田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

8月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像8月

華燭とふ一つの別れ花氷

尋(と)むるものあらね青嶺に深入りす

蝦夷は夏なれや煙硝の匂ひして

さりげなく神慮を秘めてお花畑

たれかれの影つつましきお花畑

つつましき羽虫とならんお花畑

玻璃の中結構楽しさうな蛇

岬鼻へ行けるだけゆき惜む夏

まなうらに船沈まする夏の果

きちきちの荒地が好きで荒地色

孑孑も宥し地蔵の鉢の水

『大菩薩峠』永しよ夏了る

高層街衢八月の落葉せり

水バーに水を味はふ夜の秋

正直にまた蟷螂が怒つてゐる

きりぎりす常に孤りを択び来し

人の世を外れたきとききりぎりす

ぎす鳴いていづこも風のはづれかな

言ひさして一年(ひととせ)経たり鰯雲

鰯雲遠くとほくへゆく切符

竜の骨見てゐて残る蚊に喰はる

字消えて蝗も消えてしまひけり

鳴く鹿にこぬか雨降る宵も来ぬ

秋蝶のなにかせはしき花背かな

夏惜しむ人かな棒の如く佇ち

アルプスの水買ひにゆく原爆忌

月光に死にゆく人に窓開けよ

膝に来し猫もてあます残暑かな

白露やたまたま人に生れけむ

秋蝉や近江にありて京遠し

立秋や錦に香る走りもの

東京の淋しくなりて秋立ちぬ

ひとけなき祇園の午の秋簾

白桃にあぎと濡らして孤りなり

一粒づつ葡萄の円き地球かな

秋扇持ちゐてひと日使はざる

ひまはりの黒き瞳無数長崎忌

青松に白砂に秋の立ちにけり

燦々と馬は臀より肥えにけり

書肆に書を選ぶ愉しみ秋灯

蟷螂も風にそゞろの気色かな

たまゆらを颱風の眼に逢ひにゆく

斎場へつゞく矢印秋の風

白鳥座研ぎ澄ましたる野分かな

抜けし歯は銀河の屋根に抛るべし

秋風や一つ喪ふ永久歯

秋風の京に七口ありにけり

うしろより牛に啼かるゝ盆の月

泊らずに去ぬる母郷や盆の月

知らぬ顔ふえし母郷の踊かな

東(ひむがし)ゆ西へ漕ぎゆく月の舟

いちはやく比叡の空の秋の雲

ふるさとの先づはおはぐろとんぼかな

死ぬ人に障子をひらく天の川

亡き数に入るといふこと天の川

亡き人はもうをらぬひと秋の濤

歩まねば径も消えゆく秋の風

騎馬族の轟(とどろ)に寄する鰯雲

野島断層の日向を穴惑ひ

東京に不二見えてゐる敗戦日

束の間の逢瀬となりぬ大文字

新秋のキオスクに買ふ文庫本

よそ者を忌む峡村の濁酒かな

人に皆一枚の背な秋の風

猿酒にゑひて李徴は虎となり

ピエロまだピエロのままの夜食かな

空港に人を見送る秋の蝉

この川を京へ流るゝ盆供かな

大川に落ち合ふ盆の瓜なすび

首筋より人の老けゆく秋の風

落柿舎にはじまる嵯峨の秋の色

あした歩しゆふべに歩して秋の海

過疎村のたれも仰がぬ星月夜

秋水やさ走る雑魚のあきらかに

秋水に姿正しく鯉をりぬ

銀閣に銀箔あらず秋のこゑ

銀閣を映して秋の水となり

一艘の一点となる秋の海

残る蝉羽の破れも愛しけれ

日本晴といふあを空赤蜻蛉

蜻蛉のいのちの羽の薄きこと

塩辛蜻蛉その色の上着欲し

秋風のさらばさらばよ阿呆鳥

わたくしを置き去りにして秋の川

独り居や秋の風鈴取りがてに

昃れば愁ひ貌なる秋の岳

一人行けばこころ狂れなむ大花野

秋蝶の供華より供華へうつろふも

晒し首ありし河原の野菊かな

大文字のあと木屋町の灯に遊ぶ

人生は永すぎるかな虫の闇

花野行くいつか一人になる二人で

この辺も京都市といふ芋嵐

桔梗のつぼみと風を聴きすます

鳳仙花一所懸命爆ぜにけり

鶏頭花嫌へばきらふほど赤む

秋風や穴だらけなる人のかほ

毬蹴つて毬見失ふ秋の空

眼に沁みて飛行機雲も秋の雲

日時計の影鋭角に帰燕かな

目を覚まし脳(なづき)を醒ます月の道

これやこの源氏の庭の桔梗かな

おろおろとひかり失ふ秋螢

弁当をひとり食ぶる子猫じやらし

過疎の村とんぼにとんぼとまりけり

ひぐらしは昂ぶるわれは鎮もれる

きぬぎぬの言葉少なに草ひばり

地蔵会の灯のほつほつと路地の奥

町内に抜け路地ありて地蔵盆

帰らねばならぬ燕を不憫とも

燕去つて俄かに山河古びたる

大食ひは父の筋なるとろろ飯

花野風こゝは鈍行のみとまる

各駅に停まるちちろに停まるかな

あさつてに食べごろになるラ・フランス

虫籠の虫の出られぬ扉かな

朝顔の紺を愛する家系かな

秋の夜の振子時計の振子音

正視して男心の桔梗かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME