俳句 田畑益弘俳句の宇宙 ロゴ

俳句新作 画像
田畑益弘 俳句新作


九月の俳句新作9月

ワインロゼ互(かた)みに酌みて月今宵

宵闇や忘れ花火に火をともし

深き襞ある秋岳を父と思(も)ふ

しろがねの雨しろがねの虫のこゑ

鈴虫のこゑを残して寝落ちけり

鈴虫に耳貸してをり目を閉ぢて

邯鄲を聴くに叶ひし枕かな

理科室の骸骨の待つ休暇明け

秋天や行方知れずになりたくも

ほつほつと灯りしお茶屋秋簾

灯の洩れて白川に沿ふ秋すだれ

白川にかにかく柳散る日かな

曇りのち小鳥来てゐる金閣寺

筋雲の筋あはあはと渡り鳥

渡り鳥碁盤縞なす京洛よ

渡り鳥空の道にも起伏あり

幽霊になりて初めて見ゆるもの

金色(こんじき)の猫の眼二つ無月なる

鉦叩途切れて一つ世の終る

鉦叩おのれ淋しくなりて止む

頭の裡の一点醒むる鉦叩

耳塚の容(かたち)のままに虫の闇

秋風や一つ喪ふ永久歯

鳩吹いて意味なきけふも昏れにけり

うしろより昏れかゝる径秋のこゑ

二百十日の魚(いお)は皆真顔なる

あんぐりと貝が口開く雨月かな

月光や一間を統ぶる般若面

月白や真闇に沈む南禅寺

月白や誰かを待てる椅子ひとつ

月光やこのごろ軋る籐の椅子

月光や母の世よりの掛鏡

月光の椅子もわが身も軋むかな

新涼や赤飯に塩うつくしく

秋灯や机の疵もいとほしく

約束の刻に相逢ふ台風圏

台風の逸れし立呑酒場かな

露こぼる辺りの露を道連れに

ゆびさせば消え初めにけり秋の虹

湯上りのかほを向けたる望の月

未完なる旅の詩片や秋の雲

石庭の色なき風に目瞑れる

秋声を聴く石庭の石の黙(もだ)

数式の解けさうな眸に蜻蛉光る

有の実をいのち少なき母に剥けり

仮病われに母は林檎を剥きくれし

鯨食ひしよ台風の目に逢ひて

昏れてより変る風向き温め酒

量れぬは人のこころよ温め酒

みりん干し炙らむ酒をあたためむ

鬼の子の宙ぶらりんの流転かな

猿酒にゑひ仙人になり損ふ

つくばひの蠅の一死をいちにち忌む

夢に聞きうつつに聞ける小鳥かな

佳き夢の出口に小鳥来てをりぬ

常闇の人にをそはる虫のこゑ

虫鳴くや根の国よりも夜は明かく

落柿舎の裏手にひとつ昼の虫

きぬぎぬの雨しづかなり草ひばり

鉦叩常夜の国を近うしぬ

虫売のげにも静かな男かな

白露の全き容(かたち)生れたる

小暗きに瞳の寧(やすら)ひて秋簾

秋簾はづしそびれて幾日(いくか)かな

松手入せし香を貫ける妙心寺

金閣に老いの耀ふ松手入

鮎落ちてゆきし離宮のほとりかな

雁や項より人老けてゆく

先頭もまた歩兵なり蟻の列

白鵬が負けて舌出す秋暑かな

花道や背なで泣きをる負角力

刻々といのち減りゆく鉦叩

たちまちに少年老いぬ流れ星

星流れ益荒男忽と衰ふる

さらばてふ男のことば秋燕

長き夜の一時間をば良く寝たる

これ以上水澄みぬれば死に至る

銀閣を裏手より見て秋深き

守宮ゐて安けき終の栖かな

きりぎりす一つきり啼くぎすの国

朱鷺もまた亡びたるもの秋夕焼

歩くことこの頃愉し草の花

猫の眼のしばし見入りし穂絮かな

すすき供へて野仏を楽しうす

萩見頃にて雨がちの日頃かな


BACK  俳句 田畑益弘俳句の宇宙HOME