田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

2月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像2月

風二月切結びをる竹の韻

遠くより来て遠く行く冬の蝶

鴨川の瀬を眩しめる春炬燵

旧仮名の適ふぎをんの春燈

春燈のともりて昏し先斗町

節分の鬼の出てゆく非常口

節分の鬼面をはづす真をとめよ

かりそめの鬼をやらひて仮の世よ

空席が一つ密かに冬去りぬ

さきはひや毛糸編むひと傍にゐて

鮟鱇を喰ふ哲学の道それて

やらはれし鬼のまぎるゝ人の渦

豆打や闇がたぢろぐ闇の中

立春や病とふ鬼身の内に

ゆく水に身ぬちの水に春立ちぬ

不安あり春水ふいにさゝなみす

淡雪やあさきゆめみしゑひもせす

春しぐれ愈々ぎをん雅びやか

白梅のあすにほころぶ気色(けしき)かな

蜆汁母の繰り言おもほゆる

風光りまだ瑕だらけなる山河

箸墓は卑弥呼の墓と囀るや

佐保姫の醒めて奏づる深山川

早春の一面暗き三面鏡

竹騒ぎゐて青帝をことほぐよ

北窓を開きいちにち面映し

一盞にたちまちねむく夜半の春

寄居虫のかりかりありく荒磯(ありそ)かな

眼が合へば忽ち有縁捨仔猫

古伊万里の猪口にて酌まん春の宵

諸鳥の目覚めの中の朝寝かな

鳥の音の妙にも透ける朝寝かな

滑らかな波の助走よ春渚

春コート離(か)れて閃く大空港

淡雪の泪のごとし頬に融け

地球儀の北極の塵春浅し

つぶやきを鸚鵡と分かつ春愁

迷宮に亡き人と逅ふ春の夢

迷路に嵌まり面白き春の夢

春眠の一斗の酒を酌みにけり

春眠の空を游いでゐたりけり

春睡の蝶追ひかけて疲れけり

春睡の行けばゆくほど遠む街

春睡の逢ひたきひとは終に現(あ)れず

春睡の覚め際にして暗転す

瞑(めつむ)りてちからを抜けば水は春

春しぐれ三条小橋早や乾き

春日傘影あはあはとねねの道

朧夜の底を朧の高瀬川

春の海へ山城の國出で立たん

春の日に絹糸切るゝごと逝けり

干潟に佇つ遙かな力意識して

安吾忌と思ふ寝タバコ吹かしゐて

冴返る京を奔りて蒼き川

冴返る指の先なる静電気

春寒やキリストに肖る無宿者

ゆきゆきて陽炎に消ゆ一人づつ

花菜漬ひとめぼれちふ米炊いて

日本は御飯の國や花菜漬

抱擁のあなたに海市崩れ初む

春一番二束三文文庫本

たれかれの後ろ姿や雪の果

春睡のなほ覚めやらぬ起承転

優柔不断なるわたし春霙

春昼や電気をとほすプラスチック

ぼんぼりの灯にやはらぐや春の暮

春宵や汝が愁ひがほ美しき

風船のみるみるシンデレラ城の上

いつか切れし縁がひとつ紙風船

密かなる逢瀬の後の春の風邪

抽斗の奥より出でし春愁

歩いても歩かなくても花菜畑

人体におもてうらある春の闇

酒見世の早や灯り初む春霖雨

モーツァルトひねもす鳴らす春霖雨

暖かやだまし絵のごとカメレオン

春の雪むかし青年起ちました

春雨に打たれて鯉のやすらへる

駘蕩とむかしむかしの修羅の海

春怒濤ときどき修羅をおもひ出づ

春燈や頸より老いて美人はも

淡雪を花見小路をもとほるや

春驟雨濡れたくないと鯉沈む

恋猫のけふも恋する羨まし

七割は水の身にして朧の夜

朧なる身に九穴のありにけり


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME