田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

6月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像6月

全身で吸ふ六月の樹の香り

水無月の雨のかをりは木のかをり

極道の裸に楚々と臍ありぬ

水掻の無き人類の平泳ぎ

立泳ぎして我在らぬ岸を見る

落柿舎の蓑笠ふるぶ柿若葉

明日のことばかり話す子捕虫網

海夕焼傷なつかしき膝小僧

夕立あと碧眼に遇ふ本能寺

打水や影の行き交ふ京言葉

避暑地とて一筋の街にぎはへる

夕焼の消えなば去なむ壇ノ浦

外寝して宇宙を游ぐ人おもふ

蟷螂生る草より美(は)しき草色に

生れたる蜻蛉の眼に無数の宙

現し世のはづれに鬱と誘蛾灯

現し世にわが碧揚羽汚るるな

目高向き変ふ一瞬に一斉に

香水を更へたる汝をいぶかしむ

夢よりもうつつ愉しき籐寝椅子

軋みしは己が五体か籐寝椅子

時計せぬ腕のかろきハンモック

蝸虫のゆつくりいそぐ浄土かな

蛞蝓(なめくじり)にも行き処ある地球かな

寝ねがての耳朶に蚊一つ執しをり

とうすみも小草も風のまにまなる

道をしへ京の終なるみささぎに

夏の月ふはりと豆腐沈みたる

臨終のあと風鈴の音色変ふ

ひた睡る猫に卯の花腐しかな

京にして卯の花腐しみやびやか

下京に隠れ宿あり鱧の皮

金魚掬ひ事切れたるも漂へる

短夜や忘れてゆきし耳飾り

夜釣人口笛吹いてひとりなる

傍にゐて水着の娘はろかなり

浴衣着て今宵いとまのおちよぼかな

すつぴんのまま逢ひに来し洗ひ髪

喪服着てうつし身の汗滂沱たる

白服や横浜沖を見て飽かず

蕗を煮て町家の奥のくらきかな

花氷花の柩とおもふべし

諸鳥のしづけきけさの入梅(ついり)かな

白川やかくも静かに梅雨流れ

病葉の町川に降り町を去る

近江富士雨にけぶらふ洗鯉

朝焼褪せ非情の街が起動する

殺めたる蛇生きかへる夢の中

香水の香のせめぎ合ふ三姉妹

遺されし香水にほふ鬩ぐかに

香水の香も形見なる古鏡かな

清滝や往にし日のまま夕河鹿

薔薇剪りし咎のやうなる浅傷(あさで)かな

慟哭のひとに隔たるサングラス

けふもまた雨が降りをり新茶汲む

亡き母のおもひで話水羊羹

葛切や四条の人出玻璃越しに

葛切や花見小路も灯し頃

病院は迷路さながら冷房音

梅雨晴間八ツ橋を焼く香りして

「五月闇」

白抜き文字画面にあふる五月闇

面会謝絶五月闇五月闇

空中に指で文字書く五月闇

学校に七不思議あり五月闇

 

旱天や眼科に暗き検査室

空梅雨かも知れず未明の群鴉

相席になるも縁(えにし)のビアホール

ビール飲む二條城をば見おろして

このひとの襟足きれいレース編む

京暑し大路を上ル下ルして

出水して亀の戻らぬ桜桃忌

しをらしき宿の子ふたり鮎の宿

夏つばめ大字小字消えにしも

蜥蜴照り心臓が鳴るおのづから

天道虫わが手の内を急ぐかな

斑猫に淋しき貌を見られけり

強きもの屍臭もつよし兜虫

遮那王の汲みにし清水湧きやまず(牛若丸息継ぎ水 鞍馬山)

黒揚羽ふつと消えたる魔王殿

緑蔭や二人来たりて一人去り

業平の終の栖の苔の花

在五忌の過ぎたるしじま苔の花

墓原にけぢめをつけし梅雨の蝶

熱帯夜スパークリングワインでも

辛口のロゼがよろしき夏の宵

父の日の舶が向き変ふ難儀して

父の日の父の見てゐる檻の狒々

さりげなく父の日の父旅にあり

案の定くすぶるばかり毛虫焼く

毛虫焼くほのほ不思議の色なせり

初蝉はろか空耳とおもふほど

島の灯ゆ漁火多き露台かな

漁火の一つ遥けき露台かな

足浸けて昭和をおもふ夏の海

眠らねば明日をうしなふ白夜かな

眼を閉ぢて今日を消すべき白夜かな

ノルウェイの薄明を思(も)ふ夏至の夜

雪渓や供華とおぼしく置かれある

美しき泪ひとすぢ汗の頬

諍ひの後のしづけき胡瓜揉み

冷蔵庫卵が減ると不安になる

牛の舌豚の心臓冷蔵庫

日盛りの暗き畳に帰り来し

皆哀し西日のバスに揺られをり

百の豚に百の鼻ある溽暑かな

狛犬の阿吽と息む暑さかな

夏の霧百姓は畦あやまたず

蟇鳴ける夜のとばりの裾濃かな

蟇鳴いて夜のとばりを匂はする

硝子戸に今夜守宮のゐぬ不安

夏痩せて火の酒いよゝ美味かりし

水打つて一見さまはお断り

裸子の目が突き刺さるアフリカよ

絶望の河泳ぎ切る老を見し

砂灼けてゐて髑髏(されこうべ)みな哄ふ

炎熱や歯並び美(は)しき髑髏

蟻を見下ろす人の世を憎むごと

蚊を打つてわが血に汚すわが腕

いたづらに空青まさる朴散華

一人にも慣れてしまひぬ蚊姥にも

とつおいつするうち暮れぬ蝸牛

天空に風のせゝらぎ蜻蛉生る

道をしへこんな田舎に御陵よ

意味なきこと宇宙にあらず露涼し

卯の花にやさしき家族住みなせり

水のなきプールに水の臭ひかな

少年が死のにほひ知る兜虫

あの夏の納屋に終りし少年期

人工の星も美(くわ)しき露台かな

明易のまなこのテストパタンかな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME