俳句の宇宙 ロゴ

十一月の俳句
田畑益弘 俳句新作


俳句新作11月

惜秋や骨董の町たもとほり

惜む秋伊万里の小皿撰りゐつつ

惜秋やみたらし茶屋の外床机

秋晴や覗けば暗き己が家

鳴き砂を歩々に鳴かせて行く秋ぞ

北嵯峨やきのふのけふを秋しぐれ

祇王寺も滝口寺も紅葉散る

磯のもの多き膳なり神在月

虚しさよ十一月の離れ雲

遠(おち)を見て十一月を空しうす

冬隣鬼門の山に目をやりて

大原女の真白き脚絆冬に入る

冬帝の比叡(ひえ)より京を窺へり

水面なる逆さ金閣冬に入る

絶海の孤島の鷹を胸に飼ふ

蒼海をひたすら見つむ鯨来よ

誰そ彼の稚き狸とすれちがふ

北嵯峨の魔ヶ刻を啼く狐かな

人間(じんかん)に狐の尻尾見失ふ

美食してまた睡るなり炬燵猫

落日を一鳥よぎる枯野かな

測量士と出遇ひしのみや大枯野

補陀落(ふだらく)の海見えてゐる枯野かな

枯野とはかゝはりもなく沖の舶

来し方をふつつり忘れ草の絮

穂絮飛ぶふつと遙けきイブのこと

大花野ふつと子供のゐなくなる

冬に入る諦念といふしづごころ

マキノより冬めいてきぬ湖西線

冬濤の響みを胆に溜めておく

冬濤の何を鷲掴まんとする

冬泉の思ひの外に温しとも

冬帝の鬼面の下を美貌とも

神留守の水の流るゝ禊川

猫さまのお相手致す冬座敷

粕汁や舌の火傷はすぐ治り

大阪のやくざな奴と河豚汁

天龍寺さま門前の焼芋屋

狩の後をとこは火酒を酌みにけり

裏町の立呑み酒場暮早し

酒一合ゆつくり飲めり日短

にんげんがいちばん怖し寒夜ゆく

寒夜ゆく人ゐぬ怖さゐる怖さ

猫の眼に絮ひとつ舞ふ小春空

旧人の絶滅の謎冬籠り

千万の蝶の標本冬籠り

粘菌を視る虫眼鏡冬籠り

七人の敵を捨ておき冬籠

ゆりかもめ洛北の空青まさる

風邪引きて人のこゝろのよく見ゆる

なにもかも未定よ毛布かぶり寝る

みづからを自ら閉づる一寒灯

マスクしていよゝ近寄り難きひと

マスクしてをみなごの耳紅潮す

落とされし片手袋の流転かな

冬蝶に日あたる死ぬにも力要る

まぐはへる冬蠅を見し都心かな

わたくしは一生迷ふ冬の虫

消しゴムで消せぬ一文字冬の蠅

神の留守さとりて更に鴉来る

経ヶ岬見ゆる北窓塞ぎけり

ひとり酌みひとりごちゐる海鼠腸(このわた)に

ひとゝせや冬の服より一名刺

冬館座敷童子にまだ遇はず

まなうらにひそと仕舞ひぬ冬の虹

寒茜掟の如く燃え立ちぬ

ゆくゆくは日向ぼこしてさやうなら

六曲を水の奔(はし)れる屏風かな

雲間より都の見ゆる屏風かな

洛中は花の盛りの屏風かな

絵屏風のいづれが光源氏なる

鬼門なる比叡(ひえ)を見遣りし寒さかな

開かれて腸(わた)なき魚の寒さかな

底冷の更に底ある京都駅

底冷の己が足元より昏るる

音もなく怒濤砕くる暖房車

東京に着きて夢醒む暖房車

スチームや玻璃を拭へば日本海

凍る夜のふつつり止みしオルゴール

祇王寺の白猫寝まる炬燵の間

祇王寺のまこと眉目佳き冬の猫

大枯野引き返すには来過ぎたる

歌はねば己れ消えなむ枯野かな

ゆりかもめ掴めるほどに近寄り来

しぐれねばならぬ如くに小督塚(こごうづか)

寝酒してなほ一些事の頭を占むる

熱燗かなし中年の自虐の語

三条に大橋小橋しぐれけり

祖母静江享年三十しぐれけり

いみじくもしぐれて祇園ともし頃

外套の背を崖にして訣れけり

人少し集めて冬の孔雀かな

室の花しあはせさうに飾りおく

大いてふ大団圓の落葉せり

朴落葉大きあを空残しけり

この辺の猫の縄張り日向ぼこ

石庭の石に倣ひて日向ぼこ


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME