田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

十二月の俳句
田畑益弘 俳句新作


新着情報 画像12月

ひとひらの喪中欠礼十二月

一服の紫煙のゆくへ十二月

極月の息かけて拭く位牌かな

冬日かたぶく操られゐる如く

鷹の眼が捉ふ我には見えぬもの

ふくろふの眼の玉をもつ大樹かな

梟が啼く丑三つの星が降る

闇を壊すな梟を怒らすな

寒雀遊ばせ給ふマリアさま

山々の眠りの底の石舞台

名にし負ふ蛇塚に蛇冬眠す

冬館幸福の木に薄ぼこり

枯葉の街別れん昏くなるまへに

地の枯葉ゆ枝の枯葉を哀れまむ

鍵置けば冷たき音す別れけり

暮れてより裏手にまはる虎落笛

父母逝きていよいよゐつく虎落笛

冬の鵙一声発し失せてけり

名にし負ふ鴨川の鴨見てゐたり

初雪の水子のために降る夜よ

過去帳に水子がひとり霙れけり

記憶になき祖父のほゝゑみ霜柱

昼月にはたと気づくも師走かな

西陣の機を織る音暮早し

落葉し尽くして素描の街となり

顔見世や名代の蕎麦を食べもして

顔見世や松葉の蕎麦もめあてにて

底冷に弥勒の微笑(みしょう)常なりし

ジョン・レノンおもひださせて時雨けり

木屋町にひと日遊ぶも年の内

毛布かむり怖い話をして睦む

物干の母ふつと消え虎落笛

室の花とある事件の謎深む

死にたしと言へば生きよと冬の星

雪をんな曲つても曲つても迷路なる

赤ん坊泣きやみ聖樹明滅す

あをあをと大白鳥の大空よ

よそゆき着て白鳥を見て皇居かな

眠る山一湾の瑠璃抱擁す

手袋の右手(めて)失ひぬ左手(ゆんで)捨つ

雪へ雪薄墨色の翳ひきて

凍てにける鶴のしろがね夜に入る

垂直に嘴立て鶴も嘆かふか

京指して風花の飛ぶ荼毘の空

増殖する高層街衢かまいたち

雑炊に締めくゝりたる五臓かな

橇の鈴のみ響き白地図の国

煖房の中に煖房鰐ねむる

雪嶺に消えなむ永久に生くるため

満目の枯れを見てきし深睡り

白浜に黒潮を見て避寒宿

木屋町に蕎麦喰ひをればしぐれけり

千年の古都の水面の浮寝鳥

花街に抜け路地いくつ小夜しぐれ

朝しぐれ別れ少しく遅らせて

八ツ橋を焼く香ばしき時雨かな

死後の界たれも知らざり日向ぼこ

少年は未来へ失せぬ樹氷林

霙れては男の酒を哀しうす

風花に空似のひとを見失ふ

砂時計の砂に沈みぬ冬茜

枯蟷螂もう白雲を追ひもせず

季寄せの背繕ふことも年の暮

雪激し滅びたるもの醒めよとぞ

狼の滅びし後の堕落かな

天井をつぶさに見たり風邪籠

おでん酒頭の上を山手線

おでん屋にきのふのけふの泣き上戸

数へ日をやをら過りぬ霊柩車

昼酒に祝ぎて天皇誕生日

飴のごとそれは綺麗な風邪薬

煮凝や一合の酒ねもごろに

狛犬の阿吽の頒つけさの霜

なにもかも反故にして夜を吹雪きけり

冬霧の底ひに響む五番街

ひとゝせをモナリザゑみぬ古暦

風花をまともに食らふ眼鏡かな

幻の朱鷺舞はしめて風花す

日記買ひ河の行く方見てゐたり

寿司食ひて得心すわがクリスマス

ゆりかもめ少し汚れて欄干(おばしま)に

恍惚と蟷螂枯れて藁の上

色あしきビルとビルの間おでん酒

外套を鎧ひて秘むる恙かな

名刹に人まばらなり冬紅葉

凍つる夜の街角に降る電子音

天狼を発止と享けて誕生日

白味噌を錦に買うて年の果

止まり木のわが指定席年忘れ

火事跡の玻璃にかがよふ虚空かな

掌の中の手のつめたさも憎からず

大仏のおん前に脱ぐ冬帽子

生死を篩にかけて年歩む

恙ある身より出づるも息白し

息白く言魂白く励まさる

大原の雪にこもりて牡丹鍋

チャルメラの音の遠ざかる風邪籠

人波の行く手に沿うて年惜む

年越の観念したるしじまかな

年越の大きしじまよ月の船

口あけて鳶を見上ぐる枯野かな

こだはりの年越蕎麦のにしんにて

何告ぐる灯りか除夜を明滅す

大晦日なほも四条に小買物

叡山を煙たがらせて落葉焚

翼あるものを羨しむ雪沓よ

ひと時をひそやかに逢ひ年の夜


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME