥注意報

海鼠から宇宙におよぶ夜話となり

ふり向けばいつも冬雲放浪記

流浪記の序章に群るゝ冬の雲

石蹴れば石に当りて枯野なる

人よりも地図を信じて枯野かな

枯野行きて測量士に遇ひしのみ

息づけば胸にひろがる枯野かな

牡蠣食べて賀茂鶴酌みて呉にあり

忠興とガラシャの眠る冬紅葉

西陣の機織る音や日短

消しゴムで消せば済むこと冬の虫

紙ヒコーキの宙返り小春空

小春日や木喰仏のゑまひ顔

存ふるとは咎に似て冬の蠅

外套を断崖(きりぎし)にして別れけり

湯気立ての湯気のかたちの睡魔かな

薄目してモーツァルト聴く炬燵猫

蝶ひとつ仕舞ひ忘れて冬日和

毛皮着て人類に無き尻尾かな

ときじくの賀茂の流れや浮寝鳥

束の間の茜さしたる浮寝鳥

清水へ七味を買ひに冬うらら

いささかの供華道端に冬夕焼

暖冬やびつくりもせぬびつくり箱

猫様の家来となりて冬籠

外套が臭ふ世に狎れ人に狎れ

人体におもてうらある焚火かな

知らぬ間に物ふえてゆく炬燵の上

冬眠なき人類に鳴る時計かな

この路のみるみる銀杏落葉かな

室花か造花か分かぬ触れてみる

北風や耳はかなしき岬なる

花枇杷の律儀に咲ける没後かな

着ぶくれの人差ゆびの静電気

落柿舎の艶となりたる柿落葉

狼の絶滅以後の堕落かな

濡れてゐる火の美しきしぐれかな

金閣に逆さ金閣冬の水

焼芋や天龍寺さま門前に

落日を一鳥よぎる枯野かな

陋巷に生くる罰負ふ冬の蠅

捨印のごと片隅に冬没日

手袋の右手(めて)喪ひて左手(ゆんで)捨つ

湯豆腐や玻璃のくもりに嵐山

炬燵居の脳の大部を使はざる

冬籠るつむりの中に詰将棋

粘菌を視る虫眼鏡冬ごもり

悪食の系譜寒鴉も人間も

冬の浜貝殻なべて深手負ふ

一本の時雨傘買ふ二人かな

越前蟹育てゝかくも暗き海

寒夕焼叫べば声の裏返る

炬燵猫ときどき出でて美食せり

爬虫類図鑑うつくし冬籠

見足るまで冬の怒濤をいくつも見る

日本海音なく荒るゝ煖房車

鶴凍てし姿正しく歩みては

枯芝に坐るこころを平衡に

象撫でて己れなぐさむ冬日和

小春日や赤き鼻緒のおこぼ鳴り

てつちりは好き大阪は嫌ひどす

小春日や京のお菓子は見るもんどす

うかうかと小春日和の暮れかゝる

山眠るふつと活断層のこと

山眠りゐて石英は水晶に

熱燗やをとことをんな狎れやすく

白鳥が翔く渾身の首となり

泣き上戸やつぱり泣いておでん酒

湯豆腐や夜もにぎはへる南禅寺

やうやくにお開きとなる河豚雑炊

皮ジャンを鎧ひて少し強気の日

0からも引き算できて冬の虫

冬茜ふたたび朱鷺を舞はしめよ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME