田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

4月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像4月

飛行機の飛びゐる不思議四月馬鹿

或るときは綿飴になる春の雲

春光のささ波なせる千枚田

言霊も花も最中や今し今

春昼のひとりに蛇口一滴音

花の雨しろじろと天ありにけり

遥か来てはろか行くなる花筏

柩去り何事もなし花の寺

夜櫻に惑ひ祇園の燈に惑ふ

花篝祇園の夜空妖しうす

月光に枝垂れて櫻あやしけれ

たましひも食べてやりたる白魚かな

桜鯛憤死のかほと思ふべし

少年とわたしの秘密小鳥の巣

日に一度ここに来るなる巣箱かな

火葬場にもの食ふところ鳥曇

田舎より都会は淋しリラの花

鳥雲に入りおきざりの眼かな

遅き日を疎水の水のうごきをり

淡海いま光る器や春の鴨

一病を宥めてながし鳥曇

ぬばたまの闇もひしめく夜の櫻

蝶一つ舞ひ無縁塚ひしめける

とりあへず弁当食ふか春の雲

春雲や頭(ず)にも浮びて消ゆるもの

青踏むや三月堂を後にして

青踏むや鹿煎餅をねだられて

いさぎよき天の青さや山櫻

太陽にだんだん倦みて汐干狩

むつつりと漫画読みゐる春の風邪

薬また呑み忘れゐて春の風邪

亀鳴くや俄かに眠きゆふまぐれ

老人の何かつぶやく櫻かな

はんなりと京の櫻はしだれけり

いもぼうを出てふたゝびの花月夜

花衣祇園石段下に逢ふ

ほつこりとして鍵善に花夕べ

花篝こころ愈々妖しかり

かたはらに死亡広告花だより

瞑(めつむ)れば死者も出て舞ふ花月夜

花散るや星のまたゝき頻りなる

一切を水の見てゐし落花かな

遅き日の到頭ダリの時計かな

地球儀のひとり廻らぬ春愁ひ

仮の世に接木して尚ながらふる

花吹雪たましひ軽くかろくせり

透明の傘を愉しむ花の雨

一人とは気兼ねなきこと残る花

水底が最(もと)も明るし蜷の道

かへりみて蜷の道にも似たること

なにもゐぬ大きなる檻春深し

春深く百獣の王あくびせり

さきがけて散りし花びら眼路に追ひ

たましひの遠出したがる櫻かな

折鶴に息吹き入れて春にする

出でし蟻早やも骸に賑はへる

知恵の輪の解けてしまひぬ昼蛙

黒猫の眼の金色の春の闇

石なべて墓にぞ見ゆる落花かな

湯浴みしてやはらかにゐる花月夜

おばしまに木の湿り香や朧月

地の底に温泉(でゆ)流れゐて躑躅燃ゆ

花人の眼差さやに帰り来し

風を呼び花を呼びゐる篝かな

二の腕に風こそばゆき草若葉

息づいて身ぬちも青く青き踏む

春虹や今際の人のあどけなく

只管打坐その鼻の先柳絮舞ふ

鳴き砂を鳴かせて春を惜しみけり

花びらや花なき庭のつくばひに

葱坊主見やりて手持ち無沙汰なる

ちぎれ雲に空ひろびろと啄木忌

薔薇の芽を愛して浅手負ひにけり

糸柳だらりの帯とすれちがふ

惜春の元祖みたらし団子かな

春惜む天神さんに餅買うて

春惜しむ牛若餅とお薄かな

春の日を阿修羅にまみえ面映ゆし

おかきには煎茶がよろし緑立つ

春燈下京割烹の美きはまる

うららかや京の御菓子は見るもんどす

柳絮ふぶく民の広場に民あふれ

人民に柳絮ふゞける虚空かな

攫はれしか蝶をさらひに行つたきり

レガッタの既に日焼けし男たち

葬送車しづしづ過り春暑し

木屋町に鰻丼食ひて夏隣

のどけしや人馴れしたる象の鼻

掛軸の山河見つめて茶を利けり

花の闇魑魅(すだま)は女身にぞ似たる

野遊びの犬に倣ひて四つん這ひ

蜆生きて土間の昏きに音立つる

恋々とむかし通ひし柳かな

行く春や短き旅信津軽より

「昭和の日」

久々の元祖くじら屋昭和の日

久に食ふ鯨の刺身昭和の日

つかぬ事問はれ街角昭和の日

蜜蜂にかゝはりもなく昭和の日

切株に知る木のよはひ昭和の日

 

行く春や一人のこりし伯母を訪ふ

騙し絵にだまされもして長閑なる

蝶遊ぶねねの道とふ石畳

口開けて口の数だけ燕の子

白川の濁りて雨の糸柳

樹となりて囀を抱く後生かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME