田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

9月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像9月

横浜の九月の沖を見て飽かず

父が炊き母に供ふる零余子飯

犀の喰む艸に色なき風立ちぬ

ゆくゆくは元素に還る秋の風

灯火親しむブランデーちびちび舐め

老犬が老人を曳く秋夕焼

かなかなや鏡の奥の幾山河

なき止みては力を溜むる法師蝉

羚羊にしばし視らるゝ秋気かな

いまに死ぬ人も残る蚊を払ふ

小栗栖(おぐるす)に光秀の藪秋の蛇

千年の水千本の萩の花(京都 梨の木神社にて)

月白や四条小橋に相逢ひぬ

大阪の水の匂へる残暑かな

銀河より漁火ひとつ帰り来る

天の川駅のホームは岬なる

仰のけの蝉なほ鳴ける凄さかな

台風の置いてゆきたる鼠かな

かなかなのこゑのみ透きて杉襖

男 坂 又 男 坂 法 師 蝉

みちのくの星けぶり立つ濁酒かな

みちのくの或みちのべの男郎花

コスモスはゆれてまぎるゝコスモスに

上野発芋煮会へと帰る人

美しき数式のあり秋の雲

一塵のごと吹かれゐて天高し

火葬場に飯食ふところ秋曇

風音とつくつく法師のこるのみ

残る蚊に喰はれて悔し西鶴忌

たこ焼を一舟買うて西鶴忌

乞食(こつじき)にいや高まさる秋の天

まぼろしの竜よ麒麟よ天高き

まぼろしの補陀洛(ふだらく)見えて秋澄みぬ

川の字に寝ねて鈴虫聴いてをり

山国の山のあなたの稲びかり

水バーに水を味はふ銀河かな

初鵙に紺碧の空ありにけり

秋郊や雲の影追ふ雲の影

化野のまつくらやみの鉦叩

金銀の鯉のたゆたふ今日の月

黒猫の眼の金色(こんじき)の無月かな

久闊の送信二秒天の川

久闊を叙する松茸づくしかな

をととひはすでに昔日秋の蝉

白黒の石の長考昼の虫

落柿舎の殊に裏手の虫しぐれ

外(と)に出でて月にもの思(も)ふ夜頃かな

大花野身を横たへて死の如し

珊瑚採る男透きゐて九月かな

鈴虫をよくよく聴きて寝落ちけり

鈴虫や夢の中にも水流れ

京町家奥に鈴虫鳴かせをり

白川にかにかく柳散る日かな

ふりむけばすでにたそかれ柳散る

しみじみと烏は黒し秋高し

蓑虫を一つ垂らしぬ東山

秋天の下にこそ死なめ仰向けに

秋雲や我にとり憑くそゞろ神

蚯蚓鳴いて六道の辻ひとけなし

身に沁みてうたふ詠み人知らずかな

林檎剥いて雪のにほひと思ひけり

仮病われに母は林檎を剥きくれし

愛さねば林檎のすぐにカーキ色

秋麗を歩みて葬に出遭ひける

怖いほど秋の潮の青きこと

実柘榴の見事裂けたる吉日なり

曲りてはだんだん糸瓜らしくなる

秋の蛾の一つ来て灯を淋しうす

棒のごと佇むひとり秋の暮

秋の水こころの濁り映さざる

有の実をいのち少なき母に剥く

放たれし囮のとまる囮籠

西方へといそぐ我と秋川と

フーテンの寅になりたき秋の雲

ひとりとは耳敏きこと秋のこゑ

秋の水とは思ひつめてゐる水

温め酒わたくしの時戻り来る

みづ色の空そら色の水小鳥来る

小鳥来て弘法さんの日なりけり

霧の夜や掌の中の手の繊かりし

雲と雲音なくわかれ水の秋

秋麗の勿体ないといふ日かな

自分史に落丁の章蚯蚓鳴く

乙訓(おとくに)の水青醒むる竹の春

刑務所の端に佇つひと草の花

捨てられし子供の如し高き空

身に入むや最後に拾ふのど仏

三界を生きかはりては温め酒

渺々と湖昏れきりし蘆火かな

たれもゐぬ藁火となりし秋の暮

大陸のにほひと思ふ落花生

こほろぎや鍵穴おほき蔵の錠

まひるの灯ともして淋し萩の雨

秋めくや海のもの着く二條駅

蓑虫の揺れゐてとほき昭和かな

星流る胸中になほ未完の詩

「考へる人」も老けゆく秋日影

秋愁の金魚はいつも水の中

止まり木に秋の夜長の背かな

詩の話ゆ死の話へと夜長なる

花野へと少し惚(ほう)けにゆくところ

松花堂弁当に秋闌けにけり

少年に教へてもらふ星の秋

狐面つけてまぎるゝ秋祭

たれかれの背中がとほし秋の暮

明朝体美し灯火親しめり

をんなよりをやま美し秋燈

角膜を貰ひて生くる銀河かな

風の名もかはりて鮎は落ちゆけり

金銀の鯉のしづけさ菊日和

赤蜻蛉いよいよ赤し高気圧

月を見てつくづく人間嫌ひなる

長き夜を寝ねて寝ねえぬ寝台車

夜長なるバッハとニッカウヰスキー

秋の蝶比良山系へ死ににゆく

青北風や紙の葬花の紙の音

空はまだがらんどうなる雁渡し

雁や鏡の中に人老いぬ

秋灯や自問自答の夜も更けぬ

星飛んでたかゞ人生ではないか

キネマ出て釣瓶落しの世にまぎる

秋風や空似のひとの気にかかり

秋の水はたと死顔映りたる

秋の暮背中にこころある如し

長き夜の猫のお相手致しけり

落鮎のよぎる離宮の畔かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME